車を運転している人にとって、駐車場は利用することが多い設備ですよね。そんな駐車場にはいくつか看板が設置されているのですが、よく見かけるのが「駐車場で起きた事故につきましては一切責任を負いません」という内容のものです。そこで今回は、この看板の意味と駐車場で事故が起きてしまった場合の対処法について解説します。

目次

当事者間で解決するのが原則

当事者間で解決するのが原則

駐車場は車の事故が起きやすく、交通事故のおよそ3割が駐車場で起きていると言われています。そんな駐車場で万が一駐車していたほかの車両にぶつけてしまったり、車同士で衝突してしまったなどの事故を起こしてしまった場合には、原則として事故を起こした当事者同士で話し合って解決することになります。これは駐車場内での事故であっても、駐車場の設備や管理が原因で事故が起きたわけでないのなら駐車場の管理会社や管理組合に責任はないと考えられているためです。そのため駐車場側に原因や責任がない車の事故に関しては、駐車場の持ち主や管理会社・組合に責任を追及することはできません。

ただ当事者同士での話し合いではなかなか解決しないことも多く、駐車していた車にぶつけてしまった場合には持ち主が近くにいないということもあります。そのような場合には駐車場を管理している会社や組合もしくは駐車場の管理人に連絡を入れて、車の持ち主に連絡をしてもらうなどスムーズに解決できるようにサポートしてもらうことが必要です。また事故の内容によっては警察を呼ばなければいけませんし、当事者同士で解決できない場合は弁護士を挟むなどの対策も検討しなければいけません。このような場合にも管理会社や組合、駐車場の管理人に連絡を入れて状況を報告しておいた方がいいと考えられています。

駐車場側に原因や責任がある場合にはその限りではない

駐車場側に原因や責任がある場合にはその限りではない

駐車場内での車の事故は、原則として事故を起こした当事者同士で解決する必要があります。ただし事故が起きた原因が駐車場内の設備や環境の管理ミスであったり、駐車場側にも何らかの責任があると判断された場合には、駐車場を管理している人はもちろん、管理会社や組合にも責任を追及することができるのです。理由としては駐車場を管理している側は駐車場が安全に利用できるように整備・管理する責任と義務があるためで、それらを放棄したり怠った結果で起きた事故に関しては当然責任問題が発生すると考えられています。

具体的にどのような問題があると駐車場側に原因や責任があるのかというと、例えば駐車場内のマンホールの蓋が錆びていたにも関わらず放置して事故が発生したというケースがあります。この場合は駐車場内のマンホールの不備を放置していたと判断されるため、駐車場側にも問題があるということになるのです。ほかにも駐車場内に大きな障害物があるのに放置している、クレームが出ている内容を放置した結果事故が起きたなどのケースでも、駐車場側に原因や責任があると考えられます。このように駐車場側に原因や責任がある車の事故に関しては、どんなに「駐車場で起きた事故につきましては一切責任を負いません」と看板で明記されていたとしても、法律上は責任を追及されることになるため看板の内容は無効です。

「一切責任を負いません」の看板の意味

「一切責任を負いません」の看板の意味

「駐車場で起きた事故につきましては一切責任を負いません」という看板には、いくつかの意味があります。まず管理会社や組合が伝えたいのが、「駐車場内での事故は、管理会社や組合に責任がない限りは関与する義務はない」という宣言です。こうすることで管理会社や組合側は駐車場内で起きた車に関連した事故の責任を全て追及されるという事態を回避することができますし、看板という見える形で提示することで万が一責任を追及された場合も拒否しやすくなると考えられています。

また「管理会社や組合側に責任がない限り、駐車場内での車の事故は当事者同士で解決してほしい」というお願いの意味も含まれています。駐車場内での車の事故は当事者同士で解決することは原則であるものの、中にはそれを知らない人もいますよね。そのような人たちに対して、当事者同士での解決を促す意味合いで提示しているところもあるようです。ほかにも重要な意味として挙げられているのが、注意喚起です。特に店舗やコインパーキングなどの場合は、駐車場内での車の事故のほかにも様々なトラブルが起きやすくなっています。そのため事故やトラブルが起きないように、起きたとしても自分たちで解決しなければいけないという警告の意味を兼ねて看板を設置しているところも少なくありません。

このように「駐車場で起きた事故につきましては一切責任を負いません」という看板には、管理する側の自己防衛以外にもいくつかの意味が含まれているのです。

まとめ

  • 駐車場内での車の事故は、原則として当事者同士が解決しなければならない
  • 駐車場側に事故の原因や責任があると判断された場合は責任を追及可能
  • このような時の対処や責任を明確にするために、「一切責任を負いません」という看板が設置されている

駐車場内での車の事故は、原則として当事者同士が解決しなければいけません。ただし駐車場側に事故の原因や責任があると判断された場合には、当事者だけではなく駐車場を管理する側にも責任を追及することが可能です。このような事故が起きた時の対処や責任を明確にするために、「一切責任を負いません」という看板が設置されていると考えられています。

事故処理が落ち着いたら…壊れた車を事故車買取の専門店に見積もってもらおう!

入力はかんたん60秒!今すぐ買取価格をチェック

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
グレード
カラー
走行距離
次の車検

お客様情報の入力

お名前
フリガナ
電話番号
メール
郵便番号
ご住所

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。CarMe車買取もしくはCarMe事故車買取よりお申込みください。

CarMe事故車買取の流れ

「CarMe事故車買取」なら60秒程度の簡単な情報入力で、お住まいの地域の事故車を取り扱う車買取専門店が愛車の概算価格をご連絡します。あとは複数の見積もりを比較して最高額を選ぶだけ!気に入った買取業者に実際に車を見てもらって、愛車を最高額で売ることができます。

1.一括査定を依頼。2.買取店よりご連絡。3.最高額を選ぼう!