DMC デロリアンが復活!?最新情報をお届け!

バック・トゥ・ザ・フューチャー

世界最高峰の自動車の祭典である第71回ペブルビーチ・コンクール・デレガンスにて、新型「デロリアン」の実車がDMC(デロリアンモーターカンパニー)によって初公開されました。

以前から、登場が示唆されてきた新型デロリアンですが、長い年月を超え遂に「DeLorean Alpha5(デロリアン・アルファファイブ)」となって復活を果たしたのです。

Chapter
40年の時を経て復活!新型デロリアンとは何なのか?

40年の時を経て復活!新型デロリアンとは何なのか?

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズにタイムマシンとして登場したことによって、その名を世界的に広めることになった「デロリアン」。実際に名前を聞くと、この映画を思い浮かべる人も少なくないはずです。

新型デロリアンは、先代であるDMC-12とDMC-24のDNAにインスパイアされて作られており、流線型のライン、大きなホイール、スリムなライト、デロリアンの象徴であるガルウィングドアなどの特徴は残しながらも、ガソリンではなくEV車として生まれ変わっており、各所により未来的なアプローチが施されているのがわかります。

実際に、DMCのCEOであるヨースト・デ・フリース氏は「過去と未来のギャップを埋めることをゴールに、DMC-12の延長線上に、その時代のアイコンとなる車を制作し、Alpha5をはじめとする次世代の車を作り上げた」と言っており、今回の祭典では新型デロリアンの他に、3台のコンセプトカーを展示したようです。

前述したように、新型デロリアンはEV車となっており、バッテリーは100kWh以上、航続距離は300マイル(約480km/h)以上と公表されています。

加えて、駆動方式は全輪駆動、2.99秒で時速60マイル(約100km/h)を達成し、予想最高速度は時速155マイル(約250km/h)に達するとされています。
ちなみに、映画で時空を飛びこえる速度は「88マイル」の様です!

現時点では、日本での発売についてや価格については明かされていないものの、販売時期は、2024年と予定されています。世界中のファンから注目を浴びている新型デロリアン。時空をも超えるその加速を、一度は味わってみたいものです。

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道