東京モーターショー開幕の直前に発売開始!コペンGRスポーツ

東京モーターショーの開幕の直前となる10月15日に発売開始となったのが「コペン GRスポーツ」だ。名称の通りにトヨタの「TOYOTA GAZOO Racing」の知見を共有化して、ダイハツが開発を行ったモデルだ。エクステリアだけでなく、サスペンションやボディ補強、空力パーツなどが加えられ、走り味も「GRスポーツ」の名に恥じないものになっているという。

文・鈴木 ケンイチ/写真・宮越 孝政

Chapter
デザイン
走行性能

デザイン

2019 TMS GRコペン

デザイン面ではトヨタのGRスポーツにも採用される「Functional MATRIX」グリル、専用BBS鍛造ホイールが採用され、室内には専用のピアノブラック調加飾ドアグリップとセンタークラスター、専用レカロシート、モモ製革巻ステアリングホイール、自発光式3眼メーターなどが装備されている。

走行性能

2019 TMS GRコペン

走行性能面では、アンダーボディーに補強材を追加するだけでなく、サスペンションも最適化され、床下スパッツなどの空力アイテムも追加されている。

2019 TMS GRコペン

会場での説明員によると「大人の走り味で、動きがしなやか。乗り心地が良くなっている。空力が効くので、高速での直進性や接地性が高まっている」とのことだ。

2019 TMS GRコペン

全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,280mm

最高出力:47kW(64PS)/6,400rpm

最大トルク:92Nm(9.4kgfm)/3,200rpm

燃費:【CVT】19.2km/L【5MT】18.6km/L (WLTCモード燃費)

2019 TMS GRコペン

鈴木ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木ケンイチ