「CES最新リポートと米国の急激なEVシフト」と題して、在米ジャーナリスト 土方 細秩子氏のセミナーを2023年1月19日(木)に開催!!

「CES最新リポートと米国の急激なEVシフト」と題して、在米ジャーナリスト 土方 細秩子氏のセミナーを2023年1月1…

────────────【SSKセミナー】───────────
■ライブ配信
■アーカイブ配信(2週間、 何度でもご都合の良い時間にご視聴可)
─────────────────────────────── 
                          
CES最新リポートと米国の急激なEVシフト
-CES・LAオートショーに見る先進各社のトレンド
-米インフラ抑制法が自動車業界に与える影響と今後の動向

<セミナー詳細>
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?spage=pt_23083

[講 師]
在米ジャーナリスト 土方 細秩子 氏

[日 時]
2023年1月19日(木) 午前10時~12時

[重点講義内容]
※実際のCESの内容によって下記は変更することがあります。
適宜最新の内容を適宜追記して参ります。

米国のインフラ抑制法は国内生産第一主義とも取られる。特にEVに関して部品、バッテリーの国内製品比率により政府による補助金に差が出るなど、海外メーカーにとっては厳しい展望だ。
一方でカリフォルニア州をはじめいくつかの州が35年からのガソリン車、ハイブリッド車の新車販売を州内で禁じるなど、EVシフトは一層進んでいる。その中で各メーカーは今後の市場をどのように捉え、準備をしているのか。
自動車メーカーにとって新車発表の場になりつつあるCES。ステランティスもLAやデトロイトオートショーではなくCESで新型EVコンセプトを発表予定している。LAオートショーやCESのポイントを押さえるとともに、それが示唆する近い将来の自動車業界を展望する。

1.インフラ抑制法のおさらい
2.LAオートショーに見る急激なEVシフト
3.CES2023でのBMW、ステランティスによる基調演説の要旨及び新しいEVコンセプト
4.カリフォルニア州の2022年の販売実績(初めてテスラが販売台数トップを記録)
5.追随するGM、フォードなどの動き
6.EVが変える産業構造 -フォックスコン、マグナがEVのシャシー提供で躍進
7.CESに見る今後のトレンド(適宜項目追加)
8.質疑応答
 


【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
 TEL: 03-5532-8850
 FAX: 03-5532-8851
 URL: https://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来26年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売・セミナーオンデマンド販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。 

商品詳細