車買取を依頼する時のトラブル事例5選と注意点、解決法を教えます

車買取のトラブルが心配で躊躇している方、またこれから車買取を考えている人に知っておきたい車買取を依頼する時のトラブル事例5選と注意点、解決法を教えます。大切な愛車を売るためには、トラブルはできるなら避けたいところです。対処法をしっかり知っておきましょう。

Chapter
車買取のトラブルは年々増加している?
車買取のトラブル事例5選
車買取でトラブルを回避するための対処法4選
車買取でのトラブル対処は冷静に行おう

車買取のトラブルは年々増加している?

国民生活センターの調べによると、2016年から2019年にかけて中古自動車に関するトラブルは減少傾向にあります。

大切な車を売る時の対処法として、車買取を依頼する時のトラブル事例5選と注意点、解決法をご紹介します。

車買取の場合クーリングオフは適用されないのか?
クーリングオフとは契約をしてから一定期間であれば解約できるという制度ですが、新車や中古車においてはクーリングオフは対象外になります。クーリングオフの対象については法律で定められていますが、自動車はその対象外と設定されています。

中古車の車買取の場合、双方で交渉が十分に吟味したと判断されるため、クーリングオフができません。対処法のひとつとしてクーリングオフ対象外ということを知っておきましょう。

車買取のトラブル事例5選

複数の業者間に、車買取の見積もりを依頼できる「車一括査定」を利用する人が年々と増えています。

そのために「車一括査定を利用してのトラブル」も同じように増えてきているのでしょう。ここではトラブルの対処方法を知るため、車買取のトラブルに対する事例を紹介していきます。

車買取のトラブル事例1:見積もりが有料だった
ネットであればほとんどの車買取業者での見積もりの料金は発生しませんが、業者が遠方から来る場合には出張費用がかかります。それを見積もり料金として請求される場合があります。

ネットでは「見積もりは無料」を謳っている大手サイトもありますが、別途、見積もり料金がかかるサイトもあります。そのようなサイトで契約をせずにキャンセルをすると見積もり料金が発生します。

車買取のトラブル事例2:再査定の金額が違った
よくあるトラブルの中に再査定といわれるものがあります。これは後からもう一度査定をして減額するという手法です。とくに査定の際に修復歴を隠していた場合や隠れた瑕疵が後から見つかった場合に多いトラブルです。

契約業者から一方的に減額されてしまう場合は、最初の買取業者側でのミスが多いのです。車買取の契約時点で後からの減額がないことをしっかり確認しておくことも大切です。

車買取のトラブル事例3:契約後に車の故障の発見
車買取のトラブル事例の3つ目として、契約後に車の故障が見つかることが挙げられます。

故障が見つかると、減額請求に応じなければならないことも少なくありません。また減額請求として売却金の返金請求をされる場合もあります。

そのようなトラブルの無いように対処方法として、車売却の際には車についての情報をすべて伝えておきましょう。

車買取のトラブル事例4:キャンセルができない場合やキャンセル料が発生する
キャンセルができない場合やキャンセル料が発生してしまう場合に対処法はあるのでしょうかという質問をよく耳にします。

車買取契約後であっても猶予期間であればキャンセルすることは可能です。ただ猶予期間が過ぎた後にキャンセルをしたいと言っても、違約金としてキャンセル料を請求されてしまいます。

また車が買取業者から他の買取が決まってしまている場合はキャンセルができない場合もあります。対処法としては、出来るだけトラブルを避けるために契約を結ぶ前によく考えるようにしてください。

車買取のトラブル事例5:入金されない
あっては欲しくないトラブルの事例として、車買取で契約が終了しても入金の確認が取れないという事例もあります。

ネットなとの車買取で売却することに不安を感じている人も多いでしょう、そんなトラブルに巻き込まれないための対処方法は、売却する際の流れや入金までの日数をしっかりと知っておくことです。

悪質な業者になると、後から問い合わせをしたら、倒産していて車だけを持ち逃げされてしまうケースもあります。このような場合は個人で対応することは難しく、専門家へ相談することをおすすめします。

車買取でトラブルを回避するための対処法4選

車買取でトラブルを回避するためには、しっかりとした対処法を知っておくことが必要です。ネットなどの車売却においてトラブルが多発しています。とくに中古車に関わるトラブルの件数は年々増えているのが実情です。

ここではトラブルを回避するための対処方法を詳しく解説していきましょう。

車買取でトラブルを回避するための対処法1:契約書をしっかり読む
騙されないようにするには、車買取業者との契約書をよく読むことが大切です。

クーリングオフができると虚の説明をしたり、まだサインをしていないのに車を持って行かれてしまう場合もあります。

とくに契約書に目を通す際には、隅々までよく確認をする、そこで意味のわからない部分はしっかり相手に聞くことが対処法へとつながります。

車買取でトラブルを回避するための対処法2:買取業車を慎重に選ぶ
ネットで簡単に車買取業者を選ぶことが可能になっていますが、業者を選び際には慎重に選ぶことがポイントです。まず、ネットの口コミサイトで事前に確認をしておきましょう。

決して買取業車を急いで選ぶことはしないようにしましょう。早く買取できます、高く買い取りします、と言う中に悪徳業者が隠れている危険性があります。

車買取でトラブルを回避するための対処法3:契約不適合責任(瑕疵担保責任)について担当と話す
トラブル防止対策として、契約不適合責任(瑕疵担保責任)について担当者に話を聞いておくことが必要です。契約不適合責任(瑕疵担保責任)とは民法上定められている売主が買主に負う責任のことを言います。

これは傷だけを指すのではなく、車を動かす上での故障や不具合全般を示しています。個人売買の場合であっても契約不適合責任(瑕疵担保責任)が問われてしまいます。

車の買取店とのトラブルを避けるための対処法として事前に担当者と話し、車の気になる箇所を伝えておくことが必要です。

車買取でトラブルを回避するための対処法4:納得がいかない売買は行わない
車買取のトラブルの中で、買取業者の強引さに負けて納得がいかないまま契約してしまったというケースもあります。そんな失敗のないように契約は慎重に行いましょう。

トラブルを避けるには、査定する前に車の不具合や故障、キズやへこみなどを確認しておきましょう。査定時は、再度一緒に買取業者と確認をしてください。

また、信用できる業者なのかの確認も大切です、少しでも納得かない不安が残るような車買取業者との売買は行わないようにしましょう。

車買取でのトラブル対処は冷静に行おう

車買取のトラブルは年々増えている状況です。ネットでの一括査定を賢く使えば、短期間で高値段で車売却はできますが、焦ってしまうと思わぬトラブルに巻き込まれてしまいます。

上手に対処するためには車買取業者の質を確かめること、申し込む際の今後の流れをしっかり知っておくことなどはトラブルを避けるためには大切です。

もしトラブルが起きてしまっても焦ったりせずに、冷静に対処するようにしてください。

愛車のお値段、調べてみませんか?お申込みはカンタン、45秒で完了。最大8社があなたのおクルマを無料で査定します。愛車の値段が分かっていれば、買う時も売る時も安心! 実績ある買取店が査定します! 査定無料

入力カンタン45秒!愛車の概算価格を無料で調べてみよう

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
の価格があと少しでわかる!
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

入力内容の確認

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

当社はYahoo! Japanグループ「株式会社カービュー」と業務提携を行っております

お客様の情報は当社から、株式会社カービューを通じて車買取業者へと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

JPUC(車売却消費者相談室) 0120-93-4595

中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら 「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。
※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

1.一括査定を依頼。愛車の情報を入力!45秒でカンタンお申込み! 2.買取店よりご連絡。買取店より電話またはメールでご連絡 3.最高額を選ぼう!査定額を比較できるから最高額が分かる!