店頭価格は査定額の○○万円乗せ!? 中古車の利益率ってどれくらいなの?

クルマに関する疑問に、価格の話があります。それは、なぜ査定額と店頭価格に開きが生まれるのか、なぜあんなに”金額が乗せられて”いるのか、といったもの。また、中古車の買取り価格、販売価格は誰が決めているのかなど、不透明なところだらけです。もちろん業者も商売ですから、儲けがないと成り立ちません。では、そこにはガイドラインがあるのでしょうか?今回は、そんなあたりに注目してみたいと思います。

Chapter
「査定額」の構造は、率直言ってマチマチです
査定額に○○万も乗せて売られているのは、どうして?
中古車とは「生モノ」です

「査定額」の構造は、率直言ってマチマチです

中古車

査定額の決め方は、その店の運営形態によって異なります。下取りや買取をしたクルマを、中古車オークションに出す店とそうでない店で考えると、わかりやすいでしょう。

オークションに出す場合、まずオークションの出展費用が発生し、またオークション会場への回送にも人件費を含めた陸送費がかかります。もっというと、オークションで思うような値段がつかなかったときのための保険といった意味合いで、査定額をやや低めにすることもないとは言えないでしょう。

一方、そうでない店というのは、買い取った車両をオークションを介さずに商品化する、「直販」体制をとっている店のことです。下取り、買取りをしてすぐに自社店頭に並べることができるなら、車本体へのコストとしては、仕上げのための人件費とケミカル類の材料費、場合によっては小規模な板金などの修繕費程度となります。

つまり、直販ができる店は”強い”。ライバル店に対しても、強気の金額を提示できるのはそこが理由です。

また、複数のお店で査定を受けたときに金額に差が出るのは、「売れるアテがあるのか」という問題も絡んできます。これは中古車査定士の相場観ひとつで変わるものでもありますが、たとえオークションや直販でも、アテがあり、「これは売れる」という自信があれば、高値をつけてくるでしょう。

ち並みに、売却時は複数で査定を受けるのがよいでしょう。そのクルマを欲しがっている店に出会えればベスト。しかし、もっとも安定的に高額査定を引き出しやすいのは、新しいクルマを購入する先への下取りです。この場合、新車であろうと中古車であろうと、店は新しく販売するクルマの側と、下取りするクルマの側にも、それぞれに儲けを出すことができるような値決めをしていることが多いです。

つまり、値段の調整幅を複数持つことが可能であるということ。目が飛び出るような額は出ないものの、相談できる幅は広くとれると言えます。

査定額に○○万も乗せて売られているのは、どうして?

買取査定

査定額は○○万円だったのに、後日その店の店頭を見てみたら、自分のクルマだった中古車が○○○万円で売られていた!なんていうエピソードはありがちです。

これは、GT-Rなどの人気車種だと、もはや宿命と言っていいようなところがあります。中古車というのは一定年数ごとに償却率というものがあり、年式ごとに相場が存在するのと、もうひとつ加えるならそのクルマの人気度、色や装備、程度の善し悪しなど、さまざまな要素が絡んできます。

良心的、常識的な店で、直販を前提とするなら、査定額と後日の店頭価格が、あまりに大きく開きがあるとお店自体の信用問題になる、ということに気が付けるはずですが、そうではない人達もいると…。

これは、自分のクルマの査定額と、その店で販売されている同型車両の価格を見比べて、そのうえで売却を考えたほうがいいです。

「GT-Rだけど年数も経ってるし、こんなもんですね。」と言いながら、いざ店頭価格を決める時になると欲が出てしまうのが人間の性です。そうなると、店頭価格を高くできる理由を探し、結果、査定額買取額と店頭価格に大きな乖離が生まれることになる。これは、ある意味人気車の宿命なのです。

でもわかっている店では、そこを必死でこらえて仕事をする…信用のために。この差は大きいです。

では、どれくらいの中間マージンが乗せられることになるのか?ですが、これは一概に何%とは言えません。先述の通り、車種、クルマのコンディション、加修コストなどなどの問題、また先のオークション出展なのか自社直販なのかも絡んできます。

ただ言えることは、ほぼすべてがお店の人件費だということ。中古車というのは右から左に流しているわけではありません。たった1台を移動させるにも人手が必要ですし、そうした人材を確保する必要があります。大きな販売店になれば、それも1人や2人ではありません。

そう考えれば、店員の態度や身なりからもその店の「儲け具合」を推し量れるかもしれませんね。

中古車とは「生モノ」です

中古車は、言ってしまえば、”生モノ”です。相場は、時価相場的な要素が強く、その時々に変動しているようなところがあります。

そのうえで店によって直販かオークションか、また売れるアテがあるのかないのか、という要素も絡んできますから、一定のガイドラインというものが存在しません。言い方を変えれば、値決めは売り手の気持ちひとつですから、やはり信用商売といった側面があります。

そのため、気候変動やその他の要因によって価格が左右される、野菜や魚などと同じ構造だと言えるのではないでしょうか。野菜や魚には、需要と供給のバランスが厳然としてありますが、それ以前に常に変動する相場というものがあります。クルマ屋というのは、その野菜や魚を扱う商店と同じような側面があるのです。

それゆえに、査定額と店頭価格に大きな乖離が生じてしまうこともあるのです。

この、いわばグレーゾーン、不透明な中古車の中間搾取についてをクリアにしたい、それとは無縁なかたちでクルマを取引したいと思うと、やはり「個人売買」に落ち着きます。

しかし、個人売買は、元オーナーの顔が見える安心感や、中間搾取のない値決めは一見クリーンな印象を持てるかもしれませんが、そこにはなんの保証もありません。まさにハイリスク・ハイリターン。

クルマを売り買いして”得”をすることは、一部の投機対象になるクルマを除いて、まずありません。しかし、その損失をできるだけ少なくする工夫を凝らすことは出来るのではないでしょうか。それには自分のクルマの時価相場を知ること、店頭価格でどれくらいなのかを知ること、複数の(しかも運営形態の異なる)店で査定を受けること。少々面倒ですが、これがもっとも早道です。

愛車のお値段、調べてみませんか?お申込みはカンタン、45秒で完了。最大8社があなたのおクルマを無料で査定します。愛車の値段が分かっていれば、買う時も売る時も安心! 実績ある買取店が査定します! 査定無料

入力カンタン45秒!愛車の概算価格を無料で調べてみよう

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
の価格があと少しでわかる!
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

入力内容の確認

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

JPUC(車売却消費者相談室) 0120-93-4595

中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら 「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。
※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

1.一括査定を依頼。愛車の情報を入力!45秒でカンタンお申込み! 2.買取店よりご連絡。買取店より電話またはメールでご連絡 3.最高額を選ぼう!査定額を比較できるから最高額が分かる!