メーターの違いを画像比較。アルトとターボRSの内装インプレ

スズキの人気軽セダン車の新型アルト(ALTO)が新発売されましたね。

その新型アルトよりも走りに特化した上位モデルとして発売されたのが、
ターボエンジンを搭載した新型アルトターボRS。

私も先日この新型アルトターボRSも試乗させて貰ったのですが、
レッドゾーン手前まで一気に吹けあがる感じや軽自動車とは思えない
加速力を楽しめ大満足でした。

先日新型アルトワークスが発売され少し影が薄くなってしまったのが
ちょっと残念ですが、実際に運転してみるととても良いクルマだと思いました。

そんな新型アルトターボRSですが、内装・インテリアが新型アルト(ALTO)と異なります。
また、特に違うと思ったのがメーターのデザイン。

新型アルトターボRSの方がスポーティーなメーターに・・・。
先日このクルマを試乗した際に、ターボRSのメーターの写真も
取ってきたので、新型アルト(ALTO)との違いを紹介したいと思います。

※2016年4月9日の記事です。

Chapter
新型アルトとターボRSのメーター画像比較
タコメーターが装備され3眼式メーターを採用

新型アルトとターボRSのメーター画像比較

今回フルモデルチェンジをした8代目となった新型アルト(ALTO)の
メーターは、このような感じになっています。

新型アルトのメーターはスピードメーターとマルチインフォメーション
ディスプレイの複眼式メーターを採用。

そしてエンジンを立ち上げると、マルチインフォメーションディスプレイは、
このようにオレンジ色の背景に・・・。

文字が大きく見やすさは全く問題ないのですが、デザイン性はイマイチ・・・。

スピードメーターも自発光式タイプではないですし、また、新型アルト(ALTO)の
マルチインフォメーションディスプレイ最新のクルマと比べて解像度がイマイチ。
一昔前のクルマのようなデザインになっているように感じました。

一方、新型アルト(ALTO)よりも遅れて発売されたターボRSのメーターは、
このようなデザインになっています。

アルトのメーターよりもスタイリッシュな感じがして良いですよね。

まず新型アルトターボRSのメーターを見て目を引くのは、メーターまわりの赤い加飾。
走りの性能にこだわったターボRSらしくワイルドなデザインになっていて好印象でした。

タコメーターが装備され3眼式メーターを採用

また、装備されているメーター自体も異なります。

今回新発売された新型アルトターボRSのメーターは、左側に7000回転から
レッドゾーンになっているタコメーターを装備した3眼式のメーターを採用。

新型アルト(ALTO)にはパドルシフトでシフトアップ/ダウンができる
マニュアルモードが用意されています。

特にマニュアルモードで運転した時にはこのタコメーターは、
重宝するのかなと思いました。

また、新型アルト(ALTO)と新型アルトターボRSではマルチ
インフォメーションディスプレイのデザインも異なります。

新型アルトターボRSにはエネチャージが装備されていないのでエネルギーフローが
表示されませんが、マルチインフォメーションディスプレイの上部に
シフトレバーのポジションが表示されるなど基本的な表示項目は一緒。

ただ、ターボRSは新型アルト(ALTO)と異なりマルチインフォメーションデ
ィスプレイの液晶画面にブラックが採用されるなどスポーツモデルっぽいデザインに・・・。

新型アルト(ALTO)のメーターに感じたような安っぽさもなく個人的には好印象でした。

今回新発売された新型アルト(ALTO)とターボRSのメーターは、このような
違いがありました。

基本的なデザインは似ているものの、ターボRSにはタコメーターが装備され、
また、ブラックと赤が基調になっておりスポーティなデザインに・・・。
個人的には新型アルトターボRSのデザインのメーターの方が良いと思いました。

新型アルトと新型アルトターボRSではメーターのデザインだけでは無く、
内装のデザイン・走り心地すべてが異なるので、もし違いが気になる方は
ぜひとも2つのモデルを乗り比べてみてくださいね。

K-コンシェルジュ

軽自動車ディーラーの店長を務めていたK-コンシェルジュが軽自動車のお悩み・疑問点を解決します。軽自動車を実際に試乗した感想・乗り心地から欠点まで包み隠さず紹介していきます。

K-コンシェルジュ