ロゴスコーポレーションが企業版ふるさと納税として、京都府城陽市の「公共施設トイレ洋式化等環境整備事業」に対し1,000万円を寄附いたしました

ロゴスコーポレーションが企業版ふるさと納税として、京都府城陽市の「公共施設トイレ洋式化等環境整備事業」に対し1,000…

アウトドアブランドのLOGOSを中心に展開する株式会社ロゴスコーポレーション(本社:大阪市住之江区、代表取締役社長:柴田茂樹)は、企業版ふるさと納税として、京都府城陽市の「公共施設トイレ洋式化等環境整備事業」に対し1,000万円を寄附いたしました。


企業版ふるさと納税とは、地方公共団体が行う地方創生の取組に対する企業の寄附について、法人関係税を税額控除する制度です。


弊社はこの制度を活用し、弊社が指定管理する総合運動公園レクリエーションゾーンの総合アウトドアレジャー施設「LOGOS LAND」が所在する京都府城陽市へ、企業版ふるさと納税として、城陽市の「公共施設トイレ洋式化等環境整備事業」に対し1,000万円を寄附いたしました。

寄附に伴い、2022年12月9日(金)に城陽市役所にて寄附受納式を執り行い、奥田敏晴市長、弊社代表取締役社長柴田茂樹が出席いたしました。また、奥田市長より、感謝状を拝受いたしました。

弊社はアウトドアを基軸とした新たな取り組みとして、地方創生をはじめとする地域の課題解決に取り組むことで、地域活力の創出に寄与すること等を目的とし、現在8つの自治体と協定を締結しております。また、医療・救急従事者向け使い切りディスポガウンの無償提供や、阪神淡路大震災、東日本大震災、熊本地震等の災害時に被災地への救援物資の無償提供等を通して、地域社会へ貢献してまいりました。​
今後も、地域とのさらなる共生を目指して、地域社会の発展につながる貢献活動を継続してまいります。

 
  • 企業版ふるさと納税とは
国が認定した地域再生計画に掲げている事業に企業が寄附を行った場合、法人事業税・法人住民税・法人税から税額控除する仕組みです。
地方創生の更なる充実・強化に向け、地方への資金の流れを飛躍的に高める観点から、令和2年度に税額控除割合の引上げや手続の簡素化等、大幅に見直しされました。これにより損金算入による軽減効果(寄付額の約3割)と合わせ、最大で寄附額の約9割が軽減され、実質的な企業負担が約1割にまで圧縮され、より使いやすい仕組みとなりました。
【 城陽市 企業版ふるさと納税を活用した寄附の募集について 】https://www.city.joyo.kyoto.jp/0000006179.html
 
  • 寄附の背景
弊社はアウトドアや自然体験の活用を通じて地方創生の推進をはじめとし、災害時の支援等、地域とのさらなる共生を目指して、地域社会の発展につながる貢献活動を行なっております。その中で、企業版ふるさと納税の制度を活用することにいたしました。
弊社が指定管理する総合運動公園レクリエーションゾーンの総合アウトドアレジャー施設「LOGOS LAND」が所在する繋がりから、京都府城陽市へ寄附を行う運びとなりました。寄附金は、城陽市の公共施設トイレ洋式化等環境整備の事業費として活用いただく予定です。
 
  • コメント

城陽市 奥田敏晴 市長

このたびは、公共施設トイレ洋式化等環境整備事業に対する企業版ふるさと納税のご寄附をいただき誠にありがとうございます。
株式会社ロゴスコーポレーション様におかれましては、総合運動公園のレクリエーションゾーン、通称ロゴスランドの指定管理者として、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受ける厳しい状況においても、創意工夫を凝らしながら、施設の管理運営を行っていただいていることに感謝申し上げます。
本市の公共施設におけるトイレの洋式化及び温水洗浄便座への更新は、順次取り組んでいるところでございますが、厳しい財政状況もあり、着手できていない箇所もございます。
このたび、株式会社ロゴスコーポレーション様からいただいたご寄附は、利用者からの声も多い、文化パルク城陽及び総合運動公園のトイレ洋式化及び温水洗浄便座への更新等の環境整備に活用させていただきます。
今回の環境整備を行うことによりまして、より利用しやすい施設となりますことを大いに期待いたしております。

株式会社ロゴスコーポレーション 代表取締役社長 柴田茂樹
このたび、弊社は企業版ふるさと納税を活用し、城陽市の公共施設トイレ洋式化党環境整備事業に寄附することにいたしました。
弊社が指定管理しているLOGOS LANDは、メディア露出も多く、関西で「わざわざ行きたい公園」としてランキングされるなど認知も向上し、週末など大変賑わっております。
弊社は城陽市様と共に取り組み、ブランドの思いを実現できて本当に良かったと感謝しております。
本件は弊社の社会貢献事業の一環です。城陽市様へ感謝を込めて市民の皆様に使いやすい公共トイレの整備事業に役立てていただけることを幸せに思っております。
LOGOS LANDをさらにブラッシュアップさせようとスタッフ一同張り切っております。
市民の皆様、これからもLOGOS LANDをよろしくお願いいたします。

 

 
  • LOGOS LAND(ロゴスランド)


住所:〒610-0121 京都府城陽市寺田大川原24-4

マップ:https://maps.app.goo.gl/qX2YoDQZJSRKnQJQ7?g_st=ic

【 LOGOS LAND 】
「外で、食べて、遊んで、泊まる。」をコンセプトに、京都府城陽市とLOGOSのコラボによりはじまったLOGOS LAND。第1期ではホテルでキャンプ体験が話題となり、第2期ではテント部屋の拡張をはじめ、最大約約200名が利用できる「BBQスタジアム」や、京都初の直営店「ロゴスショップ」がOPENしました。

【 電車・バスのアクセス 】
JR奈良線・城陽駅前、または近鉄京都戦・寺田駅前から路線バスに乗車し、プライムイン城陽停留所で下車。

【 車でのアクセス 】
国道24号線バイパスを京奈和自動車方面へ進み、京奈和自動車道入口より、国道24号線にて運動公園を東へ。

【 公式HP 】 https://logosland.jp

【 公式SNS 】
・Facebook アカウント : Logos Land
・Twitter アカウント : @logos_land
・Instagram アカウント : @logos_land
 


【 株式会社ロゴスコーポレーション 】
1928年創業の株式会社ロゴスコーポレーションは、アウトドアブランド LOGOS(ロゴス)を中心として、ワークに特化した作業着ブランド LIPNER(リプナー)を含む製品の企画・製造・販売を展開しています。2018年にオープンした「LOGOS LAND」は京都府城陽市、2022年にオープンした「LOGOS PARK」は高知県須崎市とのコラボレーションによるテーマパークであり、従来の直営店にカフェを併設した「LOGOS SHOP & CAFE」、独自の空間プロデュース業である「LOGOS SHOP & HIROBA」など、新規事業にも挑戦中です。
コーポレートサイト:https://www.logos-co.com

【 アウトドアブランド LOGOS 】
LOGOSは家族が楽しめるキャンプやBBQの製品やウエアを展開・発信する総合アウトドアブランドです。「海辺5メートルから標高800メートルまで」をブランドポリシーとして、大人から子供まで家族みんなが気軽に自然と触れ合える大切な時間を演出し、「Enjoy Outing!」を合言葉に屋外と人を繋ぐ第一ブランドを目指します。
ブランドサイト:https://www.logos-co.com

■プレスリリース一覧をご覧いただけます
https://www.logos.ne.jp/news-list

■製品カタログはこちらからご覧ください
https://www.logos.ne.jp/catalog

■全国ロゴス店舗リスト
https://www.logos.ne.jp/shop
※合計84店舗(2022年12月現在)

■アウトドアブランド LOGOS
LOGOS公式アプリ ios版    https://goo.gl/qoFSxL
                   Android版    https://goo.gl/qupA9f
アウトドアのLOGOS         http://www.logos.ne.jp
                                      https://www.logos.ne.jp/global(グローバルページ)
全国キャンプ場空き情報     http://www.campjo.com
LOGOS公式チャンネル      https://www.youtube.com/user/outdoorlogos

■画像データの取扱いに関するお願い
掲載をご希望される場合は、お手数ですが必ず事前のご連絡をお願いいたします。

Source:
www.logos.ne.jp
商品詳細