マツダ、新型ボンゴブローニイバンを発表

ボンゴブローニイバンの新型を全国のマツダ販売店を通じて5月13日に発売

Chapter
新型ボンゴブローニイバンは全車サポカーに該当

新型ボンゴブローニイバンは全車サポカーに該当

マツダ ボンゴブローニイバンGL(2WD車)

新型ボンゴブローニイバンGL(2WD車)

マツダは、新型のボンゴブローニイバンを発表しました。ボンゴブローニイバンは、毎日の安全・効率的なビジネスを支援する小型商用バンです。

前方の車両や歩行者を検知して衝突回避または被害軽減に貢献する「プリクラッシュセーフティシステム」など、先進の安全技術を全車標準装備。経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進するサポカー(安全運転サポート車)に全車が該当しています。

また、横滑り防止装置の「ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム(DSC)」や、坂道での発進時に車両のずり落ちを緩和する「ヒルスタートアシストコントロール」など、安全運転を支援する機能も全車に標準装備となりました。

さらに、全車のフロントブレーキにベンチレーテッドディスクを標準装備することで、安定した制動力とコントロール性を両立しています。

全車エコカー減税の対象に

エンジンは2種類が設定されており、2.0Lのガソリンエンジンは10.4㎞/L、2.8Lのクリーンディーゼルエンジンは12.0㎞/Lの燃費を共にJC08モードで実現。全車で新車登録時のエコカー減税の対象になるなど、すぐれた環境性能を達成しています。

新型ボンゴブローニイバンは、全国のマツダ販売店を通じて5月13日から発売されています。