ベスパのフラッグシップ「GTS」が、より旅性能を強化

原付二種感覚のボディで高速道路走行可能な「150」とより余裕おある走りの「300」を用意。

Chapter
2019年モデルを発売
GTS Super 150
GTS 300 Touring

2019年モデルを発売

ピアッジオグループジャパンは、スクーターブランド「ベスパ」の「GTSシリーズ」の2019年モデルを発売しました。ラインナップは「GTS Super 150」(税込み55万800円)と「GTS 300 Touring」(71万2,800円)の2機種。

ピアッジオ ベスパ GTS

ベスパは、イタリアの老舗スクーターブランド。クルマで言えば「MINI」や「FIAT 500」のような存在と言え、クラシカルかつファッション性の高いスクーターモデルを展開しています。中でもGTSはベスパのフラッグシップで、パワフルなエンジンの採用に加え快適なツーリング性を追求したモデルです。

2019年型は、まず150モデルを刷新。最新版となる「GTS Super 150」は、フロントライトとリアライトをLED化し、視認性と被視認性を向上。新デザインのホイールやホーンカバーを採用するなど細部のディテールもブラッシュアップし、より現代的な印象を高めています。

さらに機能性としては、USBポートが装備されているため、スマホを充電しながらの運転が可能。たとえナビアプリなどを愛用しても、電池の減りを気にしなくていいのはありがたいですね。

GTS Super 150

ピアッジオ ベスパ GTS Super 150

ボディカラーはイノチェンツァホワイト(白)、パッショーネレッド(赤)、バルカンブラック(黒)に加えて、新色としてサンイエロー(黄)を追加した4色を用意。ビビッドなカラーがファッショナブルで、女性ライダーもとっつきやすいのではないでしょうか。

ピアッジオ ベスパ GTS Super 150

ちなみに搭載されるエンジンは、水冷155cc水冷単気筒エンジンで、最高出力14.4hp/8,250rpm、最大トルク13.5Nmを発生。街乗りはもちろんツーリングにも対応できる性能を持つ他、アイドリングストップも装備しているため、無駄なガソリンの消費を抑えることができます。

そして今回新たに追加となったのが「GTS 300 Touring」。GTS Super 150とほぼ変わらない大きさのボディに、278cc水冷単気筒エンジン(最高出力22hp/7,750rpm、最大トルク22Nm/5,000rpm)と搭載しており、コンパクトながら、より余裕のある走りを楽しめます。

ピアッジオ ベスパ GTS Super 150

GTS 300 Touring

ピアッジオ ベスパ GTS 300 Touring

車名のとおり、ツーリング性能を高めるパーツを装備。GTSのスタイリングはそのまま、防風性能を高めるショートスクリーンや積載性を高めるリアキャリアを装備。ツーリングの機能性はもちろん、より旅に行きたくなるようなスタイリングも演出。

ピアッジオ ベスパ GTS 300 Touring

シートも専用の表皮を使用しています。ボディカラーのアビオブルー(青)とエレガンツァベージュ(ベージュ)は、落ち着いた大人の印象を受けます。

ピアッジオ ベスパ GTS 300 Touring

機能性としては、USBポートも装備されているため、旅先でのスマホの電池切れの心配もいりません。さらに安全機能として、ABSとトラクションコントロールも装備。何があるかわからない旅先で、より安心して運転をすることができます。

無題

ベスパのフラッグシップとして魅力を高めたGTSシリーズは、シティユースを含めたバイクライフをより彩るモデルに違いないことでしょう。