花粉や黄砂からクルマを守る正しい洗車方法

花粉や黄砂の汚れを落とす洗車方法

花粉や黄砂からクルマを守る正しい洗車方法

花粉や黄砂が愛車に積もったからといって、濡れタオルなどで拭き取るのは禁物です。花粉の場合には中途半端に水分を与えることで、拭き残しの花粉がペプチンを分泌し、シミの原因になります。黄砂が積もった場合には、愛車にひっかき傷を付けかねません。というのも黄砂は土や鉱物の微粒子です。自動車の塗装をマイクロレベルで傷付ける程度には尖っているのです。

マイクロレベルで傷ついた自動車の塗装は、全体に光を反射して白っぽく見えます。経年劣化で塗装が減色したように見えるのは愉快ではないですよね。再塗装を考えたり、愛車の買い替えにまで発展しかねません。余計な出費を抑えるためにも、花粉や黄砂に有効な洗車方法をご紹介します。

とは言え、特別なことはなく、水洗いです。注意したいポイントは、次の通りです。

①流水で花粉や黄砂を丹念に洗い流す
いつもより長い時間をかけて洗車します。この時、花粉や黄砂用でないブラシやモップ、タオルなどを使用するのは厳禁。ホースからの流水をルーフに流し、水洗いを行いましょう。

②洗車は日陰で行う
洗車場所は日向より日陰がおすすめです。これは花粉にしろ黄砂にしろ乾くとシミになるからです。洗車中にボディが乾かないよう、日陰で洗車しましょう。ボディ形状によっては水が溜まらず、すぐに乾燥する箇所もあります。花粉や黄砂を十分に洗い流せているなら、水分を拭き取ってしまいましょう。なぜなら、洗車に使用する水道水にも多少のミネラル分が含まれており、乾燥するとシミの原因になるのは黄砂と同じだからです。

③水が溜まりやすい場所は、水が流れやすいようにする
自動車の水洗いは常に濡れている状態がベストで、洗車後に水分を拭き取ると、ミネラル分によるシミ防止になります。しかしボディの窪みなど水が溜まる場所ではミネラル分が沈殿して、シミの原因になります。洗車中に水が溜まっている箇所があれば、流水をあてて流しさってしまいましょう。

水洗いを終え、ボディの水分を拭き取ったら、いつもの洗車シャンプーやワックス、コーティング剤を使用して、洗車は完了です。


最後に、予防対策として、ボディカバーを被せておきましょう。花粉や黄砂はカバーにつくので、愛車は無傷。乗車する度にカバーを外し、その時に花粉や黄砂も払われるので、シミになる心配もありません。

関連キーワード

この記事をシェアする

愛車のお値段、調べてみませんか?お申込みはカンタン、45秒で完了。最大8社があなたのおクルマを無料で査定します。愛車の値段が分かっていれば、買う時も売る時も安心! 実績ある買取店が査定します! 査定無料

入力カンタン45秒!愛車の概算価格を無料で調べてみよう

車両情報の入力

メーカー
メーカー名を選んでください
車種
車種名を選んでください
年式
おおよそでOKです
走行距離
おおよそでOKです

お客様情報の入力

お名前
の価格があと少しでわかる!
電話番号
郵便番号 ※郵便番号が不明な方はこちら
ご住所
メール

プライバシーポリシー及び利用規約にご同意のうえお申込みください。

入力内容の確認

※査定後の売却は任意です。安心してご利用ください。

JPUC(車売却消費者相談室) 0120-93-4595

中古車買取において、何かお困りの事、相談したい事がございましたら 「一般社団法人日本自動車購入協会 車売却消費者相談室」へご連絡ください。
※査定予約の取り消し、アポイントの変更、キャンセルのご連絡は、直接お申込み企業様にお電話にてご連絡ください。

1.一括査定を依頼。愛車の情報を入力!45秒でカンタンお申込み! 2.買取店よりご連絡。買取店より電話またはメールでご連絡 3.最高額を選ぼう!査定額を比較できるから最高額が分かる!