【高く売る方法】外車(輸入車)の買取価格をアップするにはこれだけ押さえよう!

外車・輸入車の買取価格は、国産車に比べて安くなることがあります。なるべく高い金額で車を売るためには、一体どうすればよいのでしょうか。

この記事では、外車・輸入車のおすすめの売却先や査定額に影響するオプションの種類などをご紹介しています。ぜひ読んでみてください。

Chapter
外車・輸入車は買取価格が安い?
国産車と少し違う外車・輸入車の査定基準
外車・輸入車を高く売るための3つのポイント
ハンドルの左右は買取価格に影響する?
外車・輸入車を売るときに必要となる書類
ポイントを押さえて外車・輸入車を高く売ろう

外車・輸入車は買取価格が安い?

外車・輸入車の買取価格は、国産車に比べて安くなりがちです。外車・輸入車の方が元々の販売価格が高いことが多いため、査定に出してみて驚いた方も多いのではないでしょうか。いったいなぜ、外車・輸入車の買取価格は国産車よりも安いのでしょうか。

需要が少ないのが大きな理由
買取価格が安い大きな理由は、中古の外車・輸入車の需要の少なさです。

維持費がかかったり、車のサイズや左ハンドルのせいで取り回しが難しいなど、ネガティブなイメージがあるため、外車・輸入車は売れにくくなっています。そして、台数が豊富な国産車に比べて需要が少ないので、国内市場の規模が小さくなっています。

国産車よりも売れる見込みが少ないので、中古車販売業者も車を安く買い取る必要があります。これが、外車・輸入車の買取価格が低くなる理由です。

車種やモデルによっても違う
中古の外車・輸入車の買取価格が安くなりがちとは言え、全ての車種がそうであるとは言えません。車種やモデル、カテゴリ等によって売るときの査定額に差が出てきます。

中古の外車・輸入車市場では、ハッチバックなどの数多く流通している売れ筋の車は安くなり、スポーツカーなどの個性的な車は高くなる傾向にあります。

このように、外車・中古車は車種やモデルによって売るときの価格が高くなったり安くなったりしますので、相場のチェックが必要です。

国産車と少し違う外車・輸入車の査定基準

通常、中古車の査定額は車種やグレードだけではなく、車のキズ・へこみや走行距離なども査定に影響します。しかし、外車・輸入車の場合、国産車とは少し違う基準で査定されることになります。

まず、キズ・へこみなどのコンディションについては国産車よりもマイナス額が厳しく、同じ程度のキズ・へこみでも国産車よりも2倍近く減額されてしまうことがあります。

また、走行距離の減額については、車種や年式によっても異なりますが国産車とほぼ同等の扱いです。

しかし、国産車と比べて大きく違う点は、外車・輸入車はハイグレードな高級車ほど走行距離によってマイナス額が大きくなるというところです。それは、中古の高級外車・輸入車を求める人の需要に合わせているためです。

外車・輸入車を高く売るための3つのポイント

外車・輸入車を高く売るために押さえたい3つのポイントがあります。売却先や査定サービスなどによって買取価格が変わってきますので、売る前には必ずチェックしておきましょう。

外車・輸入車を高く売るポイント1:売却先をチェック
外車・輸入車を売るとき、重要になるのは売却先(買取業者)です。売却先によって、同じ車でも買取価格が異なってきます。必ずいくつかの売却先を比べるようにして、なるべく高く売る方法を考えましょう。

ディーラーの下取り
売却先の一つとして、ディーラー下取りがあります。新車を買うときのサービスの一環として行われているものなので、リスクや手間などがほぼない状態で車を売ることができます。しかし、手続きが簡単であるかわりに買取価格が安くなる可能性が高いです。

また、ディーラーには国産車ディーラーと輸入車ディーラーがあり、国産車ディーラーは輸入車ディーラーよりも安くなりがちになり、輸入車ディーラーは買取条件が厳しいという側面もあります。

輸入車ディーラーであったとしても、下取りで高く売るという考えには慎重になった方がよいでしょう。

一般的な買取業者に売る
国産車を中心とした一般的な買取業者では、外車・輸入車を高く売ることはあまり期待できません。一般の買取業者では輸入車の流通経路が少なかったり、外車・輸入車の需要自体があまりないことでのリスク回避のため、買取価格を安くしていたりするからです。

ただし、一般的な買取店の中にも輸入車に力を入れている業者があります。そういった買取店では、他の店よりも高く車を売ることができる可能性があります。

まずは買取業者のサイトをチェックしたり問い合わせをしてみることで、どのような業者なのか調べてみてもよいでしょう。

外車・輸入車専門の買取業者に売る
買取業者の中には、外車・輸入車専門のところもあります。そういった業者では、独自の買取ルートを持っていたり、専門知識のあるスタッフがいたりなど、外車・輸入車を売るにあたって必要なノウハウが揃っている可能性が高くなります。

専門的なノウハウが揃っている業者では、車そのものの価値をきちんと査定してくれる可能性が高くなります。そのため、外車・輸入車を高く売るなら専門の買取業者がおすすめです。

外車・輸入車を高く売るポイント2:一括査定サービスを活用する
一括査定サービスを使えば、複数の業者に対して同時に車の査定を行うことができます。一括査定サービスでは車種や走行距離などを入力することによって、インターネット上で複数業者で査定することができるので、より高く買い取ってくれる業者を見つけやすくなります。

また、複数査定をすることで査定額を上げられる可能性もあります。一括査定サービスの結果を比較し、一番高く買い取ってくれる業者に売るのが、外車・輸入車を高く売るのに向いていると言えるでしょう。

外車・輸入車を高く売るポイント3:オプションが高額査定につながることも
外車・輸入車はフルオプションの需要が高く、業者によっては査定額が高くなることがあります。しかし、オプションといっても様々な種類のものがありますが、一体どのようなオプションが付いていると良いのでしょうか。

サンルーフ
サンルーフは、車の屋根に装備される開口できる窓を指します。サンルーフは後付けをすることができないので、オプションとして付いている車は人気があります。そのため、サンルーフが付いた車は高く売れる可能性があります。

純正カーナビ
外車・輸入車の純正カーナビは、国産車と規格が違ったり、エアコンと連動していたりと市販のカーナビと交換するのが難しい場合が多いため需要が高く、査定額が高くなる可能性があります。

高級オーディオ
外車・輸入車の中には、数十万円もするような高額なオプションのオーディオが付いている車があります。オーディオ自体の人気も高いため、査定額アップを期待することができます。

本革シート
本革シートは後付けをすることができない上、人気も高いので査定の大きなポイントになります。ただし、本革シートは状態が良ければ高額査定に、汚れや破損等があるとマイナス査定になってしまうので注意が必要です。

ハンドルの左右は買取価格に影響する?

外車・輸入車には左ハンドルの車も多く存在しますが、ハンドルの位置も買取価格に影響してきます。

主に、海外での再販価値がある場合には左ハンドル、一般的な車の場合は日本人が好む右ハンドルの方が高く売ることができる傾向にあります。右ハンドルの車の方が、左側通行の日本では扱いやすく需要が高いためです。

外車・輸入車を売るときに必要となる書類

外車・輸入車を売るときに必要となる書類は、国産車を売るときと同じく、車検証、自賠責保険証、印鑑証明書、自動車税納税証明書です。

それにプラスして、自動車リサイクル料金を預託している場合はリサイクル券が必要となります。また、車検証に記載されている住所が現在の住所と異なっている場合は、住民票も必要となります。

また、お店で用意されている譲渡証明書、委任状には直接記入することとなりますので、実印を忘れずに持っていきましょう。

ポイントを押さえて外車・輸入車を高く売ろう

外車・輸入車は、国産車と比べて買取価格が低くなる傾向にあります。しかし、一括査定サービスを使用したり、輸入車専門の買取業者を利用することで車をできるだけ高く売ることができます。また、車種やグレード、オプションによっても査定額が変わってきます。

よく下調べをすることで、車に一番合った買取業者を探すことから始めてみるとよいでしょう。

愛車のお値段、調べてみませんか?お申込みはカンタン、45秒で完了。最大8社があなたのおクルマを無料で査定します。愛車の値段が分かっていれば、買う時も売る時も安心! 実績ある買取店が査定します! 査定無料

入力カンタン45秒!愛車の概算価格を無料で調べてみよう

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
の価格があと少しでわかる!
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

入力内容の確認

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

当社はYahoo! Japanグループ「株式会社カービュー」と業務提携を行っております

お客様の情報は当社から、株式会社カービューを通じて車買取業者へと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

JPUC(車売却消費者相談室) 0120-93-4595

中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら 「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。
※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

1.一括査定を依頼。愛車の情報を入力!45秒でカンタンお申込み! 2.買取店よりご連絡。買取店より電話またはメールでご連絡 3.最高額を選ぼう!査定額を比較できるから最高額が分かる!