コールマンのおすすめのランタン11選|選ぶ際のポイントも解説

コールマンランタン

天気の良い休日に車でキャンプに出掛ける方も多いのではないでしょうか。ここでは多くのキャンパーを魅了するコールマンのランタンをご紹介します。キャンプの夜を明るく照らすランタンはキャンプの必需品です。おすすめのコールマンランタンをランタン選びの参考にして下さい。

Chapter
キャンパーに人気の高いコールマンとは?
コールマンのおすすめのランタン11選
1:パワーハウスツーマントルランタン 290A740J【ガソリン】
2:2500 ノーススター LPガスランタン 2000015520【LPガス】
3:バッテリーガード LED 200 2000034235【LED】
4:360° サウンド&ライト 2000034246【LED】
5:クアッドマルチパネルランタン 2000031270【LED】
6:フロンティア PZランタン 203536【LPガス】
7:コールマン ルミエールランタン
8:ツーマントル デュアルフューエル 3000004257 ケース付【ガソリン】
9:バッテリーガード LED ランタン 1000 2000034245【LED】
10:バッテリーロック LED充電式ランタン 2000027299【LED】
11:CPX 6 クラシック 2000020187【LED】
コールマンのおすすめのランタンを選ぶ際のポイント3選
おすすめを参考に自分に合ったコールマンのランタンを見つけよう

キャンパーに人気の高いコールマンとは?

コールマンはアウトドアの本場アメリカ生まれのアウトドアブランドです。アウトドアにおいて家族や仲間、自然と触れ合うことで生まれる心のつながりを大切にし、アウトドアでより快適に過ごせる製品を作り出してきました。

長く製品を使い続けられるようロングライフ製品を目指して様々な取り組みを続け、数々のロングライフデザイン賞を受賞しています。

使い込むほどに愛着が湧くコールマンのアウトドア用品は、幅広い年代に人気です。

コールマンのおすすめのランタン11選

ここまで、ランタンには様々なタイプのものがあることをご紹介して参りました。コールマンからも様々なタイプのランタンが数多く発売されているので、どれを選べば良いか迷いがちです。

そこで、ここではコールマンのおすすめランタンをご紹介します。コールマンのランタン選びの参考にしてみて下さい。

1:パワーハウスツーマントルランタン 290A740J【ガソリン】

コールマン(Coleman) コールマン パワーハウスツーマントルランタン(ケース付) 290A740J

19,800円〜(税込)

コールマンの定番ランタンと言えばコレ

ツーマントルタイプで300キャンドルパワーの明るさが特徴のガソリンランタンです。燃焼時間も長く、フルパワーで使っても7時間燃焼し、周囲を明るく照らします。

ガソリン使用で気温変化にも強く、寒冷地や冬でも安定して使えるので冬キャンプの強い味方です。

コールマングリーンがキャンプ気分を盛り上げてくれる、おすすめのガソリンランタンです。

メーカー
コールマン(Coleman)
ブランド
コールマン(Coleman)
モデル名
290A740J
梱包サイズ
cm; 3.3 kg
商品モデル番号
290A740J
商品の重量
3.3 kg

2:2500 ノーススター LPガスランタン 2000015520【LPガス】

コールマン(Coleman) コールマン アウトドア ランタン 2500ノーススターLPガスランタン(レッド) 2000015521

7,747円〜(税込)

ガソリンランタンに劣らない光量で初心者にも扱いやすい

320キャンドルパワーの大光量で周囲を明るく照らします。マントルはワイヤークリップで簡単に取り付けることができ、扱いやすいので初心者にもおすすめのガスランタンです。

収納ケース付きなので持ち運びも簡単で、別売りのランタンハンガーやランタンスタンドを使えば吊り下げて使うことができ、さらに便利に使えるでしょう。

メーカー
コールマン(Coleman)
ブランド
コールマン(Coleman)
モデル名
2000015521
梱包サイズ
cm; 1.9 kg
商品モデル番号
2000015521
商品の重量
1.9 kg

3:バッテリーガード LED 200 2000034235【LED】

コールマン(Coleman) コールマン(Coleman) ランタン バッテリーガード LED 200 グリーン 2000034235

1,630円〜(税込)

コスパがよく使い勝手の良いLEDランタン

消灯中の過放電を防止して電池を長持ちさせるLEDランタンです。コンパクトサイズながら200ルーメンの明かりで周囲を照らします。

LEDランタンなのでテント内でも安心して使うことができ、スイッチをオンオフするだけの簡単な操作性、コールマンらしいおしゃれな見た目もおすすめのポイントです。また、電池式なので停電時や災害時などの防災用にも使うことができます。

初心者でも購入しやすい手頃な価格ながら、使い勝手が良いのでおすすめのランタンです。

メーカー
コールマン(Coleman)
ブランド
コールマン(Coleman)
モデル名
2000034235
商品モデル番号
2000034235

4:360° サウンド&ライト 2000034246【LED】

コールマン(Coleman) コールマン(Coleman) ランタン サウンドアンドライトランタン 360 2000034246

6,157円〜(税込)

Bluetoothで音楽も聴くことができるランタン

400ルーメンの明るさで点灯しながら、音楽を視聴しても最大5時間利用することができるLEDランタンです。

火を使用していないのでテント内に持ち込んで使用することができ、音楽を聴くこともできます。USBを搭載していて災害時や停電時などは電気供給が可能なため、1つ持っておくととても便利です。

メーカー
コールマン(Coleman)
ブランド
コールマン(Coleman)
モデル名
2000034246
商品モデル番号
2000034246

5:クアッドマルチパネルランタン 2000031270【LED】

コールマン(Coleman) コールマン(Coleman) ランタン クアッドマルチパネルランタン LED 乾電池式 約800ルーメン レッド 2000031270

7,519円〜(税込)

4つの発光パネルを外して自由に使える

ランタンとしてだけでなく、パネルを外して懐中電灯として使ったり、パネルにはマグネットがついているので金属に貼りつけて使うなど、様々な使い方ができる便利なランタンです。

ランタンとして使えば最大800ルーメンの明かりで周囲を照らすことができます。また、ランタン本体はUSBポートが付いているため携帯電話の充電もでき、キャンプだけでなく災害時にも役立つのでおすすめです。

サイズ
約直径145×高さ235mm
重量
約1200g
明るさ
25ルーメン~800ルーメン
光量調節機能
あり
連続点灯時間
約3時間~400時間(使用状況により異なる)
使用電池タイプ
電池式(単1形乾電池4個または8個)
防水機能
あり

6:フロンティア PZランタン 203536【LPガス】

コールマン(Coleman) コールマン フロンティア PZランタン(プラスチックケース付)203536

3,349円〜(税込)

やさしい明かりでテーブルランタンに最適

一般的なランタンとは異なりグローブがすりガラスになっているため、光量が抑えられて柔らかな明かりで照らします。

やさしい明かりとコンパクトなサイズはテーブルランタンにぴったりです。自動点火装置付きで初心者でも簡単に取り扱うことができます。

収納や持ち運びに便利なプラスチック製の収納ケース付きです。

メーカー
コールマン(Coleman)
ブランド
コールマン(Coleman)
モデル名
203536
商品モデル番号
203536

7:コールマン ルミエールランタン

コールマン(Coleman) ルミエールランタン

4,099円〜(税込)

炎のゆらめきを楽しむキャンドル風ガスランタン

キャンプサイトでメインの明かりとして使うには光量が少なめですが、雰囲気のある炎を楽しむことができるキャンドル風ガスランタンです。

マントルが必要ないので着火するだけで簡単に使え、初心者にも扱いやすく人気があります。炎調節レバーで光量を細かく調節できるのも魅力です。 キャンプの雰囲気を楽しみたい方におすすめのガスランタンです。

モデル名
205588
サイズ
直径7.3×奥行き6×高さ18.3cm
重量
210g
連続点灯時間
約28〜38時間(230g缶使用時)

8:ツーマントル デュアルフューエル 3000004257 ケース付【ガソリン】

コールマン(Coleman) Coleman(コールマン) プレミアム ダブル フューエル 光度調整機能付き ランタン ハードケース付き 日本未発売 [並行輸入品]

5,960円〜(税込)

2つのマントルでとても明るい

発光部分のマントルが2つあるので最大光量861ルーメンと、とても明るいランタンです。

真ん中のレバーで光量を調節することができるので使い勝手も良く、ホワイトガソリンと自動車用ガソリンのどちらでも燃料として使うことができ非常時にも役立ちます。

日本未発売商品なので、他のキャンパーとかぶりにくいところも魅力と言えるでしょう。

メーカー
コールマン(Coleman)
ブランド
コールマン(Coleman)
モデル名
3000000945
梱包サイズ
40.6 x 35.6 x 17.8 cm; 450 g
商品モデル番号
3000000945
商品の重量
450 g

9:バッテリーガード LED ランタン 1000 2000034245【LED】

コールマン(Coleman) バッテリーガード LED ランタン 1000 2000034245【LED】

5,480円〜(税込)

電池を長持ちさせるコールマンのバッテリーガード

消灯中の過放電を防ぐことでバッテリーを長持ちさせる、最大光量が1,000ルーメンのバッテリーガードです。

High、Medium、Lowと光量を3段階に調節でき、最大光量にするとキャンプのメインランプとしても使える明るさになります。 全方向からの水しぶきにも耐えられる防水性能も兼ね備えているので、天気が悪い日でも安心です。 

メーカー
コールマン(Coleman)
ブランド
コールマン(Coleman)
モデル名
2000034245
商品モデル番号
2000034245

10:バッテリーロック LED充電式ランタン 2000027299【LED】

コールマン(Coleman) コールマン(Coleman) ランタン バッテリーロックLED充電式ランタン 2000027299

8,480円〜(税込)

白く明るい光と温かみのあるやさしい光をシーンによって選べる

使用するシーンに合わせてランタンの光を選べるLEDランタンです。

バッテリーロックで電池を最適な状態で保存します。

USB内蔵で携帯電話の充電もできるため、アウトドアだけでなく災害時などにも役立ちます。軽くて使い勝手が良いのでおすすめのランタンです。

メーカー
コールマン(Coleman)
ブランド
コールマン(Coleman)
モデル名
2000027299
梱包サイズ
cm; 1 kg
商品モデル番号
2000027299
商品の重量
1 kg

11:CPX 6 クラシック 2000020187【LED】

コールマン(Coleman) CPX 6 クラシック 2000020187【LED】

5,194円〜(税込)

周りと差が付く日本未発売のLEDランタン

真ん中のレバーで光量を2段階で調節できるLEDランタンです。

日本未発売の商品のため、キャンプサイトで注目されるでしょう。

リビングのサブランタンや寝室で使うのに丁度良い明るさです。キャンプなどのアウトドアなどはもちろん、停電などの災害時にも役立つランタンです。

メーカー
コールマン(Coleman)
ブランド
コールマン(Coleman)
モデル名
2000020187
梱包サイズ
14.6 x 14.6 x 29.8 cm; 621 g
商品モデル番号
2000020187
商品の重量
621 g

コールマンのおすすめのランタンを選ぶ際のポイント3選

コールマンのおすすめランタンをご紹介して参りました。おすすめしただけでも6アイテムあるので、実際購入する時はどれを選べば良いのか迷ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ここではコールマンのおすすめランタンを選ぶ際のポイントについてご紹介します。

1:光量(明るさ)で選ぶ

ランタンには様々な光量のものがあり、用途に合った光量のものを選ぶのがポイントです。メインランタンとして使うのなら1,000ルーメン以上のものが好ましいですが、人数によっても必要な光量は変わってきます。

例えば少人数のキャンプなら1,000ルーメンだと眩しく感じる可能性もあるため700ルーメン程度、ソロキャンプなら自分に必要なスペースが照らせれば十分なので300ルーメン程度でも良いでしょう。

メインの他に使うサブランタンなら150から300ルーメンの明るさが適しています。

2:使用する場所で選ぶ

ランタンをテント内で使うのかテントサイト全体で使うのかという使用する場所で選ぶのもポイントです。

使用する場所によって、必要な明るさやランタンのタイプが異なります。ここでは使用する場所別に選ぶ際のポイントをご紹介します。
h4-卓上を照らす
卓上に置いて身の回りのものを照らしたり、食事をする時に照らすテーブルランタンはLEDランタンやガスランタンがおすすめです。

テント内のテーブルランプとして使うなら火を使わないLEDランタンを選びましょう。テーブル全体を照らすランタンを1つ置いたり、明るさが控えめの複数のランタンを配置したり、好みでレイアウトして下さい。

メインランプより明るいランプで卓上を照らすと虫が集まってくるので、明るさはメインランプより控えめのものを使用しましょう。

テント内を照らす

テント内を照らすランタンは、ガスやガソリンなどを燃料とするものを使うと火事や一酸化炭素中毒の危険があります。そのため、テント内で使用する場合は火を使わないLEDランタンを使うようにしましょう。

サイト全体を照らす

キャンプサイト全体を照らすメインランタンはランタンポールやタープのポールなどの高い位置に吊り下げて使います。

大光量のガスランタンやガソリンランタンがおすすめで、燃焼時間が長いものを選びましょう。

また、LEDでもガスランタンやガソリンランタンに劣らない大光量のものもあるので、手軽にランタンを使いたい方はそちらを探してみるのもおすすめです。

3:燃焼時間・持続時間で選ぶ

燃焼時間や持続時間もランタンを選ぶ際に重要なポイントとなります。1泊なら7時間2泊なら10時間程度の燃焼時間や持続時間があれば安心して使うことができるでしょう。

燃焼時間や持続時間が長いと予備の燃料や電池を持って行く必要がないので、荷物が少なくなるメリットがあります。

おすすめを参考に自分に合ったコールマンのランタンを見つけよう

コールマンのランタンはガスランタンやガソリンランタン、LEDランタンの中でも、用途に応じて様々なものが発売されています。

種類が豊富なだけに、好みに合ったランタンがきっと見つかるでしょう。ご紹介したコールマンのおすすめランタンを参考に、是非自分に合ったランタンを見つけて下さい。

商品詳細