トヨタ ヴォクシーのフルモデルチェンジは2029年を予定【随時更新】

ヴォクシー 4代目 2022

トヨタ ヴォクシーがモデルチェンジするという噂をキャッチしました。こちらの記事では最新情報を随時更新し、みなさまにトヨタ ヴォクシーのモデルチェンジの時期についてお伝えしていきたいと思います。

Chapter
トヨタ ヴォクシーのフルモデルチェンジは2029年秋が濃厚!?

トヨタ ヴォクシーのフルモデルチェンジは2029年秋が濃厚!?

トヨタ ヴォクシーはトヨタ自動車が販売しているミニバン型乗用車で、初代は2001年11月に発売されました。トヨタの人気車種であり2007年6月には2代目、2014年1月には3代目と順調にモデルチェンジが行われました。そして2022年には現行モデルである4代目が発売されました。4代目では新たにハイブリッド車の4輪駆動モデルが設定されています。

またトヨタ独自の安全機能であるトヨタセーフティセンスが最新化されています。最新のトヨタセーフティセンスでは、プリクラッシュセーフティの検知範囲の拡大や、トヨタ初となるプロアクティブドライビングアシストが追加されるなど、ドライバーの安全な運転をサポートします。

そんなトヨタ ヴォクシーですが、次回のフルモデルチェンジは2029年秋頃と予想されます。

過去情報

トヨタ ヴォクシーはライトエース・ノアの後継者として姉妹車であるノアと同時に発売されたミニバン型の乗用車です。 初代は2001年に、2007年に2代目が発売され双方ともエンジンは2.0L 直列4気筒を採用しています。

そして2代目の一部グレードには可変バルブ機構のバルブマチック装備の2.0L 直列4気筒のエンジンが装備され、環境性能の向上を実現しました。 現行モデルである3代目は2014年に発売されました。 3代目のエクステリアには大型のフロントグリルやメッキパーツを使用することで、従来のヴォクシーとは違う高級感を演出しています。 エンジンには2.0L 直列4気筒と1.8Lハイブリッドが用意されています。

2020年10月には一部改良モデルが発売され、UVカットガラスのUVカット率の向上、ルームランプをLED化するなどの改良が施されました。 次回のフルモデルチェンジは2022年の夏頃と予想されます。

トヨタ・ヴォクシーは、ライトエース・ノアの後継として登場しました。

現行のノア、エスクァイアとの兄弟車です。初代は2001年に登場。エンジンは2.0リットルの直4でトランスミッションは4速ATを採用していたものの、後期型からはCVTに変更されました。2代目は2000年に登場。エンジンは初代に引き続き2.0リットル直4を採用。一部グレードには可変バルブ機構「バルブマチック」装備の2.0リットル直4エンジンが採用され、環境性能を強化しました。

2010年のマイナーチェンジでは、バルブマチック付きエンジンが全グレードに装備。また、このマイナーチェンジでは、7人乗り仕様にマルチキャプテンシート、8人乗りに6:4チップアップシートが新採用されました。2014年には3代目にフルモデルチェンジ。

エクステリアには大型のフロントグリルやメッキパーツが採用され、これまでとは一線を画する高級感が与えられました。また、エンジンは2.0リットルの直4のほか、1.8リットルのハイブリッドも新たに用意しています。

2016年の一部改良では、レーザーレーダート単眼カメラを装備したプリクラッシュセーフティシステムも装備し安全面を強化。2017年には、トヨタのカスタマイズブランド「GR」から、スポーティ仕様「ZS“GR SPORT”」が用意されました。次期型の登場は2021年と予想されています。

商品詳細