運転をして気になった3つの欠点&不満。イグニス試乗インプレ

イグニス(IGNIS)は1.2リットルのエンジンながら発進時や課即時はモーターがしっかりとアシストしてくれるので、とっても快適。パワー面で不満はありませんでした。パワー面でも特に不満は無く、また、SUV車らしい視界の良さも体感できるイグニス(IGNIS)ですが、試乗をしていて少し気になった点も・・・。私がこのモデルを試乗していて、気になった3つの不満&欠点を包み隠さず紹介したいと思います。

2016/7/28

Chapter
イグニスの欠点・不満1:ヘッドクリアランス
イグニスの欠点・不満2:Sモード(スポーツモード)
イグニスの欠点・不満3:斜め前方の視界
スズキ イグニス 2016

イグニスの欠点・不満1:ヘッドクリアランス

今回新型イグニス(IGNIS)を試乗してていて、気になったのはこのクルマの
頭上空間(ヘッドクリアランス)が少し狭く、圧迫感を感じたこと。

スズキ イグニス 2016

私の身長は175cmの私が運転席に座っても天井(ルーフ)までは拳を縦にして一個以上の余裕があるので、実際にはそれ程狭くありません。しかし、運転席に座ると他のクルマよりも圧迫感を感じる・・・。

天井は十分な高さがあるにも関わらず新型イグニス(IGNIS)に乗っていると圧迫感を感じる理由は、おそらく運転席からサイドウィンドウなどクルマのサイドボディが近いから。

ヘッドクリアランスが狭いと感じる理由はデザイン!?

正面や後ろから見ると分かりますが、イグニスは、このようにクルマの上部にいくにつれてサイドが絞り込まれているようなデザインになっております。

スズキ イグニス 2016
スズキ イグニス 2016

そのため運転席に座った時、ほかのクルマよりも私とクルマのサイドとの距離が近いため圧迫感があるように感じられたのかなと思いました。私は運転席に座った際、特に横や右斜め上の距離が近いように感じました。

スズキ イグニス 2016

私の妻は小柄なので私が感じたような圧迫感は感じなかったようですが、個人的にはこの圧迫感が少し気になりました。

もしイグニス(IGNIS)を試乗する際はこの圧迫感に関しても、少し気にしてみてくださいね。

イグニスの欠点・不満2:Sモード(スポーツモード)

また、イグニス(IGNIS)を試乗していてちょっと不満・欠点に感じたのは、Sモード(スポーツモード)が装備されていない事。

スズキ イグニス 2016

Sモード(スポーツモード)とは、常に高めのエンジン回転を維持し、加速力のある力強い走りをしてくれる機能のこと。(その分燃費が悪くなる欠点・デメリットがありますが・・・)

最近CVT車Sモード(スポーツモード)を搭載しているクルマは多くなってきましたが、イグニスでは残念ながら装備されていませんでした。

スズキ イグニス 2016

イグニスと同じプラットフォームを採用しているソリオでは、シフトレバー部分にSモード(スポーツモード)が標準装備されていたので、このクルマにも装備されていると思っていたのですが・・・。

ちなみに、こちらはイグニス(IGNIS)と同じプラットフォームを採用しているソリオ(SOLIO)のシフトレバー。

スズキ イグニス 2016
スズキ イグニス 2016

このシフトレバーに装備されているスイッチがSモードスイッチで、これを押すとメーターの部分にスポーツモードを表す”S”が表示され、パワーが一段階アップします。イグニス(IGNIS)のシフトレバーはこのようなデザインになっており、Sモードスイッチが装備されていません。

スズキ イグニス 2016

私がこのイグニスをを試乗した限りでは、Sモード(スポーツモード)を街中で使用するシーンはそれ程多くないと思います。イグニス(IGNIS)はアウトドアシーンでも活躍できるカジュアルなSUVなので、このクルマで山道を運転してアウトドアやキャンプに行こうと思っている人も大勢いると思うのですが・・・

また、それ以外でも坂道の運転や高速道路での合流などSモードが装備されていると助かるシーンは多いと思うのですが・・・。この点に関しては、少し残念でした。

イグニスの欠点・不満3:斜め前方の視界

また、イグニス(IGNIS)を試乗していて気になったのは、斜め前方の視界。運転をしていて、思ったよりも死角が多いなと感じてしまいました。イグニス(IGNIS)はこのようにフロントガラス横のAピラーはそれ程太くありません。私の感じでは標準的な太さだと思います。(もう少し細い方が尚良かったですが・・・)

スズキ イグニス 2016
スズキ イグニス 2016

このAピラーはまだ共用範囲。このAピラーよりも気になってしまったのは、サイドミラーが接合されている部分。イグニス(IGNIS)は三角窓が装備されておらず、サイドミラーが接合されている部分は、黒いパネルで覆われています。実際に見ると、このような感じ。

スズキ イグニス 2016

このように見ると、見えない範囲が多いのがわかりますよね。特に気になったのは、大きな横断歩道を横切るとき。私はイグニス(IGNIS)で大きな横断歩道と交差点がある駅前の道を試乗したのですが、やはり他のクルマよりも死角が多い。右折する時など死角が多くて少し怖くなりました。個人的にはもう少し斜め前方の視界をスッキリとしてくれる方が運転がしやすいように感じました。

スズキ イグニス 2016

イグニス(IGNIS)を試乗したのは20分程度と若干短めだったのですが、このような事が少々気になってしまいました。特に残念だったのは、斜め前方の視界。この死角の多さは私の妻も運転していたときに気になったようです。

もしこれからイグニス(IGNIS)を試乗する際は、斜め前方の視界の良さなどもしっかりと確認してみてくださいね。イグニスは、斜め前方の視界やヘッドクリアランスなどは気になりましたが、乗り心地や加速力はとても良かったです。斜め前方の視界など試乗で気になった欠点・不満を差し引いたとしても、個人的には今回新しく発売された新型イグニスはとても良いクルマだと思いました。

 

 

画像 試乗 画像 試乗レビュー速報