研修も可能な宿泊施設「NIPPONIA五個荘 近江商人の町」未来志向で学びと観光を融合した”着地型プログラム”を販売開始

研修も可能な宿泊施設「NIPPONIA五個荘 近江商人の町」未来志向で学びと観光を融合した”着地型プログラム”を販売開始

滋賀県東近江市と株式会社NOTE(所在地:兵庫県丹波篠山市 代表取締役:藤原岳史 以下「NOTE」)の出資により設立された「株式会社いろは(以下「いろは」)」は、東近江市五個荘金堂町の宿泊施設「NIPPONIA五個荘 近江商人の町」において、個人およびベンチャー、企業のスキルアップの場として、未来志向で学びと観光を融合した着地型プログラムを2023年4月からスタートいたします。これに伴い2月2日より予約受付を開始いたします。
・施設内のご紹介:https://nipponia-gokasho.jp


本施設は、「ビジネスをひと休みして、これからの商いを学ぶ宿。」をコンセプトにしており、日本のビジネスの礎をつくった近江商人の精神を育んだ土地である五個荘の歴史を核として、近江を代表する豪商「外村宇兵衛」の邸宅を企業向けの研修もできる宿泊施設として改修を行いました。本施設の位置する五個荘金堂町には、近江商人の歴史を映した風格ある町並みが面的に残り、国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されています。今回販売を開始するのは、150年以上受け継がれる近江商人の売り手よし・買い手よし・世間よしの「三方よし」の精神と知恵を学び、今後のワークライフに活用していく為に、座学・ガイドツアー・フィールドワークの3つを2日間で体験できるプログラムです。

学びと観光を融合した着地型プログラム概要
l   プログラム名:「三方よし」を未来からひもとく、学びと観光のプログラム
l   基本タイムテーブル(例)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
◎1日目
13:30  チェックイン
13:50  オープニングトーク
14:05  三方よしガイドツアー1:外村宇兵衛邸・庭
15:00  三方よしガイドツアー2:五個荘金堂町界隈
15:40  休憩
16:00  「三方よし」マーケティングセミナー
18:30  休憩
19:00  食事
      入浴、フリートーク(または個別ワーク)など

◎2日目
07:00  起床
07:30  大城神社参拝・散策
08:00  朝食
09:00  振り返りセッション
09:20  クロージングトーク
09:30  パッキング/フリートーク
10:00  チェックアウト
10:30  東近江市内の事例を訪ねるフィールドツアー
14:00  おつかれさまでした。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
l   料金:施設利用料80,000円+ラーニングプログラム240,000円+1人当たりサービス料22,500円+税
 ※例:4人使用時には1人当たり105,000円+税 / 10人利用時には1人当たり55,500円+税
 食事代(朝/夕)込み、交通費別途
l   定員:最大10名、最小2名から
l   予約方法 / 実施内容:詳細情報は公式ホームページをご確認ください。
 公式ホームページ:https://nipponia-gokasho.jp

着地型プログラム 3つのコンテンツ

1.近江を代表する豪商「外村宇兵衛」の邸宅で学ぶ「三方よし」マーケティングセミナー

マーケティングや地域プロモーションの専門家がリサーチの為に東近江に通い、地域の人と会い、対話し、町を歩いて実感した近江商人の叡智を、マーケティングの視点から捉え直して読み解きます。東近江の地域課題に取り組む事例も取り上げ、当事者とのセッションも交えて、観光とは異なるアプローチで地域を知ると共に「三方よし」がこれからのワークライフに有用であることを体感していただけるセミナーです。



2. 五個荘金堂町に受け継がれる近江商人の知恵を実感する「三方よし」ガイドツアー
地元ガイドと共に外村宇兵衛邸と金堂町界隈を歩き、近江商人屋敷のつくりや、船の底の材料を再利用した塀「船板塀」、公共事業としての「お助け普請」による寺社など町の至るところに潜む近江商人の知恵を学んでいただきます。長閑な田園に囲まれた立地、一続きの座敷、古民家ならではの陰影など建物が持つ非日常の空間に加え、近江商人の教えが浸みこんだ土地の特性を存分に味わえます。
主な見学先:外村宇兵衛邸・庭園、五個荘金堂町界隈、など


3.東近江市内の「三方よし」を現代で実践する企業を訪ねるフィールドツアー
地域の課題に地域で主体的に取り組む事業の拠点(例:廃食油から粉せっけん、バイオディーゼル燃料を生み出すなど資源循環型事 [人, ワイン, 男, 立つ が含まれている画像 自動的に生成された説明] 業を組み合わせた「あいとうエコプラザ菜の花館」)や、独自性の高い商品で「三方よし」を実現するものづくりの現場(例:高品位なデニム製品を販売し、長く使うための修理やカスタムサービスも提供する「FORTY NINERS」)を訪ねます。
主な訪問候補先:あいとうエコプラザ菜の花館、あいとうふくしモール、FORTY NINERS など
(ご希望に応じて当施設より市内の事業者を調整・アテンドします)

  • 体験者の声
体験したお客様からは「到着した瞬間に特別な場所だと感じた」「セミナー、ガイドツアー、フィールドワークは盛りだくさんだが一貫性があって近江商人の知恵についても地域についても理解が深まった」「建築や町並みからフィロソフィーを感じ取る体験が有意義だった」といった声をいただいています。
 
  •  研修型宿泊施設「NIPPONIA五個荘 近江商人の町
五個荘金堂エリアは「近江商人の叡智」が建築や町並みに目に見える形で引き継がれており、市内でも貴重な地域である一方で、建物の維持にかかる多額な費用や相続の問題で空き家化が進んでおり、将来的な景観の維持、引いては地域全体の暮らしの維持が課題となっています。そこで、古民家等地域資源の活用によりその土地に根付く暮らしや文化の継承を実現するNIPPONIA事業を金堂エリアでも展開し、建物、町並み、地域文化を持続させるための仕組みを構築するに至りました。

施設の利用や地域への滞在を通して文化資源についてのより深い理解を促すことで、企業に対しては新しい視点や考え方を提供し、またその体験を契機に、少しでも多くの企業が、五個荘に限らず国内の文化財の保全・活用事業、地域の持続可能性事業などに参画する動きに繋げていきたいと考えています。

 施設概要
l  施設住所:滋賀県東近江市五個荘金堂町645
l  開業:2022年9月
l  客室数:1棟貸し(最大10名まで利用可能)
l  アクセス:お車でお越しの場合 「八日市IC」より約20分、
                  電車でお越しの場合 JR東海道本線「能登川駅」下車、近江バス「金堂」下車徒歩3分

 

  •  株式会社いろは概要
l   会社名:株式会社いろは
l   設立:令和4年1月26日
l   代表取締役:藤原 岳史(株式会社NOTE)
l   資本金:1,000,000円
l   所在地:滋賀県東近江市五個荘金堂町200番地3
l   出資者:株式会社NOTE、東近江市
 
  • NIPPONIAとは
NIPPONIAは、「なつかしくて、あたらしい、日本の暮らしをつくる」という理念のもと、その土地に残る空き古民家等を店舗や宿泊施設として再生させることで地域を活性化し、それにより地域の暮らしが歴史的文化的資源とともに次世代に継承されることを目指す株式会社NOTEの事業です。2023年1月時点で国内の31地域で事業を展開しており、今後2025年度までに合計50地域まで拡大することを目指します。

NIPPONIA事業では、地域に根差した持続的なまちづくり事業を行うため、地域行政、地元企業などと連携して地域毎にその地域だけの事業主体を構築し、地域に寄り添った体制で事業に取り組むことを特徴としています。

 

【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

Source:
nipponia-gokasho.jp
商品詳細