トヨタ、全販売店全車種併売化を2020年5月に前倒しへ

昨年11月の全店舗全車種併売化の公表時点では、2022年~25年を目途に行うとしていました。

Chapter
2020年5月から全店で全車種の購入が可能に

2020年5月から全店で全車種の購入が可能に

トヨタ

トヨタは、世の中の変革スピード、CASE(Connected:コネクティッド、Autonomous:自動化、Shared&Service:シェアリング、Electric:電動化)の進展による市場や時代の変化が加速する中で、国内6,000店舗の最大活用とネットワークの変革を一層スピードアップする必要があると判断。2022年~25年を目途に行うとしていた全車種併売化の予定を来春、2020年5月に前倒しすると発表しました。

トヨタは2018年11月、100年に一度と言われるモビリティ革命を見据え、より地域に根差した新たなモビリティサービスを提供できる販売ネットワークの変革に取り組むことを公表。これまで、「トヨペット店」や「カローラ店」など、系列販売店ごとに客層を絞り込み販売していましたが、これにより2020年5月から全店で全車種の購入が可能になるとのことです。

併せて、シェアリング事業についても、利便性向上に向けて、車両販売店のみではなくレンタリース店にも適用を拡大。実施にあたっては、全国一律ではなく、地域毎に最適なネットワーク構築を進めるとしています。