未使用車のメリット・デメリットとは?なぜ新車より安く売られるのか?

メーカーとディーラー(販売店)の関係

ディーラー

新車を販売する正規ディーラー、あるいは正規で無くても新車を取り扱えるサブディーラーなど、車の販売店には、メーカーからのノルマであったり、それを達成した時にメーカーから支払われる報奨金というものがあります。

よくメーカー=ディーラー(販売店)と思っている方もいますが、実際にはメーカーと販売店というのは、あくまで別会社。たいていは、その地域の大手商社がメーカーから販売権を得て、ディーラーを運営しているのです。

なかには地域資本では無くメーカー系のディーラーもありますが、そちらも厳密には別会社で、それらディーラーが、メーカーからクルマを仕入れて販売しています。

こうしたメーカーとディーラーの関係のなかで、販売台数のノルマや目標販売台数を達成した時の”報奨金”などが発生してくるわけです。

販売台数やノルマの達成度によってメーカーから支払われる報奨金が、ディーラーの値引きやサービスに差を発生させているのです。要するに、売れるディーラーほどメーカーから割り振られる資金も豊富で、メーカーとの力関係、値引きやサービスでも有利にある、ということなんですね。

未使用車とは、どんな車?

前述した販売台数に、未使用車のカラクリがあります。

まず販売台数の解釈ですが、実際のところ、発表されているメーカーの販売台数あるいは受注台数というのは、ユーザーに販売された数ではありません。販売台数は登録されたクルマの台数で、受注台数はディーラーからメーカーに注文が入った台数。つまり、そのなかにはユーザーが存在しないクルマが少なからず含まれています。

そうしたクルマはメーカーへの注文後、ディーラーに届くまでにユーザーとの契約が成立するものもあれば、二次販売店に業販で卸され、そこで契約するユーザーが現れるのを待つケースもあるのです。

では、ディーラーでも二次販売店でも、メーカーから出荷、到着したにも関わらずユーザーがいないクルマはどうなるのでしょう?到着したまま放置して未登録では販売台数にカウントされません。

ディーラーは、ある一定の数を満たすことができなければノルマの達成や報奨金を得ることができませんから、ディーラーは自社のクルマとして一旦登録してナンバーを取得、販売台数をプラスするのです。これが『登録済み未使用車』、または「新古車」です。

当然、メーカーから到着するまでの納品チェックや輸送のための自走を除けばほとんど走行も使用もされていません。

次ページ未使用車のメリット・デメリット

この記事をシェアする

関連する記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives

愛車のお値段、調べてみませんか?お申込みはカンタン、45秒で完了。最大8社があなたのおクルマを無料で査定します。愛車の値段が分かっていれば、買う時も売る時も安心! 実績ある買取店が査定します! 査定無料

入力カンタン45秒!愛車の概算価格を無料で調べてみよう

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

入力内容の確認

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

JPUC(車売却消費者相談室) 0120-93-4595

中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら 「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。
※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

1.一括査定を依頼。愛車の情報を入力!45秒でカンタンお申込み! 2.買取店よりご連絡。買取店より電話またはメールでご連絡 3.最高額を選ぼう!査定額を比較できるから最高額が分かる!