ダイハツ タントのモデルチェンジは2025年を予定!?【随時更新】

ダイハツ タント 2019

ダイハツ タントがモデルチェンジするという噂をキャッチしました。

こちらの記事では最新情報を随時更新し、みなさまにタントのモデルチェンジの時期についてお伝えします。

Chapter
ダイハツ タントのモデルチェンジは2025年が濃厚

ダイハツ タントのモデルチェンジは2025年が濃厚

ダイハツ タントは、ダイハツが生産・販売している軽トールワゴンです。ラインアップは、「L」、「L スマートアシスト非装着車」、「X」、「Xスペシャル」、ターボエンジン搭載の「Xターボ」が設定されています。また、福祉車両として、「ウェルカムターンシート」、「ウェルカムシートリフト」、「スローパー」が用意されています。「スマートアシスト」には夜間歩行者検知機能や路側逸脱警報機能が追加されており、先進の予防安全機能が搭載されています。

エクステリアは、シンプルで愛着を感じさせるアイコニックなフロントフェイスと、連続したシームレスな面で洗練された塊を表現した、包み込まれるような安心感のあるボディに、愛嬌あるフルLEDヘッドランプと、視認性を高めたLEDリヤコンビネーションランプが採用されています。そんなダイハツ タントですが、初登場は2003年で、前回のフルモデルチェンジは2019年に行われました。

次回のフルモデルチェンジは2025年と予想されています。

過去情報

ダイハツは2019年7月9日、タントをフルモデルチェンジし、同日販売を開始しました。4代目となる新型タントは、「新時代のライフパートナー」をキーワードに、使い勝手の良さがさらに向上したほか、多くの先進・安全装備を取り入れました。タントならではの「ミラクルオープンドア」を踏襲し、グレードに応じて運転席を最大540mmスライド可能にしました。これにより前席から後席への移動が容易になっています。また、予防安全機能「次世代スマートアシスト」を採用し、ステアリング操作で車線のはみ出しを回避する「車線逸脱抑制制御機能」や対向車を検知するとハイビームを対向車の部分のみ自動で遮光する「ADB(アダプティブドライビングビーム)」を装備しています。なお、軽福祉車両「タント スローパー」「タント ウェルカムシートリフト」も併売され、福祉車両には「タント ウェルカムターンシート」を新設定しています。

ダイハツ・タントは2003年に初代が発売されました。FFレイアウトながら長い室内長と、発売時に軽自動車のなかで最長となるロングホイールベースが特長でした。後の2005年には押し出されたフロントフェイスにエアロパーツを装着したスポーティーモデル、タントカスタムが追加されました。さらに2007年冬には2代目が発売されました。従来型のファニーなデザインを踏襲し、より女性向けのモデルになりました。一方カスタムも従来型の攻撃的なデザインを踏襲しました。

従来型同様90度近く開くドアに加え、助手席側に軽自動車初となるセンターピラーレスとスライドドアを組み合わせたミラクルオープンドア、さらにフラットフロア化を行ったことで、広い室内空間と利便性が生まれました。そして2013年に3代目が発売されました。ミラクルオープンドアの使い勝手向上や、助手席のロングスライド化を実現するとともに車内はフルフラット化され、ベビーカーをたたまずに積載できるなど荷物の積載が容易になり、より利便性が向上しました。さらに全グレードには衝突被害軽減ブレーキであるスマートアシストとエマージェンシーストップシグナルを装備したことで予防安全性を高めました。なお、4代目タントは2019年の登場が予想されます。

商品詳細