買い物などで自宅とは違う駐車スペースに車をとめていた時、戻ってくると愛車に傷がつけられている事があるかもしれません。事故や自分が間違って傷をつけた訳ではなく、明らかにイタズラとわかった場合はどのようにすれば良いのでしょうか?警察への報告や保険請求、犯人を特定する方法、そしてイタズラ防止方法などについて解説します。

目次

まずは警察に被害届を / 車両保険によっては修理費が出る場合も

まずは警察に被害届を / 車両保険によっては修理費が出る場合も

事故ではなくイタズラで車に傷をつけられている事が判明すれば、まずは現場から警察に通報し、駆け付けた警察官に被害届を提出します。被害届といっても、被害を受けた日時や時間を報告するだけです。ただ迅速に被害届を出す事が大切です。現場検証などをするのが面倒だからと立ち去り、後日に被害届を出しても、まともに取り扱ってくれません。そして遅くなれば遅くなるほど、犯人が捕まる可能性も低くなってしまいます。

イタズラをした人が圧倒的に悪く、車の持ち主は被害者です。しかし相手を特定する事が困難なので、加害者に修理代を請求する事も出来ません。よって被害者自身が修理代を負担しなければならないのです。こんな時、頼りになるのが車両保険です。車両保険にはエコノミーと一般条件という2つの補償タイプがあるのですが、車につけられた傷はどちらのタイプも補償して貰えます。ただし車両保険から支払いを受けた場合は、翌年に一等級ダウン、事故有期間1年がつき、保険料も上がる事になります。そして注意が必要なのが、保険会社に修理費を請求する場合は必ず警察に被害届、店舗の駐車場管理者に届出をしておくという事です。車への傷は自作自演行為も可能であるため、警察にも被害届を出していないとなると、支払いを拒否されてしまう事もあるのです。被害者なのにあらぬ疑いをかけられると気分が良いものではありません。例え傷が小さくても順序立てて報告しておく事が大切です。

どうしても犯人を特定したいなら

どうしても犯人を特定したいなら

イタズラによる車の傷は警察にとって重要度の低い案件です。つまり事故や事件のように積極的には動いてくれず、犯人を見つけるのも困難になります。そこでどうしても犯人を特定させたい、警察に協力して欲しいと思った場合は、告訴するという方法もあります。告訴とは加害者に対しての処罰を強く求める手続きなので、警察も捜査する義務が発生します。ただ告訴は簡単に受理してくれるものではないので、まず弁護士や行政書士に相談して告訴状の作成、提出をしておく事が賢明です。

何度も同じようなイタズラをされる時は探偵に相談してみるという方法もあります。警察が動いてくれないからと、素人が下手に調査を開始しても、逆に自分が不審人物として通報される事もあります。さらに加害者が知人で恨みを持ってイタズラをしてくる場合、相手に調査行動を察知されると更に危険な目に遭うかもしれません。もちろん探偵を雇うとなると、それ相応の料金は必要になりますが、調査のプロらしく様々な方法や道具を駆使して、犯人を突き止めていきます。粘り強い調査の結果、無事に犯人を突き止める事が出来れば、それを動かぬ証拠としてしっかり残します。確実な証拠があれば、警察も動かない訳にはいきません。警察が絡んでくると犯人も嫌がらせを止めない訳にはいかないので、そこで一気に問題を解決する事が出来るのです。

イタズラを防止するためには

イタズラを防止するためには

イタズラによって車に傷がつけられないためには、まず360度撮影可能のドライブレコーダーの設置が効果的です。ドライブレコーダーと言えば、事故が発生した時に証拠の動画を記録してくれるものというイメージがありますが、駐車中の監視にも役立ちます。エンジンをかけていなくても、音や映像を記録する事が出来るので、もしもの場合にも犯人を特定しやすくなります。

また動いている人を感知した時だけ記録する動体検知カメラなら、配線も不要なので手軽に導入する事が出来ます。何かが動いている時のみ作動するので、バッテリーやメモリも節約出来て経済的にもやさしいです。ちなみにカメラを設置する場合は、赤外線ライト付きを選んだ方が確実です。イタズラ被害は日中にも起こり得ますが、人通りが少ない夜間こそ犯人が行動しやすい時間帯です。せっかく人を察知して撮影しても、真っ暗な状態では誰が犯人かもわかりません。その点、赤外線ライト付きであれば暗闇の中でもしっかりと撮影する事が出来ます。

そしてカーセキュリティーは、光ったり点滅する事でセキュリティーが付いている事をアピール出来るアイテムです。たくさんの車が停車している中で、犯人もわざわざリスクの高い車を選びません。安価ですが効果は抜群で、愛車をイタズラから守りやすくなるのです。より効果をアップさせるためには、警報タイプのカーセキュリティーがおススメです。異常があると大音量の警報音がなり、相手を威嚇する事が出来ます。

まとめ

  • 愛車がイタズラの被害に遭った時は、まず警察に被害届を
  • 犯人を特定させるためには告訴する事、探偵を雇うなどの方法をとる
  • イタズラのリスクを減らすためにドライブレコーダーなどの搭載を!

愛車がイタズラの被害に遭った時は、まず警察に被害届を提出する事が大切です。そして犯人を特定させるためには告訴する事、探偵を雇うなどの方法があります。もちろん二度と被害に遭わないよう対策をとる事も大事で、360度撮影可能のドライブレコーダーや動体検知カメラ、カーセキュリティーなどを搭載しておくと、イタズラのリスクを減らす事が出来ます。

事故処理が落ち着いたら…壊れた車を事故車買取の専門店に見積もってもらおう!

入力はかんたん60秒!今すぐ買取価格をチェック

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
グレード
カラー
走行距離
次の車検

お客様情報の入力

お名前
フリガナ
電話番号
メール
郵便番号
ご住所

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。CarMe車買取もしくはCarMe車処分よりお申込みください。

CarMe事故車買取の流れ

「CarMe事故車買取」なら60秒程度の簡単な情報入力で、お住まいの地域の事故車を取り扱う車買取専門店が愛車の概算価格をご連絡します。あとは複数の見積もりを比較して最高額を選ぶだけ!気に入った買取業者に実際に車を見てもらって、愛車を最高額で売ることができます。

1.一括査定を依頼。2.買取店よりご連絡。3.最高額を選ぼう!