スバルが新型アウトバックを世界初公開

スバルは2019年4月18日、新型アウトバックを発表しました。

Chapter
6代目のスバル アウトバック
エクステリア(外装)
インテリア(内装)
高い燃費性能と走行性能

6代目のスバル アウトバック

スバル アウトバック Onyx Edition XT

スバルは米国ニューヨークにて開催したニューヨークモーターショーにおいて、新型アウトバックを世界初公開しました。

アウトバックは1995年の初代発売以来、乗用車とSUVの長所を融合させたクロスオーバーSUVとしてその歴史を積み重ね、今回のフルモデルチェンジで6代目となります。

エクステリア(外装)

スバル アウトバックツーリング 6代目

細くシャープなメッキフレームに、しっかりとした太さのバーを組み合わせたワイドなフロントグリルを装着し、縦型3連LEDフォグランプをフロントフェイスに採用しており、堂々とした風格と力強さを主張しています。サイドはシルエットとウィンドウグラフィックがスピード感を表現。パネルの厚み感や大きく張り出したフェンダーが力強さを印象づけてます。ピーク位置を上げたリアゲートはボディの厚みを強調。拡大されたトレッドとリアゲート開口部により、ワイド感とスタンスの良さが表現されています。

骨格を組み立ててからアウターパネルを溶接するフルインナーフレーム構造で、ボディの高剛性化と軽量化を両立。さらに車体剛性を最適化するSUBARU GLOBAL PLATFORM(SGP)と組み合わせることで、歴代モデルで定評のある動的質感をさらに向上させています。

足回りは地上高220mmを維持しながらも、アルミ製ロアアームの採用等で軽量化し、新設計ダンパーの組み合わせによりハンドリングと乗り心地を向上させています。

インテリア(内装)

スバル アウトバック 6代目

インテリアは、従来型比で伸長した全長を後席と荷室に割り当て、後席空間や荷室スペースをさらに拡大。またフロントガラスとフロントドアガラスを広げることでクラストップレベルの視界を確保し、すべての乗員が快適に過ごせる室内空間を実現しています。

インパネ中央に据えられたインフォテインメントシステムは、11.6インチFull HD縦型ディスプレイを備えた最新型です。そこに大画面に集約した様々な情報をスマートフォン感覚で使えるHMI(Human Machine Interface)を実装。緊急通報など従来からの安全機能に加え、Wi-Fi hotspotやリモートエンジンスタートなどの機能で利便性が充実したテレマティクスサービスが提供されます。

高い燃費性能と走行性能

スバル アウトバック 6代目

エンジンには低回転域から力強いトルクを発生する新型2.4L水平対向4気筒直噴ターボエンジンと、直噴化により効率を高めた2.5L水平対向4気筒エンジンの2種類が用意されました。トランスミッションに採用されたリニアトロニックは、変速比幅の更なるワイドレンジ化とともに油圧システムを刷新することで駆動力の伝達効率を向上させ、高い燃費性能と走行性能を両立しています。

運転支援システム「アイサイト」には、米国仕様では初めてとなる車線中央維持制御・先行車追従操舵制御を追加。安全運転を支援するドライバーモニタリングシステムも組み合わせることで、さらに安心感を高めています。

また全車に、あらゆる路面状況でも安定した走りを実現するスバル独自の全輪駆動システム「シンメトリカルAWD」を採用しました。さらに、エンジンや4輪の駆動力、ブレーキなどを最適に統合制御するX-MODEを搭載することで、悪路走破性を高めています。

新グレード「Onyx Edition XT」

今回追加された新グレード「Onyx Edition XT」では、専用の内外装を用意。使用シーンに応じて「SNOW・DIRT」と「D.SNOW・MUD」の2つのモードを切り替えられる新型のX-MODEを採用。アクティブでタフな使い方をサポートしています。