【全国旅⾏⽀援:来年1⽉10⽇から再開】期間中「熱海梅園梅まつり&あたみ桜糸川桜祭り」が開催されます。

【全国旅⾏⽀援:来年1⽉10⽇から再開】期間中「熱海梅園梅まつり&あたみ桜糸川桜祭り」が開催されます。

観光業界を⽀援するために10⽉からスタートした「全国旅⾏⽀援」は、2022年12⽉27⽇宿泊分を対象とするクーポン
配布はこれまで⾏われていましたが、2023年1⽉10〜再開し3⽉31⽇まで延⻑。全国旅⾏⽀援期間中、熱海市内では「熱海梅園梅まつり:1月7日~3月5日」と「あたみ桜糸川桜祭り:1月7日~2月5日」が開催されます。

  • 全国旅⾏⽀援は2023年1⽉10⽇から再開、3⽉31まで延⻑
実施期間

2023年1⽉10⽇(⽕)〜2023年3⽉31⽇(⾦)

※上記期間中に予算の上限に達した場合、予約受付を終了します。

※新型コロナウイルス感染症の状況により、キャンペーンの停⽌や 中⽌等、期間を変更する場合があります。

割引率 20%(一律)
補助上限額 1名1泊あたり3,000円
クーポン券 平日2,000円・休日1,000円
※宿泊日とその翌日が共に休日(土・日・祝)の場合にはその宿泊は休日、それ以外を平日と扱います。(日帰りは土・日・祝日を休日、それ以外を平日)
対象商品 お1人1泊当たりの旅行代金が平日3,000円以上、休日2,000円以上の旅行商品(※正式発表待ち)
ご利用方法 宿泊日当日、宿泊施設にて「参加同意書兼受領確認書」を記入の上提出、併せて「身分証明書」と「ワクチン3回接種済証又は有効な陰性証明」を提示。
※その他の利用方法は「https://www.shizuokagenkitabi.jp/」をご確認ください。
  • 第79回熱海梅園梅まつり開催【1月7日~3月5日】

1886年(明治19年)に開園した熱海梅園は、毎年11月下旬~12月上旬に第一号の梅の花が開きます。樹齢百年を越える梅の古木を含め、60品種:469本(2020年11月現在)の梅が咲き誇り 早咲き→中咲き→遅咲きと、順番に開花していくので、 お祭り期間中に梅をお楽しみ頂けます。期間中は、園内には足湯や飲食出店・土産店もオープン。日によって熱海芸妓連演芸会や剣舞、大道芸、甘酒無料サービスなどのイベントを実施し、皆様のご来園をお待ちしています。

【イベント概要】

開催場所 熱海梅園
開催期間 2023年1月7日(土)~2023年3月5日(日)
開催時間 8:30-16:00(時間外は無料開放)
料金 ・熱海市内宿泊者・熱海市民・湯河原町民:100円
・団体(11名以上):200円
・一般:300円
・中学生以下:無料

 

  • 第13回あたみ桜糸川桜まつり開催【1月7日~2月5日】

早咲き「あたみ桜」の名所とされる熱海市中心街の糸川遊歩道。例年1月初めから1カ月程度、濃いピンク色の花を咲かせます。期間中はライトアップを行うほか、土日祝日には桜茶を振る舞うサービスも。

【周辺のあたみ桜】
⽷川沿い(57本)、さくらの名所散策路(87本)、梅園前市道(23本)、海浜公園(11本)、渚⼩公園(15本)、親⽔公園渚デッキ(17本)ほか、サンレモ公園、釜鳴屋平七像、梅園内、市役所花ひろば、貫⼀ホテル斜め前、伊⾖⼭国道交番前、姫の沢スポーツ広場駐⾞場前、来宮駅前など
 

  • ご宿泊は網代温泉へ


海に面し、温暖な気候と素朴な雰囲気に包まれた温泉地、海を望む露天風呂と新鮮な魚介類も魅力の網代温泉。湯量豊富で、源泉掛け流しの宿も多い網代温泉は、海鮮も有名です。期間中は、ぜひ網代温泉へお越しいただき、ごゆるりとお楽しみください。

網代温泉観光協会の宿泊施設はこちら:https://ajirospa.com/ 

【共催組織】
〇熱海市観光協会
https://www.ataminews.gr.jp
TEL:0557-85-2222
〇網代温泉観光協会
https://ajirospa.com/2023sakurafestivalitogawa/
TEL:0557-68-0136
〇株式会社サイトプラス
https://izu-navi.com/iznv_event/atami-itogawasakurafestival13/

https://izu-navi.com/iznv_event/atami-umematsuri79/
TEL:055-941-7066

商品詳細