スズキ エブリイワゴンのモデルチェンジは2022年を予定!?【随時更新】

スズキ エブリイワゴン 2015

スズキ エブリイワゴンがモデルチェンジするという噂をキャッチしました。

こちらの記事では最新情報を随時更新し、みなさまにエブリイワゴンのモデルチェンジの時期についてお伝えします。

Chapter
スズキ エブリイワゴンのモデルチェンジは2022年が濃厚

スズキ エブリイワゴンのモデルチェンジは2022年が濃厚

スズキ エブリイワゴンは、エブリイの乗用ワゴンタイプです。エブリイワゴンもエブリイ同様、快適な居住空間と広い荷室空間をもつ伝統的な軽1ボックスです。「広さ」、「低燃費」、「使いやすさ」を追求し、クラストップの室内サイズ、全車ターボエンジン搭載による軽快な走りとクラストップの低燃費を実現しています。

エクステリアは、極限まで広さや大きさを追求したスタイリングとなっています。シャープで上質感のあるフロント、安定感のあるサイド、スマートな印象のリヤビューにより、質感が表現されています。インテリアは、機能性を重視したインパネレイアウトとされています。

左右分割可倒式リヤシートや助手席前倒し機構による多彩なシートアレンジが可能となっています。そんなスズキ エブリイワゴンですが、1999年にエブリイのラインナップに追加され初登場となりました。

前回のフルモデルチェンジは2015年に行われました。次回のフルモデルチェンジは2022年初旬と予想されています。

過去情報

スズキ・エブリイワゴンは1982年にキャリイバンの上級仕様であるエブリイとして初代が発売されました。その後2度のフルモデルチェンジを経て、1993年には名称がエブリイに変更され、トラックであるキャリイとは完全に区別されました。そして1999年1月に軽自動車規格改正に伴い4代目を発売。ほどなくして同年6月に常用ワゴンタイプとして初代エブリイワゴンが発売されました。ワゴン全車に運転席、助手席エアバッグと、当時軽ワンボックスでは珍しいABSが標準装備されました。

続く2005年にはエブリイワゴンとしては2代目にあたるモデルを発売し、軽自動車では初となる後席パワースライドドアを装備し、外装は開放的な窓を表現する為ピラーの一部はブラックアウト化されました。その後9年半の年月を経て2015年に3代目が発売されました。室内長・室内高を拡大し、フロントシートをベンチシートに変更したほか、前席のシートスライド量を拡大しました。さらに軽キャブワゴン初の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポート」をはじめ、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP全車標準装備とし、安全面において大きな向上をみせました。なお、4代目エブリイワゴンは2021年12月頃の登場が予想されます。