レクサスの中核SUV「RX」がよりドライバーに優しいクルマに

通勤、買い物、アウトドアといった多彩な使い方に対応できるオールインワンSUVです。

Chapter
レクサス SUVモデル「RX」を改良
走行性能

レクサス SUVモデル「RX」を改良

レクサス RX

レクサスは、SUVの「RX」を改良し、8月下旬に日本で発売します。

RXは、レクサスのSUVの中核モデルです。レクサスとしてのプレミアム性はもちろん、3列シートを設定できる広い室内空間、それによる利便性、SUVとしての走破性がバランスよく備わり好評を博しています。

今回の改良では、走行性能、エクステリア(外装)とインテリア(内装)、そして運転支援機能の見直しを大幅に行いました。

エクステリア

レクサス RX

(写真は海外仕様車)

レクサス RX

(写真は海外仕様車)

デザイン面については、L字をモチーフとしたブロックメッシュパターンのスピンドルグリルを採用。加えてヘッドライトの小型化やリヤコンビネーションランプのモチーフの変更を行いました。その他にもフロントバンパーからドアサイドまでのキャラクターライン、水平を基調としたマフラーとアンダーガードなど様々な箇所を改良。力強さとシャープな印象に磨きをかけました。

インテリア

レクサス RX

インテリアは、ナビ画面をタッチパネル化しUSBソケット増設、そしてスマホの収納箇所を追加し、タッチパッド式のリモートタッチを採用しました。さらに2列目シートは従来型のベンチシートに加えキャプテンシートの設定も追加。3列目シートを改良し、足元の空間を優先/ラゲッジスペース優先の2種類のシートポジションから選択可能になるなど、日常使用に大きく関わる機能を強化しました。

走行性能

レクサス RX

また走行面では、スポット溶接の打点を増すとともに、構造用接着剤の接着長も拡大させることでボディ剛性を向上させました。さらにサスペンションはハブベアリングとスタビライザーの剛性向上、フリクション・コントロール・デバイスを追加したショックアブソーバーの採用、カーブ走行中のアンダーステアを抑制するアクティブ・コーナリング・アシスト機能の装備などにより、高い操縦安定性と乗り心地の良さを実現。女性ユーザーにも運転のしやすいSUVとなりました。

ブレードスキャン式AHS

レクサス RX

安全運転機能も強化しています。ヘッドライトには世界初のブレードスキャン式AHS(アダプティブハイビームシステム)を採用。ブレードスキャン式AHSとは、光源のLEDの光を高速回転するブレードミラーに照射し、その反射光がレンズを介して高速移動しながら前方を照らすというシステムです。

これによりハイビーム時でも対向車にまぶしさを与えることなく広い照射範囲を保持でき、歩行者や標識の発見がしやすくなるという機能となっています。

加えて単眼カメラとミリ波レーダーによる昼間・夜間の歩行者検知、標識を読み取ってメーターとヘッド・アップ・ディスプレイに表示するロードサインアシスト、前車に追従するレーダークルーズコントロールの採用で、運転時の安全性と快適性を高めました。

レクサス RX

新型RXは、外面だけではなく内面にも大幅に改良することにより、より多様なドライバーに優しいクルマになりました。レクサスのSUVのスタンダードが大幅に進化したことにより、今後登場するであろうSUVへの期待度も上がります。