マツダスクラムワゴンのモデルチェンジは2021年4月予定!?【随時更新】

マツダスクラムがモデルチェンジするという噂をキャッチしました。こちらの記事では最新情報を随時更新し、みなさまにスクラムのモデルチェンジの時期についてお伝えします。

Chapter
マツダスクラムワゴンのモデルチェンジは2021年4月が濃厚(仮)

マツダスクラムワゴンのモデルチェンジは2021年4月が濃厚(仮)

マツダスクラムワゴン

スクラムワゴンは、1999年1月に発売された3代目のスクラムに、同年12月に追加されました。シート位置をバンより90mm後方に設置することで余裕のある足元スペースを実現したほか、165mmのシートスライド&リクライニング機構の採用や、センターアームレストの装着でくつろげる空間を実現しています。

2005年にワゴンとしては2代目になると、インパネシフトの採用でウォークスルーが可能になったほか、助手席前倒しやフルフラット、150mmスライド機構を備えるなど、多彩なシートアレンジも可能になりました。また、PZターボには左側後席パワースライドドア、PZターボ スペシャルパッケージには両側後席パワースライドドアを備えます。

3代目となったのは2015年で、室内長・室内高・室内幅が拡大したほか、フロントシートをベンチシートに変更してシートスライド量を拡大し、ロングホイールベース化とリアシートスライド量拡大により前後乗員間距離も拡大しています。また、レーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、DSC&TCSを標準装備し、安全面も強化されました。4代目のスクラムワゴンは、2021年頃の登場が予想されます。