三菱自動車がパジェロの特別仕様車「FINAL EDITION」を発売

販売台数700台限定の特別仕様車「FINAL EDITION」を4月24日から販売を開始しました。

Chapter
ダカールラリーで優勝経験もある三菱自動車「パジェロ」

ダカールラリーで優勝経験もある三菱自動車「パジェロ」

三菱 パジェロ ファイナルエディション

三菱自動車は、オールラウンドSUVのパジェロに、販売台数700台限定の特別仕様車「FINAL EDITION」を設定し、メーカー希望小売価格は税込453万600円で4月24日から販売を開始。現行モデルの国内販売向けのパジェロは、2019年8月をもって生産を終了します。

パジェロは1982年に発売を開始し、オフロードにおける高い悪路走破性と、都会的雰囲気を兼ね備えた乗用車感覚の本格オフロード4WD車として人気を獲得しました。

1991年には2代目にモデルチェンジし、フルタイムとパートタイムの両方式の長所をあわせ持つ世界初のスーパーセレクト4WDを採用。悪路走破性とラグジュアリー性を高め、日本のRVブームを牽引しました。

1999年には3代目にモデルチェンジし、ラダーフレーム構造からビルトインフレーム構造のモノコックボディとなったことで、高い悪路走破性に加え、優れた操縦安定性と乗り心地を両立しました。

2006年より現行モデルとなり、従来から定評のあったスーパーセレクト4WD-IIに加え、新たにアクティブスタビリティ&トラクションコントロールなどを採用し、さらにその走りに磨きをかけてきました。

また、発売翌年の1983年から、世界一過酷なラリーといわれるダカールラリーに参戦し、7大会連続を含む通算12回の総合優勝に輝きました。

今回、国内向けの生産は終了しますが、パジェロブランドには、海外専用車種として70ヶ国以上で販売している本格オフロードSUV「パジェロスポーツ」や海外販売向けのパジェロは販売を継続するとしています。