ダイハツ ウェイクは2022年8月に生産終了【随時更新】

ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイクがモデルチェンジするという噂をキャッチしました。

こちらの記事では最新情報を随時更新し、みなさまにウェイクのモデルチェンジの時期についてお伝えします。

Chapter
ダイハツ ウェイクは2022年8月に生産終了

ダイハツ ウェイクは2022年8月に生産終了

ダイハツ ウェイクはダイハツ工業が製造。販売していた軽トールワゴンで、2014年11月に登場しました。ボディ構造にはダイハツ車に多く用いられるファン&リラックスドライブコンセプトを採用しており、スタビライザーやウレタンバンプスプリングを搭載することで安定した操作性と乗り心地を実現しています。

エクステリアではフロントバンパーのコーナーが大きく面取られており存在感あるデザインになっています。また2WD車のラゲッジルーム容量は約90Lの大容量で、デッキボードを開けると荷室とアンダートランク高さが1,485mmとなり、ゴルフバッグなどの長くてかさばるものでも立てて積載可能です。

そんなダイハツ ウェイクですが、2022年8月に生産終了となっており約8年の歴史に幕を閉じています。

過去情報

ダイハツ ウェイクは、ダイハツが製造・販売する軽トールワゴンです。もっと軽にできることの追求として「視界の良さ」、「荷室の広さ」に着目し、日常用途はもちろんレジャー用途まで多用途に使える一台となっています。

企画段階から45の使用シーンを想定し、それぞれのシーンで最適なクルマを目指して、驚きのパッケージアレンジとすることで、座って分かる見晴らしの良さ「ファインビジョン」や軽最大の室内空間「ウルトラスペース」を実現し、さらにレジャーシーンで活躍する様々な装備やオプション用品が設定されています。

汚れに強い防水の樹脂製イージーケアフロアやマルチフックなどのアウトドア・レジャーに最適な装備に加え、ドライビングサポートパックやLED室内灯も備えられています。

そんなダイハツ ウェイクですが、2014年に初登場し、フルモデルチェンジはまだ行われておらず、次回のフルモデルチェンジは2022年中旬と予想されています。

ダイハツ ウェイクは2014年に発売された軽トールワゴンであり、SUVやRVをイメージさせるエクステリア(外装)デザインから幅広い世代から人気を集めています。高いルーフと低いフロアによって広い室内空間を確保するとともに、フロントガラスをはじめとした各ドアの面積を大きく取ることで視界の良さを実現し、広さを活かした各種収納スペースの多彩さから買い物や通勤などの日常的な使い勝手はもちろんアウトドアレジャーや旅行などでも活躍できる軽自動車となっています。また、衝突回避支援ブレーキや誤発進抑制機能などが盛り込まれたをダイハツ独自の安全装備である「スマートアシストIII」がエントリーグレードの「D」を除いた全グレードに標準装備されるなど、高い安全性能を誇っています。そんなウェイクですが、2020年12月現在で登場から約6年が経過していることからも間もなくフルモデルチェンジが行われると見込まれ、次期型は2021年に登場すると見込まれています。

ダイハツ・ウェイクは2014年11月に初代が発売されました。視界の良さや荷室の広さに着目し、日常用途からレジャー用途まで様々なシチュエーションにこたえる新ジャンルの軽自動車を目指して開発されました。ダイハツ車としては初めて、ドアミラーの付け根部分とリアコンビネーションランプのレンズに空力フィンを採用し、ルーフパネルの板厚最適化や外板の樹脂化により重心よりも上の部品を軽量化することで3代目タントに比べて重心高を約10mmアップに抑えました。

さらにシェルボディの板合わせからの音漏れ防止などの侵入経路の遮断に加え、ダッシュパネル板厚アップや吸遮音材の最適配置により高い静粛性を実現しました。またクールドi-EGR、CVTサーモコントローラー、エコ発電制御などの機能を搭載することにより、NA車は平成27年度燃費基準+20%、ターボ車も平成27年度燃費基準+10%をそれぞれ達成しました。そしてダイハツ車で初めて、後席のシートベルト締め忘れ警告灯をメーター内のインジケーターに備え、全席でシートベルトの締め忘れを確認できるように改良され高い安全性を誇るようになりました。なお、2代目ウェイクは2020頃の登場が予想されます。

商品詳細