トヨタのサステナビリティ実験 第3弾 癒し・活力アップ効果が期待できるクリスマスツリーを、SHIBUYA109で、12月19日(月)から展示開始

トヨタのサステナビリティ実験 第3弾 癒し・活力アップ効果が期待できるクリスマスツリーを、SHIBUYA109で、12…

トヨタ自動車株式会社(以下トヨタ)は、2022年12月19日(月)から23日(金)まで、SHIBUYA109店頭イベントスペースにて『トヨタのサステナビリティ実験 第3弾 「#癒しマスツリー」「#クリスマッスルツリー」』と題し、癒し・活力アップ効果が期待できる葉っぱで制作したクリスマスツリーを展示いたします。(日時・組数限定で、『Creator’s Campus』所属クリエイターによる撮影イベントも実施予定 詳細はWEBご参照:https://toyota.jp/info/sdgs/

私たちの持続可能な生活には、健全な環境はもちろん、健全な心身も必要です。トヨタは、心地よい車内や、まちづくりに寄与するため、Well-beingな空間研究に取り組んでいます。その中で、自然によって人が心身ともに良好な状態になる可能性のある空間を、Genki空間®︎と名づけ、研究を続けています。

研究結果から、「小さくて丸い葉」は「癒される」と感じる可能性があり、「大きくて広い葉」は「活力がアップする」と感じる可能性があることがわかりました。

今回、これらの研究結果を活かして制作されたクリスマスツリーを展示することで、トヨタのWell-beingな空間研究や、Genki空間®︎について、多くの方に知っていただければと考えています。

トヨタが本研究を始めたきっかけは、自然が持つと考えられている、人のWell-beingにつながる効果を科学的に研究できないかという発想からです。トヨタの未来創生センター*1と、株式会社豊田中央研究所*2で研究を続けています。現在、パソナ・パナソニック・ビジネスサービス株式会社*3と共同で実験室の中に自然を「切り取った」ような空間を作り、空間の視覚効果や、空気に含まれる微生物や化学物質シグナルが人に与える影響を研究しています。

「幸せの量産」をミッションに掲げ、自動車をつくる会社からモビリティカンパニーへの変革を進めるトヨタ。様々な領域でサステナブルな取り組みを広げています。

トヨタのサステナビリティ実験についてはこちら: https://toyota.jp/info/sdgs/plant/?padid=from_release_qr_plant

*1:未来創生センターは、2016年4月、未来につながる研究を実施する部署として設立。ロボティクス、革新インフラ技術、基盤研究などに取り組んでいます
*2:豊田中央研究所は、トヨタグループ各社の先端研究をリードし、サステナブルな社会の実現に役立てるべく、省資源、省エネルギー、環境保全、安全性の向上など幅広い分野での基礎研究を行っています 
*3:パソナ・パナソニック・ビジネスサービスは、Well-beingな空間づくりを目指し、葉っぱの形状や植物共生空間デザインが人に与える印象評価などについて、トヨタと共同研究を行っています

参考サイト(COMOREBIZ コモレビズ) https://www.pasona-pbs.co.jp/comorebiz/

参考文献:
パソナ・パナソニック ビジネスサービス「“植物と共生する空間が人間にもたらす効果”についてのトヨタ自動車株式会社との共同研究」
日本建築学会2020年度大会 発表番号40037「Well-being を目指したバイオフィリア空間の研究(その1)研究全体の概要とバイオフィリア空間実験室の作製」
日本建築学会2020年度大会 発表番号40038「Well-being を目指したバイオフィリア空間の研究(その2)植物の評価 ~植物の形状測定と官能評価~」

<関連リンク>
Genki空間®研究の取り組み(前編) https://www.toyota.co.jp/jpn/tech/partner_robot/news/20201222_01.html
Genki空間®研究の取り組み(後編) https://www.toyota.co.jp/jpn/tech/partner_robot/news/20210331_01.html
Genki空間®研究の取り組み(空気質の人への効果について)https://www.toyota.co.jp/jpn/tech/partner_robot/news/202203_05.html

Source:
toyota.jp
商品詳細