スズキ・ソリオバンディットのモデルチェンジは2021年12月予定!?【随時更新】

スズキ・ソリオバンディットがモデルチェンジするという噂をキャッチしました。こちらの記事では最新情報を随時更新し、みなさまにソリオバンディットのモデルチェンジの時期についてお伝えします。

Chapter
スズキ・ソリオバンディットのモデルチェンジは2021年12月が濃厚(仮)

スズキ・ソリオバンディットのモデルチェンジは2021年12月が濃厚(仮)

スズキ ソリオ バンディット HYBRID

スズキ・ソリオバンディットは2012年6月に2代目ソリオの一部改良と同時に初代が発売されました。フロントフェイスのアッパーグリル、ロアグリル、そしてリアデザインにもピアノブラック塗装を採用。さらに内装もブラックを基調とし、またディスチャージヘッドランプにはLEDポジションランプを内蔵しました。機能面では、リクエストスイッチや携帯リモコンキーで施錠すると自動でドアミラーを格納するリモート格納ミラーを装備しました。

後の2014年2月にはコンパクトハイトワゴンで初めて、ミリ波レーダー方式による衝突被害軽減ブレーキをはじめとするレーダーブレーキサポートII装着車を追加で発売しました。そして2015年8月発売の2代目では、新たなプラットフォームを採用し、剛性・静粛性・衝突性能・走行性能などを大幅に向上しながら軽量化も達成しました。さらにスズキ自社製車両初となるLEDヘッドランプを採用しました。内装は先代を踏襲したピアノブラック調のセンターガーニッシュとダークパープルのアクセントを施した黒基調のシート表皮を採用し、その後の同年9月には2015年度グッドデザイン賞を受賞しました。なお3代目ソリオバンディットは2021年12月頃の登場が予想されます。