MotoGP日本GPチケットが6月1日より発売…意外に行きやすい日本GPの魅力とは

2019 MotoGP

2019年のMotoGPの日本グランプリは10月18日(金)から10月20日(日)まで開催されます。開催サーキットは栃木県茂木町の「ツインリンクもてぎ」(以下、もてぎ)。その開催概要やアクセス方法などをご紹介します。

Chapter
MotoGPとは
参戦しているメーカー
今年のテーマは「フェス」
チケットについて
会場へのアクセスについて

MotoGPとは

MotoGPは、世界最高峰のバイクレースです。クルマのレースで有名なF1のバイクバージョンだと考えると、知らない方でもイメージがつきやすいのではないでしょうか。

MotoGPは、世界各国の主要サーキットを転戦しており、2019年は全19戦を開催予定。そのうちの日本ラウンドとなる「MOTUL日本グランプリ」は第16戦目で、シーズン終盤に開催します。そのため、選手のチャンピオンシップがかかる重要レースとなることも注目。過去には、マルク・マルケス選手(レプソルホンダチーム)が、この日本グランプリの会場で年間チャンピオンに輝いています。

参戦しているメーカー

MotoGPに参戦しているメーカーは、ホンダ、ヤマハ、スズキなど日本メーカー勢が多数でしかも優勢。そのため、日本グランプリは主要メーカーのホームグランプリとも言えるレースとなり、会場のもてぎは毎年すごい盛り上がりを見せます。

<次のページに続く>
次ページ
今年のテーマは「フェス」