トヨタ スープラのモデルチェンジは2027年を予定!?【随時更新】

トヨタ スープラ 2019

トヨタ スープラがモデルチェンジするという噂をキャッチしました。

こちらの記事では最新情報を随時更新し、みなさまにトヨタ スープラのモデルチェンジの時期についてお伝えしていきたいと思います。

Chapter
トヨタ スープラのモデルチェンジは2027年が濃厚

トヨタ スープラのモデルチェンジは2027年が濃厚

トヨタ スープラは、トヨタが製造・販売している上級スポーツカーです。BMW社との包括提携による初の商品であり、どの世代でも直列6気筒エンジンを積んだFR(後輪駆動)車であったことは共通しています。ラインアップには、B58型 3L 直列6気筒エンジンを搭載する「RZ」、B48型 2L 直列4気筒エンジンを搭載する「SZ‐R」、「SZ」が用意され、トランスミッションは8速スポーツATが組み合わされています。

エクステリアは、スポーツカーとしてのパッケージ・レイアウトが持つ特長を十分に活かす、TOYOTAスポーツのフラッグシップモデルにふさわしいスポーツスタイルが提案されています。安全装備には、「プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)」や、「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」などの先進予防安全技術が全車に標準装備されています。そんな トヨタ スープラですが、日本に初上陸したのは1986年で、前回のフルモデルチェンジは2019年に行われました。

次回のフルモデルチェンジは2027年頃と予想されています。

過去情報

トヨタは2019年5月17日、フルモデルチェンジをした新型スープラを発売しました。BMW社との包括提携による初の車種であり、オーストリアにて生産されています。

アルミとスチールを用いた骨格構造により、軽量化とボディ剛性を同時に強化、走行性能の土台となるボディのねじれ、微細な変動を抑え込み、サスペンションやドライブトレーンの性能を最大限に引き出しています。

また、スープラの代名詞と言える直6エンジン継承しつつ、さらに研ぎ澄ませた直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載しています。

ミリ単位でラインを狙えるハンドリング、オンザレール感覚のコーナリング、最大トルク500N・mの強大なパワーユニットなど、快適な走行を実現するための技術が新型スープラには詰まっています。

商品詳細