新車を購入する予定なので古い車を手放したい、車に乗る機会が減ったのでもう必要ない、など今所有している普通車を処分したいと考えている人も少なくないでしょう。車を処分する方法はいくつか考えられますが、それぞれに特徴があります。この記事では、普通車を賢く処分する方法や、処分の際に必要となる書類について解説していきます。

目次

車の処分方法はどんなものがあるか

車の処分方法はどんなものがあるか

車の処分方法は、手放す予定の普通車の状態により、大きく2タイプにわけられます。今後もまだ乗れるのか、壊れてしまって動かないのかです。壊れてしまって動かない場合は、廃車手続きをして処分するしかありませんよね。廃車とは、車を解体してもう二度と乗れない状態にすることです(永久抹消登録)。

一方、まだ走行可能な普通車の場合は、選択肢がいくつか用意されています。まずは、買取業者に売却する方法です。中古車の売買をしている買取業者に査定を依頼して、査定額に納得したら買取成立となります。走行距離が少なく、状態も良い車であれば、まとまったお金が手に入る可能性もある点がメリットともいえます。

古い普通車を手放して新しい車に買い替えるのであれば、車の購入と同時に下取りに出す人も多いのではないでしょうか。車を購入する際のサービスの一つとして、車販売店やディーラーが古い車を買い取りしています。買い取った車は、中古車として再販しているようです。

他には、業者を間に挟まない個人間のやり取りに慣れている人なら、オークションに出品するという方法も考えられます。オークションとは、インターネット上で行われる個人売買のことですが、実は中古車もたくさん出品されているのです。最後に、最もシンプルな処分方法は、車を必要としている知り合いに譲ってあげることでしょう。

  • 廃車手続きをして処分する
  • 買取業者に売却する
  • 新しい車の購入用で下取りに出す
  • オークションに出す
  • 知り合いに車を譲る

賢く処分するには廃車を売却すること!

賢く処分するには廃車を売却すること!

売却した車はどんなニーズがあるのか?

買取や下取りでは、買い取った車を再販するのが目的です。年式が新しく走行距離の少ない車であれば、高値で売れる可能性があります。しかし、年式が古く走行距離が多い車は、中古市場でもニーズが低く、高額査定は期待できません。車販売店が中古市場での価値がないと判断した場合、下取りされずに廃車となり、逆に費用が発生するケースもあります。

買取業者で値がつかない車は廃車買取へ!

では、中古車としてニーズがない普通車は、売れないのでしょうか。実は、車の部品に価値を見出した、廃車買取業者が存在します。車としての価値はなくとも、タイヤやホイール、バッテリーなど、各部品としては一定のニーズがあるからです。

例えば、普通車に不具合が生じて交換修理が必要になった際に、新品ではなく中古部品を使うことで修理費用を抑えることができます。そのため、中古部品を求める整備工場も珍しくありません。中古部品にも使えないものは、金属資源やプラスチック原料として売られます。このように車を分解して活用することで、新たな価値が生まれるのです。廃車買取業者を利用すれば、普通車をお得に処分できるでしょう。CarMe車処分でも廃車買取のサービスを行なっていますが、他におすすめの業者を3つ以下にあげます。

車選び.comの廃車買取

  • ネットで無料査定を行っており、8:00~21:30の間なら最短10分で買取価格を教えくれます。
  • 廃車手続きは無料なので、買取にならなかった場合は0円で処分可能です。
  • 専用オペレーターの丁寧なサポートも、安心できるポイントです。

カーネクスト

  • 動かない車でも、指定場所まで行き無料で引取りします。
  • 査定料・廃車に関する手続き費用も無料です。
  • 年中無休のコールセンターがあり、事前相談にも応じています。

廃車王

  • 経済産業大臣の認可を受けた組合員であり、全国に150店舗展開しています。
  • 廃車手続きはもちろん、保険・税金の処理まで対応しています。
  • 自動車解体業者が運営を行っており、中間マージンがない分、買取価格に期待ができるでしょう。

普通車を処分するのに必要な書類

普通車を処分するのに必要な書類

基本的な必要書類

普通車を処分するには、車検証に記載されている所有者の書類が必要です。車検証には所有者だけでなく、使用者の氏名も記載されているので、所有者と使用車が異なる場合は注意してください。基本的な必要書類は、車検証、自賠責保険証明書、リサイクル券、実印、印鑑証明書(発行から3ヵ月以内)、ナンバープレート、身分証明書です。

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • リサイクル券
  • 実印
  • 印鑑証明書(発行から3ヵ月以内)
  • ナンバープレート
  • 身分証明書

状況に応じて必要な書類

これらの基本書類に加えて、個々の状況に応じてさまざまな追加書類が必要になります。

車検証所有者の氏名・住所と印鑑証明書の情報が一致しない

車検証と印鑑証明書の氏名・住所に相違がある場合は、住民票や戸籍謄本の提出が求められます。引越して住所が変わった、結婚して姓が変わった、といった状況が考えられるでしょう。

所有者がローン会社、法人になっている場合

車検証の所有者がローン会社や法人になっている場合は、そのローン会社・法人が発行した印鑑証明書・譲渡証明書・委任状を取り寄せなければなりません。そして、発行されてから2ヶ月以内のものに限ります。

所有者がお亡くなりになられている場合

所有者が死亡している場合は、相続人が故人の車を処分することになりますよね。戸籍謄本や除籍謄本、遺産分割協議書、印鑑証明書(代表相続人のもの)などが必要になります。

所有者が未成年の場合

所有者が未成年の場合は、親権者の同意書・実印、戸籍謄本、印鑑証明書(親権者と所有者それぞれ)を用意しましょう。

この記事で解決しない方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っているCarMe車処分の窓口へお問い合わせ下さい。
面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。廃車予定だった古い車や事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

まとめ

  • 中古車として再販できるものは買取や下取りに出す
  • 中古車としての価値がないものは廃車買取業者に売る
  • 買取価格がつかなかったとしても、廃車手続き無料の廃車買取業者を選べば0円で処分できる

普通車を賢く処分するには、中古車としてのニーズがあるのかを見極めることがポイントになります処分を検討中の普通車の状態に合わせて、最適な方法を選択してください。

廃車の処分をお考えの方は一度ご相談ください!

最短10分で買取価格をお知らせします。

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
走行距離

お客様情報の入力

お名前
電話番号
都道府県
メール
任意

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

CareMe車処分の流れ

「CarMe車処分」なら45秒程度の簡単な情報入力で、申し込み完了!最短10分で廃車買取価格をお知らせします!
車の処分に関して不明点相談などがある場合も専門オペレーターが対応してくれるので安心!査定から廃車手続き完了までしっかりサポートします。

1.ネットで査定依頼・お問合せ。2.成約後にお車を引取り。3.必要書類にご記入・送付。4.口座へ代金をお振込み。