Terra Charge India、EVタクシーフリート最適化サービスのSNM Cabs社と提携

Terra Charge India、EVタクシーフリート最適化サービスのSNM Cabs社と提携

※この記事には広告が含まれます

EV充電インフラ事業「Terra Charge」を展開するTerra Motors株式会社(本社:東京都港区、取締役会長:徳重徹 / 代表取締役社長:上田晃裕、以下「テラモーターズ」)の子会社で、インドでのEV充電インフラ事業を担うTerra Motors Charging Solution Private Limited(本社:西ベンガル州コルカタ、マネージング・ダイレクター:上田晃裕、以下「テラチャージ・インド」)は、環境に優しい交通を通じてよりクリーンなインドを目指すSNM Cabs Private Limited(本社:マハラシュトラ州プネ 以下「SNM Cabs」)と、2023年11月20日に業務提携を開始することをお知らせいたします。本提携は、インド国内で急成長するライドシェア、カーシェア、デリバリーサービスにおける様々な課題解決に向けたフリート最適化サービスを提供するSNM Cabs社専用EV充電をテラチャージ・インドが提供いたします。テラチャージ・インドとして、今後のEV充電を含む新しいモビリティ基盤の開拓の第一歩としてまいります。
  • 背景と目的

インドでは、シェアリングライド、カーシェア、デリバリーサービスは、人々の生活のライフラインとして欠かせない存在です。しかしながら、待ち時間、サージプライシング(割増料金)など、顧客の利便性、高い満足度のための均一なサービス提供が難しい現状にあります。それらを踏まえ、商用車マネジメント手段として、フリートマネジメント業者が増加傾向にあります。しかしながら、フリートマネジメントを主にガソリン車ドライバーにて推進をしていく場合、インド国内における深刻な大気汚染問題への影響が懸念されます。さらに、インド政府においては、ゼロエミッション(廃棄物をゼロにする)を目指す中、EV化推進促進による環境課題解決も大変重要です。


テラチャージ・インドとSNM Cabsの提携目的として、SNM Cabsタクシー専用充電ハブを開発することによる配車サービスの品質向上や、走行データを活用した広大なエリアの戦略的充電環境の整備を通じ、SNM Cabsドライバー、利用顧客双方の利便性向上へとつなげていきます。

  • 提携による事業展開について

ドライバー、顧客双方の利便性向上させ、EVの成長促進

SNM Cabs専用の最新EV充電インフラを整備、車両が一貫して効率的に充電にアクセスできるソリューションを提供いたします。質の高い充電サービスの提供により、走行環境を保証し、サービスダウンタイムを最小化、運行効率の向上を図り、安心して継続走行することができる環境の実現を目指します。現段階のSNM Cabs本社のあるマハラシュトラ州プネの公共EV充電器設置数は、近隣ショッピングモール内の数台のみであり、インフラとして整っていない状況です。本充電ハブは利便性の高い空港近郊に設置予定であり、空港付近は交通量が多く、SNM Cabsタクシー以外のEV利用者数も増加見込みとなるため、交通インフラの重要拠点になると予測されます。利用効率が高い場所を中心に、目標設置数は11基、収容可能台数は30台です。(順次拡大予定)


企業理念に共通する「クリーンなインド」 で持続可能な社会成長へ向け共創

SNM Cabsは伝統的なライドシェアサービスに革新をもたらすことを目指しています。地域の交通ニーズに合わせた複数の車種と、ライダーやドライバーに対する雇用機会の提供に焦点を当て、多岐にわたるサービスと積極的な雇用政策を通じて地域コミュニティに貢献しています。「環境に優しい交通を通じてよりクリーンなインドを目指す」SNM Cabs の企業理念に対し、「交通×インターネットの融合による、便利で環境にも優しい次世代のインフラの構築を目指す」テラモーターズグループとして共感いたしました。

インド市場現状として、人口年齢平均は28歳前後、そして、Z世代(13歳〜27歳)・ミレニアム世代(28歳〜40歳)が全人口の約50%を占めるインドでは、サステナビリティへの意識が高い傾向にあります。この世代が消費市場の中心で、その影響力は大きいことが特長です。そのため、フリートビジネスのEV化は、国の目標としても、持続可能な社会を望むユーザーのニーズとも合致すると考えております。世界市場の経験と日本の製造ノウハウを持つ総合EVメーカーであるテラモーターズのモビリティ網を強みとし、インドとエンドユーザーが目指す持続可能な社会の実現へ貢献してまいります。

SNM Cabs共同創業者:Sarthak Bansal(左)、ダイレクター:Mayank Gupta(中央)、Terra Motors Charging Solution マネージング・ダイレクター 上田晃裕(右)

■SNM Cabs について

SNM Cabsは、タクシー業界のフリートマネジメント(車両管理)の最適化を通じた顧客の利便性向上と環境に優しい交通を通じてよりクリーンなインドの実現を目指しています。SNM Cabsは、従来のライドヘイリングサービス(大規模配車サービス)の利用時にこれまで顧客やドライバーが直面する問題を解決を目指すソリューションです。顧客が乗車する際において「サージプライシング(運賃がリアルタイムに変動するプログラム、割増料金)」

が主流となってきましたが、SNM Cabsでは固定料金で、乗車可能といたしました。また、ドライバーは各シフト終了時に消毒・清掃を徹底し、ワンランク上の乗車経験を提供しております。SNM Cabsプラットフォームの大きな特徴として、ライダーが削減したCO2排出量を計算可能、環境への影響を測定することができます。SNM Cabsでは、Netzero world(ネット・ゼロ世界)に向け、EV車の大衆化と同時に、温室効果ガス排出量削減のための取り組みも推進してまいります。


設立:2023年

所在地:D-309、3F Gini Bellina、Porwal Road、Lohgaon、Pune-41104

URL:https://www.snmcabs.com/


■EV充電インフラ「Terra Charge」 の詳細は以下をご覧ください。

インド:https://terramotors.in/terra-charge

日本:https://terramotors.co.jp/terra-charge/


■TERRA MOTORS CHARGING SOLUTIONS Pvt Ltd 

会社名:Terra Motors India Private Limited
設立 : 2023年6月
マネージング・ダイレクター:上田 晃裕
住所:Stesalit Towers, 8th Floor,Plot – GP,Block E-2-3,

 Sector V, Kolkata – 700091
連絡先:Tel: +91-33-40908200 

Eメール:info.in@terramotoros.co.jp
事業内容:EV充電事業

URL:https://terramotors.in/terra-charge


■Terra Motors株式会社

2010年、日本で創業をして以来、EV関連事業を展開しています。2022年4月、世界的に後れを取る日本のEV化課題を解決すべく、EV充電インフラ「Terra Charge」事業をスタートしました。EVをもっと身近に感じていただける環境構築に取り組んでおります。

代表者:取締役会長 徳重徹 / 代表取締役社長 上田晃裕

設立:2010年 4月 

URL:https://terramotors.co.jp/


■Terra Motors株式会社 代表取締役社長 上田 晃裕

2008年シャープ株式会社入社。3年間の本社勤務を経て、中近東・アフリカ地域への駐在で家電事業拡大に従事。2015年3月Terra Motors株式会社に入社、営業責任者としてバングラデッシュ事業を0から10億円事業へ育て上げる。その後、アジア4ヶ国統轄本部長を経て、2019年10月に代表取締役社長に就任。インド事業には2017年に参画し、現地の3輪EVでシェアを維持している。

また、2023年10月からはインドでのEV充電インフラ事業を開始し、子会社のTerra Motors India Private Limitedにてマネージング・ダイレクターを務める。

【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

Source:
ev-charge.terra-charge.com
商品詳細