おすすめのランタン11選を紹介!種類と選び方のポイントも紹介

本記事ではおすすめのランタンを紹介します。ランタンにはLEDや、ガス、灯油を燃料にしたものなどがあり、それぞれに特徴が異なります。購入する時の参考になるよう、おすすめできるポイントを紹介して行きますので、お気に入りのランタンを見つけるための参考にしてください。

Chapter
ランタンの使うシーンについて
1:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)「キャンプ防災用ランタン」
2:Vantozon「LEDランタン高輝度キャンプランタン」
3:ジェントス(GENTOS)「LED ランタンEX-1300D」
4:Lighting EVER 「LEDランタンUSB充電式」
5:Beszing「LEDランタン充電式」
6:Lepro「LEDランタン電球型4個セット」
7:レッドレンザー(Ledlenser)「LEDランタンUSB充電式」
8:フュアーハンド(FEUERHAND)「ランタン276 ジンク」
9:キャリー・ザ・サン(CARRY THE SUN)「ソーラーランタン」
10:バルミューダ(BALMUDA)「ザ・ランタンL02A-BK」
11:コールマン(Coleman)「クアッドマルチパネルランタン」
おすすめのランタンの選び方5個
用途に合ったおすすめのランタンを見つけて活用しよう

ランタンの使うシーンについて

車でのアウトドアイベントとして、幅広い層でソロキャンプやオートキャンプ、ファミリーキャンプなどが人気です。 そんなキャンプの際、車中泊やテントの中、またはバーベキューや移動時など、手元や足元が見えない時に活躍するのが「ランタン」です。上記の他にも、ランタンは災害や停電の時にも役立ち、幅広く使える便利なアイテムです。

ランタンの種類3つ

ランタンの種類にはLED、ガス、灯油・ガソリンなどがあります。それぞれに特徴がありますので、買う前に知っておけば、より自分の用途に適したランタンを選べるでしょう。ここからは、より深くアウトドアを楽しむために、ランタンの種類3つを紹介します。

1:LED

1つ目の種類は、扱いが簡単で電池やバッテリーを使用して用いるLED(発光ダイオード)です。消費電力が低く長持ちするという特徴があるLEDは、家庭でも利用されますが、アウトドアでも活躍するアイテムです。電池か充電で使用できる簡単さがありますが、特筆すべきは火を使わないことです。テント内を照らせるのはもちろん、火事になったり火傷をしてしまったりといった心配がありません。 明るさも調整できるので、安全かつ手軽に明かりを楽しめます。

2:ガス

2つ目の種類は、ガス式のランタンです。ガス缶を燃料に使いますので、コンロを使って料理を楽しんでいる人であれば、同じ燃料を使えることも嬉しいポイントです。火を扱うので注意は必要ですが、ガラスに屈折して出る火の灯りがとても綺麗で、LEDとは違った魅力があります。 ガス缶の価格はやや高価なため、コスパの面では難しい点がありますが、アウトドアならではの雰囲気をより深く楽しめるでしょう。

3:灯油・ガソリン

3つ目の種類は、灯油・ガソリンです。灯油・ガソリン式のランタンは、LEDやガスと比べて光量がもっとも安定しています。ガソリンを燃料に使っていることから、外気の影響を受けにくい点がメリットです。使用の際は、メンテナンスが必要にはなりますが、安定した明るさは、暖かで快適な空間を楽しむための要素になっています。

おすすめのランタン11選

ここからは、おすすめのランタンを11種類紹介します。 家や車、キャンプ場など、ランタンを使うシーンをイメージして、明るさ、連続点灯時間、重量、電源、防水性能の有無などを参考に、用途に合ったランタンを探しましょう。

1:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)「キャンプ防災用ランタン」

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)「キャンプ防災用ランタン」

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)「キャンプ防災用ランタン」

¥2,780〜

1つ目は、「キャプテンスタッグ」の「キャンプ防災用ランタン」です。

灯油を燃料としていますが、使い勝手が良く、点火さえすればリングを回すだけで火力が調節できるため、初心者にも扱いやすい商品です。本体が軽くて持ちやすいのも嬉しいポイントです。キャンプでは、火を眺めているだけでも癒されますし、台風や震災時の防災グッズとしてもおすすめの商品です。

明るさ
記載なし
連続点灯時間
約14時間
重量
370g
電源
白灯油
防水性能の有無

2:Vantozon「LEDランタン高輝度キャンプランタン」

Vantozon「LEDランタン高輝度キャンプランタン」

Vantozon Vantozon「LEDランタン高輝度キャンプランタン」

¥2,000〜

2つ目は、「Vantonzon」の「LED高輝度キャンプランタン」です。

このランタンには、最新のCOB技術が採用されているため、360度の範囲を照らせます。さらに、懐中電灯としても使用できるため、見えづらい手元や足元も集中的に照らせます。 充電する際は、USBと電池のどちらも対応しているので車を利用している人におすすめです。折り畳み式になっており、SOS緊急信号などの機能も備わっています。

明るさ
記載なし
連続点灯時間
バッテリー満充電:4.5時間 電池:7.5時間 併用時間:約12時間
重量
230g
電源
単三電池×3本 USB充電式
防水性能の有無

3:ジェントス(GENTOS)「LED ランタンEX-1300D」

ジェントス(GENTOS)「LED ランタンEX-1300D」

ジェントス(GENTOS) ジェントス(GENTOS)「LED ランタンEX-1300D」

¥5,473〜

3つ目は、「ジェントス」の「LEDランタンEX-1300D」です。

1300ルーメンまで明るさを調整できるのが特徴で、暖色でも600ルーメンの明るさを維持したまま、暖かい雰囲気を楽しむことができます。その明るさから野外でのメインランタンとして定番で、オートキャンプでも活躍します。ボタンも「ON/OFF」と調光を1ボタンで簡単に操作でき、使い勝手の良さと明るさを求める人におすすめです。

明るさ
白色/1300ルーメン、昼白色/660ルーメン、暖色/600ルーメン
連続点灯時間
白色(強/7時間、弱/260時間)、昼白色(強/16時間、弱/350時間)、暖色(強/16時間、弱/350時間)、キャンドル/300時間
重量
約1.22kg(電池含む)
電源
単1形電池×4本
防水性能の有無

4:Lighting EVER 「LEDランタンUSB充電式」

Lighting EVER 「LEDランタンUSB充電式」

Lighting EVER Lighting EVER 「LEDランタンUSB充電式」

¥2,999〜

4つ目は、「Lighting Ever」の「LEDランタンUSB充電式」です。

超高輝度広配光のLEDランタンは、75W電球並みに明るく、360度の全体を広く照らすことが可能です。USB充電式のため電池交換が不要な上、スマホなどのUSB機器でも充電が可能で非常用としても使えます。 安価なこともおすすめポイントで、吊り下げて蛍光灯の役割や、登山や夜釣りから車中泊まで様々なシーンで十分活躍します。

明るさ
昼光色(700lm)、電球色(300lm)、昼白色(1000lm)、フラッシュ(1000lm)
連続点灯時間
12時間
重量
550g
電源
単三電池×3本
防水性能の有無

5:Beszing「LEDランタン充電式」

Beszing「LEDランタン充電式」

Beszing Beszing「LEDランタン充電式」

¥2,499〜

5つ目は、「Beszing」の「LEDランタン充電式」です。

光色・輝度記憶機能が搭載されていて、3色の明るさを調節できるという特徴があります。さらに、電源を切っても再度電源を入れると設定していた色と明るさになるため、その都度設定する必要がないのでとても便利です。 電源は、USB充電式の5200mAhのバッテリー内蔵でスマホやタブレットで充電可能です。また、内部には強力磁石が内蔵されており、金属面に吸着して照明できる点もおすすめです。

明るさ
記載なし
連続点灯時間
最弱輝度 255時間
重量
184g
電源
USB充電式
防水性能の有無

6:Lepro「LEDランタン電球型4個セット」

Lepro「LEDランタン電球型4個セット」

Lepro Lepro「LEDランタン電球型4個セット」

¥1,189〜

6つ目は、「Lepro」の「LEDランタン電球型4個セット」です。

電球型のこのランタンは、高輝度LEDチップを用いることで全体を明るく照らします。また、上部の頑丈なクリップフックで吊り下げれば、サブランタンとしても使用できます。 さらに、電池式になっているため、単四電池三本で連続10時間の点灯が可能です。手のひらサイズで非常にコンパクトで扱いやすいため、普段の携帯用品としてもおすすめです。

明るさ
電球色3000K、昼白色5000K、昼光色6000K
連続点灯時間
10時間
重量
55g
電源
単四電池×3本
防水性能の有無

7:レッドレンザー(Ledlenser)「LEDランタンUSB充電式」

レッドレンザー(Ledlenser)「LEDランタンUSB充電式」

レッドレンザー(Ledlenser) レッドレンザー(Ledlenser)「LEDランタンUSB充電式」

¥4,950〜

7つ目は、「Ledlenser」の「LEDランタンはUSB充電式」です。

最先端マイクロプリズムテクノロジーで、眩しさを軽減し効率的に周囲を照らせます。マグネット式のケーブルから簡単にスマホなどで充電することも可能です。また、小さなランタンなので、バイクでのキャンプツーリングでも荷物になりません。 他にも、暗闇で見つけやすい蓄光スイッチや、周囲に配慮できる赤色モードもあり、電池が選べるハイブリッドなので災害時でも頼りになります。 実用性のある機能が多い点でもおすすめです。

明るさ
300lm
連続点灯時間
ブースト:- パワー:2.2(h) ミドルパワー:7(h) ローパワー:40(h)
重量
約71g
電源
単3アルカリ電池×1本 USB充電式
防水性能の有無

8:フュアーハンド(FEUERHAND)「ランタン276 ジンク」

フュアーハンド(FEUERHAND)「ランタン276 ジンク」

フュアーハンド(FEUERHAND) フュアーハンド(FEUERHAND)「ランタン276 ジンク」

¥9,999〜

8つ目は、「FEUERHAND」の「ランタン276ジンク」です。

このランタンは、ドイツ軍で正式採用されたほどのもので、真冬での使用や強風にも耐えられるのが特徴です。100年以上変わらない落ち着いたデザインで、累計数億台の生産実績をもつ、信頼できる最強のランタンです。簡単に使用できるシンプルさが特徴で、燃料効率もよく20時間以上の点灯が可能です。

明るさ
6.3cd
連続点灯時間
20時間以上
重量
約500g
電源
灯油
防水性能の有無

9:キャリー・ザ・サン(CARRY THE SUN)「ソーラーランタン」

キャリー・ザ・サン(CARRY THE SUN)「ソーラーランタン」

キャリー・ザ・サン(CARRY THE SUN) キャリー・ザ・サン(CARRY THE SUN)「ソーラーランタン」

¥2,860〜

9つ目は、「CARRY THE SUN」の「ソーラーランタン」です。

このソーラー充電式携帯型軽量LEDライトは、暖色、白色、LED7色の灯りを選べます。また、畳むと約1cmに収納可能なため、軽くて持ち運びも簡単です。大きな特徴は、エコなソーラー充電です。充電は直射日光に当てるだけで、電池もUSBも使わないので節約・節電が可能です。 デザインもおしゃれで室内でも使えるので、インテリアとして家族、友人などへのプレゼントとしてもおすすめです。

明るさ
強/30ルーメン、弱/15ルーメン
連続点灯時間
10時間(強)、15時間(弱)
重量
57g
電源
ソーラー充電式
防水性能の有無

10:バルミューダ(BALMUDA)「ザ・ランタンL02A-BK」

バルミューダ(BALMUDA)「ザ・ランタンL02A-BK」

バルミューダ(BALMUDA) バルミューダ(BALMUDA)「ザ・ランタンL02A-BK」

¥15,180〜

10個目は、「BALMUDA」の「ザ・ランタンL02A-BK」です。

キャンドルのようにゆらめく灯りが感じられるLEDランタンで、バッテリー内蔵の充電式なので、どこでも使用可能です。ダイヤルを回すだけの操作で点灯し、明るさを好みに合わせて調整することが可能です。 ただの灯りではなく、ゆらゆらとリラックスできる雰囲気を演出してくれるので、しっとりとした空間の中でくつろぐことができます。

明るさ
約195lm
連続点灯時間
3〜50時間(最大照度〜最小照度)
重量
約630g
電源
充電式
防水性能の有無

11:コールマン(Coleman)「クアッドマルチパネルランタン」

コールマン(Coleman)「クアッドマルチパネルランタン」

コールマン(Coleman) コールマン(Coleman)「クアッドマルチパネルランタン」

¥7,978〜

11個目は、「Coleman」の「クアッドマルチパネルランタン」です。

このLEDランタンは、高性能パネルライトを4分割して持ち歩ける仕様になっています。 乾電池式で約20時間の点灯が可能で、24個のLEDを使用し約800ルーメンで照らすことができるため、明るさが際立ちます。USBポート付きでスマホやラジオの充電も可能です。 特におすすめのポイントは、マグネット式で着脱が簡単な、4分割できる小型のライトです。本体に接続しておくだけで自動充電でき、明かりを用途に応じて使い分けられます。

明るさ
8本/約800lm(High)、約200lm(Mid)、約100lm(Low)、4本/約500lm(High)、約140lm(Mid)、約60lm(Low)、パネル/約100lm(High)、約25lm(Low)、約100lm(Spot)
連続点灯時間
8本/約20時間(High)、約120時間(Mid)、約400時間(Low)、4本/約13時間(High)、約69時間(Mid)、約196時間(Low)、パネル/約3時間(High)、約14時間(Low)、約4時間(Spot)
重量
約1.2kg
電源
アルカリ単一形乾電池×4本または8本
防水性能の有無

おすすめのランタンの選び方5個

ここでは、おすすめのランタンの選び方5個を紹介します。使いやすさや安さなど、ランタンの選び方の基準は様々ですが、使うシーンをイメージして照らし合わせることで、欲しいランタンが明確になるでしょう。 これからランタンを買い求めようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

1:使用目的・明るさ

ランタンは、使用目的によって必要な明るさが変わってきます。例えば、屋外のバーベキューで使うのかテント内で使うのか、あるいは移動時に使うのかなどのシチュエーションでも変わります。「部屋の広さ」をイメージして考えた場合、目安としては、6畳で約2700Lm~3700Lm必要です。他にも、テーブルで食事をすると仮定して、1畳分で450Lmから600Lmぐらいが目安になります。また、手元や足元を照らしたい場合は、ランタンの輝度だけでなく形状も考える必要があります。

2:電源と持続時間

LEDランタンには電池式、充電式などがあり、それぞれメーカーや用途によって持続時間も異なり多種多様です。おすすめの選び方は、長時間の使用であれば電池式、短時間であれば充電式です。容量がなくなった場合、電池式は電池を替えればすぐに使えますが、充電式は充電し直す必要があります。 また、充電式はUSBからスマホなどへの充電にも使えるものが多いので、用途と持続時間を考えて選ぶ必要があります。

3:持ち運びやすさ

ランタンには様々な種類がありますが、持ち運びやすさも重要になります。 軽量でコンパクトなほど移動する時や、帰る時の片付けなどで負担になりません。旅先での負担を極力避けることで快適な時を過ごせるので、デザインだけでなく機能性も重視した選び方が重要です。

4:電球色

LEDランタンの電球色は、メーカーなどによっても異なりますが、ほとんどの商品で昼白色、電球色、自然色など色を切り替えることが可能です。 明るさだけでなく、色を変えることによって暖かい雰囲気を楽しんで、リラックスした時間を過ごせます。ただ暗闇を照らすために購入を考えるのではなく、よりアウトドアを楽しむために、雰囲気を演出する色も選択肢に入れて選びましょう。

5:防水機能

ンタンの防水や防塵について、「IP~」で表示されているものがあります。 これは防水・防塵性能を評価した世界基準の規格で、数字が大きいほど保護が強力である目安になります。ただし、使用する場所によっては、保護性能が弱いと破損や故障の可能性も考えられるので、あらかじめ用途に合った耐久性のものを選ぶ必要があります。

用途に合ったおすすめのランタンを見つけて活用しよう

ランタンは多種多様で、使用用途や状況に応じて選び方も変わり、機能性だけでなくデザインや色合いで雰囲気を作ることもできるアイテムです。 便利なLEDランタンだけでなく、暖かみを感じられるガスや灯油を燃料に使ったランタンも、お手入れをするうちに愛情が湧いてきます。 いろいろ試して、使っていく中でお気に入りの一品を見つけ出しましょう