車に関する交通事故は、可能な限り避けたいものですが、どこに住んでいても自動車が走っていれば一定の確率で起こってしまうものです。もし、交通事故が起こるとしたら、どれぐらいの確率で起こしてしまうのでしょうか。また、自分が交通事故の被害者になる確率はどれぐらいでしょうか。それぞれがどれぐらいの確率で起こるのかとその対応策を見ていきます。

目次

人生で交通事故を起こす確率はどれくらい?

人生で交通事故を起こす確率はどれくらい?

世の中では、毎日のように交通事故のニュースが出ています。もし自分が自動車の運転者ならば、1年間でどれだけの人が交通事故を起こしているかを知っておく必要があります。日本では年によって異なりますが、おおむね66万件ほどの交通事故が起こっています。そして、日本にはドライバーがおよそ8000万人いますのでこの二つの数字を使って1年間で交通事故を起こす確率を求めてみると1%未満でおよそ122人に一人が交通事故を起こしていることになるでしょう。ただ、実際にはペーパードライバーもいますので、普段車を運転している人の中で90人から100人に一人ぐらい、つまり1パーセントから2パーセントの割合で交通事故が起こっていることがわかります。

1年単位で考えれば、上記のような確率であることがわかりましたが、では10年間を運転続けた場合はどのように考えたらよいでしょうか。10年間運転を続けた場合はおよそ12人に1人という計算になることがわかるでしょう。つまり、確率としては8パーセント程度になることがわかります。このように考えると、交通事故を起こす確率は少なくありません。ですが実際には、交通事故を起こしやすい人と起こしにくい人がいるのも事実です。交通事故を起こさない人は一生を通じでまったく起こしませんが、逆に交通事故をよく起こす人は一生に何度も起こすことになります。

30年間運転を続けたと仮定した場合、延べ人数で4人に1人程度、つまり25%の確率で交通事故を起こしていることになります。30年間運転を続けるならばかなり高い確率で自分も交通事故を起こすのではないかと認識しておけば間違いません。「交通事故は運転の下手な人が起こすものなので自分だけは大丈夫」と自信を持っている人もいますが、交通事故を起こしやすい人は自分も加害者になる可能性もあると認識することが重要です。

人生で交通事故に遭う確率はどれくらい?

人生で交通事故に遭う確率はどれくらい?

交通事故は、車を運転している人だけの問題ではありません。歩道を歩いていたり自転車に乗っている人が交通事故の被害者になることもあり得ます。車を運転していないから「自分は交通事故とは無縁の人生だ」と安心してしまうべきではないでしょう。道を歩いていれば、突然歩道に自動車が突っ込んでくるような例も増えてきています。また、コンビニやスーパーマーケットなどの建物の中にいたとしても、ブレーキとアクセルを逆に踏んでしまい、車が窓ガラスを突き破って突っ込んでくるようなことも考えられます。

これらの不可抗力の事例も含め、交通事故に遭う確率はどれぐらいなのかを見ていくと、年度によって交通事故の被害者の数は異なりますがおおむね 1年間で100万人近くの被害者が出ています。日本の人口をわかりやすく1億人と考えると1パーセント程度の人が毎年被害に遭っていることが理解できるでしょう。このように考えると、交通事故の被害に遭う確率は非常に低いことがわかりますが、50歳までに交通事故に遭遇してしまう可能性は 50パーセントになることが理解できるでしょう。もちろん、すべての人が等しく交通事故に遭遇するわけではありません。これは、自動車運転する場合と同じように、交通事故の被害者になりやすい人がいる一方で、全く交通事故に遭わない人もいます。このように考えると、確率だけでは分からないものもありますが、少なくとも自分も被害者になり得ると頭の片隅に意識しておくことが重要です。

事故に対する備えを

事故に対する備えを

交通事故を自分が起こしてしまう確率も、逆に交通事故に遭う確率も決して低いものではないことがわかりました。そこで、普段から交通事故に関する備えをしておくことが必要になります。交通事故に関する備えの一つは、運転免許を持っており自動車を運転するならばしっかりと自動車保険に加入しておくことでしょう。自動車保険は、自賠責保険と任意保険の2種類があります。自賠責保険は強制加入ですので、自動車を所有しており運転できるすべての人が加入しています。しかし、死亡事故を起こしてしまった場合自賠責保険だけでは補償が十分ではありません。なぜなら、3000万円しかお金が出ないからです。そこで、任意保険に加入しておくことが必要になるでしょう。任意保険の加入すれば、死亡事故を起こした場合でも無制限にお金が支払われることになります。

一方、交通事故の被害者にならないためには常に安全を意識して歩いておく必要があります。もちろん歩道を乗り越えて自動車が突っ込んでくることや、建物の窓ガラスを破って車が突っ込んでくることもあるでしょう。ですが、そのような不可抗力により交通事故の被害者になるようなことはあるものの、自分が原因で交通事故を起こさない意識を持つことが重要です。信号を渡る時や横断歩道を渡るときはまわりの自動車の動きをよく確認して道を渡るべきです。自分もいつ被害者になるかわからないと心の片隅で意識して行動しておけば、事故の原因を大幅に減らすことができるでしょう。

まとめ

  • 交通事故を起こす可能性は1年間で1%〜2%
  • 遭遇してしまう可能性も1年間で1%くらい

交通事故を起こしてしまう確率は、1年間でおよそ1パーセントから2パーセントであることが理解できます。その一方で、交通事故に遭遇してしまう確率は1年間でおよそ1パーセントぐらいになります。これらの備えとして、運転者は任意保険に加入しておいた方がよいです。また、歩行者や自転車に乗っている人は、常に交通事故に遭うかも知れない気持ちでいることが重要になります。

事故処理が落ち着いたら…壊れた車を事故車買取の専門店に見積もってもらおう!

入力はかんたん60秒!今すぐ買取価格をチェック

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
グレード
カラー
走行距離
次の車検

お客様情報の入力

お名前
フリガナ
電話番号
メール
郵便番号
ご住所

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。CarMe車買取もしくはCarMe事故車買取よりお申込みください。

CarMe事故車買取の流れ

「CarMe事故車買取」なら60秒程度の簡単な情報入力で、お住まいの地域の事故車を取り扱う車買取専門店が愛車の概算価格をご連絡します。あとは複数の見積もりを比較して最高額を選ぶだけ!気に入った買取業者に実際に車を見てもらって、愛車を最高額で売ることができます。

1.一括査定を依頼。2.買取店よりご連絡。3.最高額を選ぼう!