CX-3と比較して、新型XVが劣っていると思ったデメリット&欠点とは?

スバル XV 2017

2016年10月に販売を開始したインプレッサをベースにしたクロスオーバーSUVの
スバルの新型XVが、2017年5月、フルモデルチェンジを行いましたね。

先日、このクルマを見に行ってきたのですが、後部座席の居住性や
ゴルフバックが3個積める荷室・ラゲッジスペースの広さなど、競合車・
ライバル車のCX-3/CX3には無い魅力が盛りだくさん。

ただ、その一方、実車を見比べてみて、新型XVよりもCX-3の方が
良かったなと思う部分も多々ありました。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型XVよりも、マツダの
コンパクトSUVのCX-3の方が良いと思った事、魅力を紹介したいと思います。2017/5/12

Chapter
新型XVのデメリット1:内装のデザイン&装備
装備面にも違いが…
新型XVのデメリット2:ガソリン代&燃費
月々のガソリン代も異なる

新型XVのデメリット1:内装のデザイン&装備

マツダのコンパクトSUVのCX-3と比較してみて、今回フルモデルチェンジを
して新発売された新型XVの方が劣っているなと思っていた事の一つが、内装・
インテリアのデザイン性。

スバルのクルマらしく新型XVの内装・インテリアは、比較的シンプル。

■スバルの新型XVのインパネ

■スバルの新型XVのハンドル・ステアリングホイール

■スバルの新型XVの運転席&後部座席

インパネやハンドル・ステアリングホイールやシートにオレンジのステッチを
採用していますが、華やかさゴージャス感とは無縁です。
まさに質実剛健と言った感じの内装・インテリアです。

一方、新型XVの競合車・ライバル車の一つでもあるマツダのCX-3は、
インパネの中央から助手席側にかけて細長いレザー調のパネルを採用。


このホワイトのパネルは上品な内装・インテリアになっているだけではなく、
車内が明るく、そして、解放感のあるデザインになっているように感じました。

また、センターコンソールに採用されているダークレットカラーのパネルも
ワンポイントのアクセントカラーになっていて、とても良いと思いました。

スバルの新型XVのシンプルなデザインも良いと思いますが、華美さ上質感と
言う点では、マツダのCX-3の内装・インテリアに遠く及ばないなと思いました。


装備面にも違いが…

また、この2台のモデルは内装・インテリアの装備にも違いが…。

スバルの新型XVは装備面でも比較的シンプルなのに対し、CX-3は
より快適に運転ができるような機能や装備が充実しているように感じました。

例えば、CX-3のみに搭載されている装備の一つが、エンジンをかけると、
メーターフードの上段に設置されたディスプレイが立ち上がるカラーの
“アクティブ ドライビング ディスプレイ”を標準装備

また、マツダのCX-3では、コンパクトSUVカテゴリーでは珍しい3段階の
温度調整機能付きのシートヒーターやステアリングホイールを標準装備。

このように内装・インテリアのデザインや装備が充実しているのが、
新型XVには無い、マツダのCX-3の魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、マツダから発売されているCX-3は新型XVと異なり電子式の
パーキングブレーキではなく、手動式のサイドブレーキになっていたのが、
唯一残念なところでした。

<次のページに続く>
次ページ
新型XVのデメリット2:ガソリン代&燃費