未使用車のメリット・デメリットとは?なぜ新車より安く売られるのか?

未使用車のメリットはその価格

中古車

こうした未使用車は、言うなれば在庫そのものですし、登録した以上はそこから初回車検へのカウントダウンが始まり、時を経るごとに価値も落ちていきますから、ディーラーや二次販売店にとっては「早く売りたいクルマ」となります。

生産したクルマの保管場所はメーカーでも限られますから、早くディーラーに引き渡すためにも報奨金などを設けていますし、ディーラーや二次販売店でも同様、保管場所が埋まる前に売りさばきたいので、それぞれの思惑が一致した結果、未使用車は新車より安く販売されることになるのです。

一度、登録されているので、手放す際にワンオーナー車とは言えないことが玉にキズですが、買取価格が下がるということもなく、ユーザーからすれば単純に”新車を安く買える”というメリットがあります。

たまたま希望するメーカーオプションが装備された、希望するグレードが未使用車として販売されていれば、待たずに即納されるのもメリットですし、マイナーチェンジでデザインや装備が変わった直後に以前のモデルが欲しいという時も未使用車はオススメです。

他には、「新車登録時に必要な重量税は自社登録時に負担されているので不要」というメリットもありますが、消費税10%増税とともに重量税は廃止の方向なので、これはいまのうちだけでしょう。

「選べない」ことが未使用車のデメリット

一方、未使用車はすでにメーカーオプションを装着、あるいは装着しない状態で出荷されているので、納車前に装備やボディカラーを選べないというのがデメリットです。

極端な話を言ってしまえば、部品だけ仕入れて後から組み込みを依頼できるメーカーオプションも存在はしますが、車体構造に関わるものは無理ですし、分解しないと装着できないようなオプションでは膨大な工賃がかかるので意味がありません。

また気をつけなければいけないのは、ディーラーによっては未使用車も早く売りたいけれども、新車もどんどん売りさばかなければいけない…ということで、新車を値引きで買ったほうが、結局は得になるケースがあります。購入を検討している未使用車がまだ新車で購入できる場合は、両者の見積もりを取って、慎重に考えたほうが良いでしょう。

もちろん車検の残りも問題になりますから、車検残の短い車や検切れの未使用車は、車検費用も計算に入れなければいけませんね。

結局のところ、希望するクルマが安く買えて万歳となるか、やはり新車を買ったほうが良かったとなるかは、購入するユーザー次第。自分にとってどれだけメリットがあるのかを慎重に考えて、購入するようにしましょう。

この記事をシェアする

関連する記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives

愛車のお値段、調べてみませんか?お申込みはカンタン、45秒で完了。最大8社があなたのおクルマを無料で査定します。愛車の値段が分かっていれば、買う時も売る時も安心! 実績ある買取店が査定します! 査定無料

入力カンタン45秒!愛車の概算価格を無料で調べてみよう

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

入力内容の確認

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

JPUC(車売却消費者相談室) 0120-93-4595

中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら 「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。
※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

1.一括査定を依頼。愛車の情報を入力!45秒でカンタンお申込み! 2.買取店よりご連絡。買取店より電話またはメールでご連絡 3.最高額を選ぼう!査定額を比較できるから最高額が分かる!