綺麗な車内はモテの秘訣!車内をキレイに保つためにしておくべきこと5つ

その①:定期的に清掃する

車内 ゴミ

最初にやるべきことは、何と言っても清掃です。屋外でドアや窓の開け締めをする自動車は、舞い上がったホコリやチリ、虫などが入り込みますし、靴裏の泥や小石も持ち込んでしまいます。また、シート周辺には髪の毛や汗。小さなお子さんがいるなら、おやつの食べカスも落ちているかもしれませんし、それを餌にダニが発生します。

この状態を放置しておくと、車内は不衛生な環境になり、酷い時には乗員がアレルギー反応を起こします。そういった事態を避けるために、最低でも月に1度、定期的な車内清掃をおすすめします。

基本的には室内を清掃するときには窓やドアを開けて換気を行います。そのうえで、室内のゴミやホコリをまず取り除きましょう。収納スペースの中やシートの隙間には、ホコリがよくたまります。忘れがちなポイントは天井、フロントとリアガラスの内側、ドアポケットなど。掃除機に細いノズルを装着して、ゴミを吸い取りましょう。

シートやシートベルトは、かたく絞った雑巾などで水拭きを行い、最後に乾いた布で乾拭きを行います。シートベルトは人体に直接触れる機会が多いため、汗を吸収しがちです。これからの暑く薄着になる季節には、週に1度の水拭き掃除をおすすめします。

その②:紫外線による劣化を防ぐ

紫外線 UVカット フロントガラス

太陽光に含まれる紫外線で痛むのは、お肌だけではありません。車内の内装も紫外線により劣化します。これを防ぐには愛車のウインドウに紫外線対策を施すことです。最近の新車の多くには「UV&IRカット機能」が備わっていますから、問題はまずありません。しかし中古で購入した車には、備わっていないこともあります。

その場合は、UV&IRカット機能を備えた透明なフィルムを貼ってみましょう。メーカー純正品も用意されており、室内の保護はもちろん温度上昇の抑制にも効果があります。メーカー純正のUV&IRカットフィルムは車検対応製品です。

その③:イヤな臭いは消臭

エアコン

友人を愛車に乗せた時、臭いを指摘されたことはありませんか?

車内で敬遠される臭いは、カビ、ゴミ、体臭、ペットの臭いなどです。カビの臭いの多くはエアコンフィルターや空気清浄フィルターなどが原因。臭いを指摘されたら、まずそれらの清掃または交換を検討しましょう。

ゴミは、定期的に室内を清掃して取り除くこと。体臭の多くは、シート表皮に残った汗の臭いが原因なので、車内用の消臭スプレーなどを使用します。

ペットの臭いはおしっこの臭い以外にも、動物ならではの臭いがあります。それぞれペットに対応した消臭スプレーを使用したうえで、ペットを乗せた後はドアを開けて、換気も心がけましょう。

次ページシートのこすれや花粉・PM2.5対策も!

この記事をシェアする

関連する記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives

愛車のお値段、調べてみませんか?お申込みはカンタン、45秒で完了。最大8社があなたのおクルマを無料で査定します。愛車の値段が分かっていれば、買う時も売る時も安心! 実績ある買取店が査定します! 査定無料

入力カンタン45秒!愛車の概算価格を無料で調べてみよう

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
の価格があと少しでわかる!
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

入力内容の確認

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

JPUC(車売却消費者相談室) 0120-93-4595

中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら 「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。
※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

1.一括査定を依頼。愛車の情報を入力!45秒でカンタンお申込み! 2.買取店よりご連絡。買取店より電話またはメールでご連絡 3.最高額を選ぼう!査定額を比較できるから最高額が分かる!