ポルシェ タイカンの発売に合わせて150kW急速充電器を国内に設置

ポルシェ タイカン

EVスーパースポーツの皮切り的な存在になるポルシェ タイカン。インフラも同時に整備し、スタートをより盤石にしています。

Chapter
「タイカン」の日本導入に向けたインフラの概要を発表
タイカンのテストは最終段階に
チャデモ対応急速充電器を導入

「タイカン」の日本導入に向けたインフラの概要を発表

ポルシェジャパンは、EVスポーツモデル「タイカン」の日本導入に向けたインフラの概要を発表しました。タイカンは2019年9月初旬にワールドプレミア、2020年の日本販売開始を予定。インフラの整備にあたっては、日本初となる大電力の急速充電器を全国に整備します。

ポルシェがフルEVのスポーツモデル「タイカン」の開発と発売を発表したのは2018年6月。詳細はまだ未公表ですが、2基のモーターを搭載し、パッケージ全体の出力は600psを発生。0-100km/h加速は3.5秒以下を実現しています。EVで一番の課題でもある後続距離については500km以上となり、速さも実用性も兼ね備えた次世代スポーツEVとなることは間違いありません。

タイカンのテストは最終段階に

今回の発表でポルシェは、タイカンのテストが最終段階に入ったことも発表。スカンジナビアや南アフリカといった極限の気候下で、走行性能はもちろんバッテリーの充電テストも実施。ポルシェの内燃エンジン車と同様の厳格なプログラムが行われています。タイカンのテストの主な項目は以下の通りです。

・総走行距離…約600万km(うち200万kmは耐久走行試験)
・実施国…米国、中国、アラブ首長国連邦(UAE)、フィンランドを含む世界30ヶ国
・気候…マイナス35度~50度
・湿度…20%~100%
・標高…海面下85m~海抜3,000m
・充電サイクル…10万回以上(世界中の様々な充電技術を使用)
・開発チーム…約1,000名(テストドライバー、エンジニアなど)

<次のページに続く>
次ページ
チャデモ対応急速充電器を導入