ソロキャンプにおすすめのテント15選!テントタイプや選ぶ際のポイントを紹介

テント キャンプ 3

今人気のソロキャンプではテント選びが重要なポイント。しかし種類が豊富なためどれを選べば良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。ここではソロキャンプにおすすめのテントや選ぶ際のポイントをご紹介します。自分好みのテント選びの参考にしてみて下さい。

Chapter
ソロキャンプ用テントとは?
ソロキャンプにおすすめのテント15選
1:コールマン「ツーリングドーム ST」
2:コールマン「クイックアップドーム」
3:スノーピーク「ソロテント&タープ ヘキサイーズ 1」
4:スノーピーク「ミニッツドーム Pro.air 1」
5:MSR「Elixir 1」
6:バンドック「ソロベース BDK-79TC」
7:クイックキャンプ 「ダブルウォール ツーリングテント」
8:Naturehike「テント 2人用」
9:GEERTOP「テント 2人用」
10:DOD「ワンタッチテント 2人用」
11:DOD「ワラビーテント」
12:モンベル「テント クロノスドーム2型」
13:NEMO「アトム 1P」
14:テンマクデザイン「サーカスTC」
15:ホールアース「ワンタッチ コンパクト ツーリングテント」
ソロキャンプ用テントを選ぶ際のポイント5つ
ソロキャンプにおすすめのテントを参考に好みのモデルを選ぼう!

ソロキャンプ用テントとは?

自分の好きなキャンプ用品に囲まれて、自分だけの時間を楽しめるソロキャンプが近年人気を集めています。忙しい日々に疲れたら、一人で気ままに車を走らせてオートキャンプを楽しむのも良いでしょう。

そこで必要になるのがソロキャンプ用テントです。ソロキャンプ用テントとは、言葉のとおり一人用のテントのことを言います。

ソロキャンプにおすすめのテントタイプ3つ

ソロキャンプ用テントと一口に言っても様々なタイプのものが販売されていて、どれを選べば良いか迷いがちです。

ここではソロキャンプにおすすめのポップアップ式、ワンタッチ式、ワンポール式の3つのテントタイプについてご紹介します。

1:ポップアップ式

ポップアップ式のテントは収納袋から取り出して広げるだけですぐにテントの形になるので、誰でも簡単に設置することができるという特徴があります。

たたみ方も一度コツを掴めばとても簡単に折りたたんで収納することができるので、キャンプ初心者や女性にも扱いやすいです。

ポップアップ式テントの一番の魅力はコンパクトで軽量なところと言えます。そのため持ち運びしやすいものをお探しの方におすすめのタイプです。

2:ワンタッチ式

ワンタッチ式のテントはポールとテント本体が一体化しているのが一般的です。そのため収納袋から取り出して、傘を広げるように骨組みを広げるだけで設営することができます。

しっかりした骨組みのため、ポップアップ式のテントよりも重いという側面がありますが、骨組みがしっかりしているので、耐風性などに優れ強度が高いのが特徴です。

そのため、ソロキャンプ用としてはもちろん、海などの風の強い場所にも設置することができるので海水浴の際の家族の休憩場所としても使うことができ、おすすめです。

3:ワンポール式

ワンポール式のテントはテントの中央に1本のポールを立てて設営するもので、シンプルな構造のため一人でも簡単に設営することができます。

テント内は広くゆったりとしているため居住性にも優れていて、ペグを挿せば雨風をしのぎながら快適に過ごすことが可能です。

凝ったデザインのものも多く、キャンプの雰囲気を楽しみたい人におすすめのタイプです。

ソロキャンプにおすすめのテント15選

ソロキャンプ用のテントは様々なアウトドアブランドからいろいろなタイプのものが発売されています。

たくさん販売されているテントは機能性やデザインなどが豊富なため、どれを選べば良いのか迷いがちです。ここではソロキャンプにおすすめのテントを15商品ご紹介します。

自分の好みや用途に合ったテント探しの参考にしてみて下さい。

1:コールマン「ツーリングドーム ST」

コールマン(Coleman) コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム ST 1~2人用

15,273円〜(税込)

背が高い前室空間が便利

なるべく荷物を少なくしたいソロキャンプやツーリングのキャンプにぴったりなコンパクトテントです。収納すれば持ち運びにも便利なコンパクトサイズになるこのテントは、ゆったりと過ごすことができる広さがあります。

また、背の高い前室があるので荷物や靴を置くのに便利で、雨が降っても室内に直接雨が入ることはありません。

ポールポケット式で1人でも簡単に設営できるのも嬉しいポイントです。

商品名
コールマン「ツーリングドーム ST」
用途
オートキャンプ・ツーリング
サイズ
インナーテント/約210×120×100(h)cm、収納時:約直径19×49cm
重量
4kg
定員
1人
材質
ポリエステル

2:コールマン「クイックアップドーム」

コールマン(Coleman) コールマン(Coleman) テント クイックアップドーム S+ ダークルームテクノロジー採用 グレー 2000033135

12,738円〜(税込)

ダークルームテクノロジーで日光をブロック

コンパクトサイズで持ち運びにも便利なこのテントは、アシストクリップで1人でも簡単に設営することができます。

ダークテクノロジー採用で日光をブロックして室内の温度上昇を防ぎ、さらに風が通り抜けるよう設計されているので、空気が循環して夏でも涼しく過ごすことができるでしょう。

必要に応じて日光を室内に取り込める天窓も付いています。耐水性のあるフライシート採用で雨の日でも安心です。

商品名
コールマン「クイックアップドーム」
用途
音楽フェス・ツーリング・オートキャンプ
サイズ
インナーサイズ:約210×120×100(h)cm、収納時サイズ:約φ60×6cm
重量
約3.5kg
定員
1人
材質
フライ/75Dポリエステルタフタ・インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)・フロア/75Dポリエステルタフタ・フレーム/スチール

3:スノーピーク「ソロテント&タープ ヘキサイーズ 1」

スノーピーク(snow peak) スノーピーク(snow peak) ソロテント&タープ ヘキサイーズ 1 SDI-101 ブラウン 1人用

7,260円〜(税込)

1人の時間をゆったり過ごせる贅沢なテント

このテントの魅力はとても広い前室です。テーブルやチェアーなどゆとりをもって置くことができます。その他の荷物を置くのにも十分なスペースがあります。

テントはフライシートに吊り下げて固定するだけの簡単設営で室内は高さもあり、快適に過ごすことができるでしょう。

ソロキャンプで1人の時間を贅沢に過ごすことができるおすすめのテントです。

商品名
スノーピーク「ソロテント&タープ ヘキサイーズ 1」
用途
ツーリング・オートキャンプ
サイズ
収納サイズ (キャリーバッグサイズ) :62×19×23(h)cm
重量
5.2kg
定員
1人
材質
フライシート/210Dポリエステルオックス・遮光ピグメントPUコーティング耐水圧3,000mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、ドアパネル/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・撥水加工、インナーウォール/68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、アルミポール/A6061(φ22mm)

監修コメント

スノーピークのヘキサイーズ1は見た目のインパクトが特徴的です。ソロキャンプとしては非常に前室が広く使用でき、贅沢な時間を過ごせます。タープが広く6角形の創りになっており、インナーテントの前後も開閉可能な為、出入口も前後自由に選べます。ロースタイルな点から風の影響も受けにくのが魅力的です。そしてポールを買い足せばタープ単体としても使用する事ができます。この商品のもう一つの魅力としては、シールド加工が施されてる為、暑い夏でも通常のものより2〜4度温度差がある素材になっているところです。一人の贅沢な空間に加えて、心地い良いスタイルを創り出せる空間です。

4:スノーピーク「ミニッツドーム Pro.air 1」

スノーピーク(snow peak) スノーピーク(snow peak) テント ミニッツドーム Pro.air 1 SSD-712 2人用

76,780円〜(税込)

軽量でありながら快適な居住空間

広い前室は、雨が降っても靴や荷物を濡らすことはありません。テント内には左右にメッシュの窓があり、通気性にも優れているので暑い季節も快適に過ごせることが期待できます。

インナーテントは吊り下げ式なので簡単に素早く設営することが可能です。機能性と高い居住性を兼ね備えていながら、軽量なので自転車やバイクでも運ぶことができます。そのため、ツーリングにもぴったりのテントです。

商品名
スノーピーク「ミニッツドーム Pro.air 1」
用途
オートキャンプ・ツーリング
サイズ
収納サイズ:20×20×59(h)cm
重量
2.95kg
定員
1~2人
材質
フライシート/20Dシリコンポリエステルミニリップストップ・PUコーティング耐水圧1,500mmミニマム、インナーウォール/ 20Dポリエステルミニリップストップ、ボトム/30Dナイロンリップストップ・PUコーティング耐水圧1,500mmミニマム、フレーム/ジュラルミンA7001(φ9.5mm)

監修コメント

軽い、早い、過ごしやすい、の3拍子揃った究極のソロテント、スノーピークミニッツドームPro.air1です。フライシートも分かりやすい構造になっている為初心者でも安心です。インナーテントもこのサイズで吊り下げ式になっており、13ヶ所のフックをかければ完成します。寝室もソロキャンプには十分な広さがあり、着替えたり、荷物を置くスペースもしっかりと確保できます。また前室も広い空間になっているので、天候が悪い時にギア類を前室に避難させることもできます。重量も3kg未満と超軽量かつコンパクトなところや、強度も強く耐水性も優れた素材はパフォーマンス抜群のテントです。

5:MSR「Elixir 1」

エムエスアール(MSR) MSR Elixir 1-Person Lightweight Backpacking Tent 141[並行輸入]

30,800円〜(税込)

コストパフォーマンスの高さが魅力

2本のポールを2か所で交差させ箱型に近い空間を作ることで、テント内は狭さを感じさせず居住空間で快適に過ごすことができます。

また、台形に近い前室は程よい広さで使いやすいです。高い耐久性を持ちながら軽量なこのテントは初心者でも設営しやすく、コストパフォーマンスが高いテントと言えるでしょう。

商品名
MSR「Elixir 1」
用途
登山・ツーリング・オートキャンプ
サイズ
約218x160x 99cm、収納サイズ:48×15cm
重量
2.15kg
定員
1人
材質
フライ材質/68Dポリエステルリップストップ耐水圧1,500mmポリウレタン&DWRコーティング、キャノピー材質/40DリップストップナイロンDWR コーティング、20D マイクロメッシュ、ポール材質/7000 シリーズアルミフロア材質70D ナイロンタフタ 耐水圧3,000mmポリウレタン&DWR コーティング

監修コメント

形と色が特徴的なMSRエリクサー1です。山岳向けのテントという点で重量が2160kgという軽量でコンパクトなところが最適です。居住性・安全性は抜群なMSRです。さらに2本のポールに加えて、天井に短いポールを追加する事により箱型に近い空間で狭いと感じさせない魅力あるテントです。フットプリントも付属でついてくるので、フライシートとポールだけの使用も出来るのでシーンを選んで使用できるのが最適です。これだけ扱いやすいテントに加え、コストパフォーマンスも高いので注目です。

6:バンドック「ソロベース BDK-79TC」

BUNDOK(バンドック) BUNDOK(バンドック) ソロベース BDK-79TC パップテント 軍幕 収納コンパクト 【1人用】

24,800円〜(税込)

簡単に設営できて火の粉に強い

シンプルな設営方法で初心者でも簡単に設営できるテントです。前室用のサブポールを使えば、広い日よけスペースを作ることができます。また、全面をジッパーで閉じることができるので、プライベート空間をしっかりと確保することも可能です。

バックルでつなぐだけで簡単に設営できるインナーはメッシュになっているため通気性がよく、虫除けにもなります。

丈夫なポリコットン使用で火の粉に強いので、近くで焚火をして火の粉が飛んできても穴が開きにくくおすすめです。

商品名
バンドック「ソロベース BDK-79TC」
用途
オートキャンプ・ツーリング
サイズ
フライ:360x190x110cm、インナー:190x85x100cm、収納時:40x20x20cm
重量
4.4kg
定員
1人
材質
フライ/コットン混紡生地(ポリエステル65%・綿35%)、インナー/ポリエステルメッシュ、フロア/ポリエステル、フレーム/アルミ合金

監修コメント

バンドックソロベースは非常に注目されていて人気の高いテントです。というのも、全面ジッパーで締めることが可能で、フルメッシュ、そして張り方も自由自在にアレンジが効くテントです。見た目もミリタリー系でカッコ良いです。そして火の粉にも強いTC素材を使用しているので、目の前で焚き火をする事が多いソロキャンパーにもとても魅力的なポイントです。また、インナーテントも付属で付いてきてのこのコスパは試す価値ありです。但し、跳ね上げをした際に天井が低いのでチェアは低めを合わせるのが良さそうです。

7:クイックキャンプ 「ダブルウォール ツーリングテント」

クイックキャンプ [クイックキャンプ] ダブルウォール ツーリングテント 1人用 タンカラー QC-BEETLE1

13,280円〜(税込)

ワンタッチで設営が簡単

テント上部のパーツをかみ合わせるだけで本体が完成し、そこにサポートフレームとフックを装着するだけの簡単設営であっという間にテントが設営できます。

テント内は通気性がよく、ランタンを吊り下げることができるランタンフックや小物を収納するメッシュポケットがあり、快適な居住空間です。

軽量フレームを使用しており、コンパクトに収納できるため、バイクツーリングにおすすめのテントです。

商品名
クイックキャンプ 「ダブルウォール ツーリングテント」
用途
オートキャンプ・ツーリング
サイズ
約230cm×90cm×90cm、
重量
収納サイズ:約52cm×17cm×17cm
定員
約3kg
材質
フライシート/ポリエステル 、インナーテント/通気性ポリエステル 、床面/ポリエステルオックスフォード、ポール/アルミニウム合金

8:Naturehike「テント 2人用」

Naturehike Naturehike公式ショップ テント 2人用 アウトドア 二重層 超軽量 4シーズン 防風防水 PU4000 キャンピング プロフェッショナルテントCloudUp2(専用グランドシート付) (オレンジ(210Tアップグレード版))

14,800円〜(税込)

持ち運びやすく高い機能性を持つテント

自立式のため初心者でも短時間で簡単に設営できるこのテントは、防水性や防風性、耐水性に優れているため悪天候でも安心です。

また、インナーテントのキャノピーにはマイクロメッシュを使用しているため、通気性が良いだけでなく室内への虫の侵入を防ぎます。機能的でありながら、とても軽量なためツーリングなどにもぴったりのテントです。

商品名
Naturehike「テント 2人用」
用途
オートキャンプ・ツーリング・登山
サイズ
(215+60)cm×125cm×100cm、収納時:40cm×13cm×13cm
重量
1.73kg
定員
1~2人
材質
0D撥水加工シリカゲルナイロン生地/210Tチェック柄ポリエステル生地、7001航空アルミポール

9:GEERTOP「テント 2人用」

Geer Top GEERTOP テント 2人用 ソロテント ツーリングテント キャンプテント 軽量 防水 冬用 4シーズン スカート付き 二重層構造 PU5000MM耐水圧 バイク アウトドア 登山用 簡単設営

12,499円〜(税込)

手ごろな価格で初心者にもおすすめ

自立設計で初心者でも一人で簡単に設営することができます。高い防水性で雨の日も安心、2つのメッシュ窓も付いており通気性も抜群です。テント内は着替えをするのに十分な高さとスペースがあり、大人2人で使用することもできます。

持ち運びに便利な収納袋付きでコンパクトに収納でき、ソロキャンプだけでなくツーリングや登山などにも活躍するでしょう。

手に取りやすい価格で初心者にもおすすめです。

商品名
GEERTOP「テント 2人用」
用途
オートキャンプ・ツーリング・登山
サイズ
140x210×115cm、収納サイズ:16x16x46cm
重量
3kg
定員
1~2人
材質
インナーテント/210T通気性ポリエステル+高密度微細ナイロンメッシュ、フロア/210D PU5000MMオックスフォード生地、フライシート/210T PU3000MM チェック柄ポリエステル、ポール/アルミニウム

10:DOD「ワンタッチテント 2人用」

DOD(ディーオーディー) DOD(ディーオーディー) ワンタッチテント ゆったり使える 2人用 紐を引くだけ 簡単設営 T2-629-BK T2-629-BK

12,900円〜(税込)

設営が簡単なワンタッチテント

脚を伸ばしてロープを引くだけというワンタッチで簡単に設営できるテントです。2人用ダブルサイズのエアマットが収まるサイズなので、大人2人で使用することができます。

1人ならゆったりと快適な空間を楽しめるでしょう。ドアと背面はフルメッシュにすることができます。そのため、夏でも快適に過ごせるでしょう。

片付ける際は折り畳み傘のようにたたんで丸め、付属の収納バッグにコンパクトに収納すれば、持ち運びも簡単です。

商品名
DOD「ワンタッチテント 2人用」
用途
オートキャンプ・ツーリング
サイズ
約230×150×117cm、収納サイズ:約70×19×19cm
重量
約3kg
定員
1~2人
材質
トップ/66Dポリエステル、フロア/ポリエチレン、ポール/グラスファイバー

11:DOD「ワラビーテント」

DOD(ディーオーディー) DOD(ディーオーディー) ワラビーテント コットン生地 吊り下げ式カンガルーテント T2-657-BR

11,799円〜(税込)

吊り下げ式のカンガルーテント

このテントはタープテントのポールに吊り下げて使用するカンガルーテントです。

吊り下げてペグで固定するだけなので設営も簡単で、一人でも短時間で行うことができます。テントの前後はメッシュ使用になっているので通気性も良く、生地は透湿性に優れたコットン100%のため、テント内の結露を軽減することが可能です。

ポールがないためコンパクトに収納することができ、簡単に持ち運べます。

商品名
DOD「ワラビーテント」
用途
カンガルーテント
サイズ
約200×120×115cm、収納サイズ:約40×18×18cm
重量
約2.3kg
定員
2人
材質
コットン、210Dポリエステル(PUコーティング)

12:モンベル「テント クロノスドーム2型」

モンベル(mont-bell) モンベル(mont-bell) テント クロノスドーム2型 [2人用] スカイブルー 1122491-SKB

39,800円〜(税込)

通気性抜群で涼しいテント

特許を取得した独自のバーティカル・クロス・システムにより広い居住空間を作り出す3シーズン対応のテントです。

入口前面と対面の上部は本体生地とメッシュ生地の二重構造になっており、ジッパーで調節することにより好みの温度に調節することができます。

また、レインフライのベンチレーションにより効率的な換気が可能なため、室内は通気性が良く夏でも快適に過ごすことができるでしょう。

商品名
モンベル「テント クロノスドーム2型」
用途
カヌーツーリング・自転車ツーリング・登山・キャンプ
サイズ
約230×130×さ105cm、収納サイズ:約17×17×35cm/ポールバッグ:約6×6×44cm
重量
約2.4kg
定員
2人
材質
キャノピー/68デニールポリエステルタフタ、フロア/70デニールナイロンタフタ、フライシート/75デニールポリエステルタフタ

13:NEMO「アトム 1P」

ニーモイクイップメント(NEMO) NEMO(ニーモ・イクイップメント) アトム 1P グリーン NM-ATM-1P-GN

39,600円〜(税込)

機能性とデザイン、価格のバランスが取れているテント

ゆとりのある居住スペースと前室があるので、荷物を置くのにも十分な広さがあります。また様々な場所での設営を考慮し、フロアには耐久性のある素材を使用しているため、岩の多い場所に設営してフロアを傷める心配も少ないです。

出入口の半分はメッシュにすることができ、天井付近にも大きく開くメッシュ付きのベンチレーションがあるので、室内は通気性が良く暑い季節も快適に過ごせるでしょう。

高い機能性とクオリティで初心者にも使いやすいテントです。

商品名
NEMO「アトム 1P」
用途
登山・オートキャンプ
サイズ
約90×210×105cm
重量
1.28kg
定員
1人
材質
本体素材/40Dナイロン・メッシュ、フライ素材/20D Sil/PUナイロン、フロア素材/75D PeUポリエステル

14:テンマクデザイン「サーカスTC」

テンマクデザイン テンマクデザイン サーカスTC

50,000円〜(税込)

多様な使い方ができるテント

このテントにはフロアシートが付いていないため、靴のままテントに出入りすることができ、リビングとして使用することもできます。

また、コットを入れれば寝室にもなり、別売りのメッシュインナーセットを取り付けることもでき、様々な使い方ができるのが魅力です。

遮光性と通気性を兼ね備えているので、夏でも木陰のような心地よい涼しさを感じることができます。1人で広々と、2人でもゆっくりくつろげるサイズ感も魅力です。

商品名
テンマクデザイン「サーカスTC」
用途
キャンプ
サイズ
約442×420×280cm、収納サイズ:Φ25×67cm
重量
約10.88kg
定員
2人
材質
本体/コットン混紡生地(TC) 撥水加工済み(ポリエステル65%コットン35%)、裾部(スカート)/ポリエステル、ポール/スチール製5本継ぎ(φ30mm/280cm)

監修コメント

ワンポールテントの中で初代から人気の高いテンマクデザインサーカスtcです。なかなか手にするのにも苦労するほどの魅力あるテントです。人気の一つとしては他社と比較してもお求めやすい値段で購入出来ます。この価格帯なのにコットン混紡生地を使用している優れものです。

 ワンポールの特徴として天井が高いところから開放感があり、広々と使用できる空間が魅力的です。6角形のテーブルや穴あきテーブル中心に置き、コットやチェアさえあれば快適な空間が仕上がります。吊り下げ式のインナーテントも別売りで販売していますが、ワンポールテントは天井が高いことからコンパクトなテントと組み合わせる事もできるので、自分スタイルが自由に作ることが可能です。また、入口もポールを使用して跳ね上げてみたり、角度を変えてみたりと色々アレンジできるので、周りとの差を付けてオリジナルなものが作れます。

15:ホールアース「ワンタッチ コンパクト ツーリングテント」

Whole Earth ホールアース(ホールアース) ワンタッチ コンパクト ツーリングテント WE23DA15 SBEG (サンドベ-ジュ/FF/Men's、Lady's)

19,780円〜(税込)

軽量なコンパクトテント

オールメッシュ素材のインナーテントはワンタッチで広げることができ、ポールのセッティングもワンタッチアタッチメントで簡単に設営することが可能です。

室内はゆったりしていて、フライには大きなベンチレーションが付いており、通気性が良く快適な空間になっています。

幅広い場面で活躍するコンパクトテントです。

商品名
ホールアース「ワンタッチ コンパクト ツーリングテント」
用途
ソロキャンプ・ツーリング・サイクリング
サイズ
フライシート:約(135+40)x225x115cm 、インナーテント:(約)130x220x105cm、収納時サイズ:約56×19.5×16cm
重量
約3.0kg
定員
1~2人
材質
フライシート/63D 190T PU3000mm 、インナーテント/ポリエステル+メッシュ(190T PU800mm)、ボトム/(210D PU5000mm)フレーム/ジュラルミン

ソロキャンプ用テントを選ぶ際のポイント5つ

ソロキャンプにおすすめのテントをご紹介しましたが、いざ選ぶとなると種類が多くてどれを選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ソロキャンプ用テントを選ぶ際のポイントを5つご紹介します。

1:キャンプのスタイルで選ぶ

ソロキャンプと一口に言ってもキャンプのスタイルは様々です。デイキャンプやツーリング、登山、オートキャンプなど、使う場所や目的などキャンプスタイルによって適するテントは違ってきます。

そのため使用する場所や目的などを考え、それに適したテントを選ぶようにしましょう。

2:サイズと重量をチェックする

1人で全ての荷物を持たなくてはいけないソロキャンプではテントの重さや収納時のサイズも重要なポイントです。

ツーリングや登山などであれば、できるだけ軽量でコンパクトなものが良いでしょう。しかし、重量やコンパクトさだけを気にしていると、テントを設営した時に室内が狭いと感じる場合もあるでしょう。

事前にサイズと重量をチェックしてから選ぶようにしましょう。

3:自分で設営や撤収がしやすいモデルを選ぶ

ソロキャンプの時には自分だけでテントを設営する必要があるため、1人でも簡単に設営できて撤収もしやすいテントを選びましょう。

テントには先にご紹介したポップアップ式やワンタッチ式、ワンポール式など様々なテントタイプがあります。

ソロキャンプにおすすめのテントは1人で簡単に設営できるものが多いですが、口コミを参考にしたり店員さんなどに聞いたりして選ぶと良いでしょう。

4:キャンプをするシーズンや環境に合わせて選ぶ

一般的なテントは夏に使用することを想定しているものが多く、通気性と防水性を重視する傾向にあります。そのため、夏にキャンプをするなら快適に過ごせると思いますが、春先や秋、冬など夜の気温が低い季節には不向きです。

冬や山で使用することを想定しているなら、しっかりと外気の侵入を防げる4シーズンテントが良いでしょう。また、登山などで岩の多い場所でキャンプする場合にはフロアマットが丈夫なものを選びましょう。

5:デザインや価格で選ぶ

キャンプは雰囲気を楽しむものでもあります。そのため、デザインにこだわりたい方も多いのではないでしょうか。

テントと一口に言ってもそのデザインは様々なので、自分好みのデザインを選べばモチベーションもアップし、ソロキャンプをさらに楽しむことができるでしょう。

また、価格も重要なポイントです。安くても耐久性が低ければすぐに使えなくなってしまう可能性もあるので、安さにこだわり過ぎず口コミなどを参考に機能性や耐久性に優れたコストパフォーマンスの良いテントを選ぶようにしましょう。

ソロキャンプにおすすめのテントを参考に好みのモデルを選ぼう!

ソロキャンプをするなら荷物はできるだけ少なく、軽くしたいものです。しかしコンパクトさや軽さにばかりこだわると、室内が狭く快適に過ごすことができない場合もあります。

自分がテント選びで1番重視したいのは何なのかを考え、ご紹介したソロキャンプにおすすめのテントを参考に、自分好みのモデルを探して下さい。

お気に入りのテントがあれば、ソロキャンプがより充実したものになるでしょう。

エリー

旅が好き!ドライブが好き!虫嫌いママと虫大好きな二人の息子達。息子達に助けてもらいながら、自分達らしいCAMPをしているファミリーキャンパーです。遠方のキャンプ場にも毎年新たな素敵な場所を求め旅をしています!

エリー