交通事故は物損事故と人身事故に大別されます。このうち、物損事故における慰謝料の扱いについては知られていない部分もあります。そこで物損事故の慰謝料に関する様々な要素を解説していきます。物損事故とは何かについても詳しく説明していきます。自動車事故に関することを知っておきたい方にうってつけの内容となっています。

目次

物損事故とは?

物損事故とは?

物損事故とは、交通事故のうち怪我人や死亡者が出なかったものを指します。怪我人や死亡者が出た事故のことは人身事故と呼びます。例えばガードレールにぶつかったといった事故は物損事故となります。自動車同士の事故であったとしても双方に死傷者が出なかった場合は物損事故として扱われます。軽微な怪我であっても怪我人が出れば人身事故扱いとなるため、物損事故として扱われていた事故が後から人身事故に切り替わることもあります。物損事故の中でも多いのが駐車場内での事故です。駐車場内で止まっている車にぶつかってしまったが人は誰もダメージを受けていないというケースは珍しくありません。物損事故であっても交通事故には変わりがないので、通報しなければならないルールになっています。

ガードレールやカーブミラーなどにぶつかった物損事故の場合、被害者が目の前にいない事故ということになります。そのため、通報せずに逃げ去ってしまう方がいます。しかし、そういった物損事故であっても警察を呼ばなければいけないルールが定められています。どんなに急いでいても警察に連絡するようにしましょう。カーブミラーが物損事故によって破損していたことによって、その後他の自動車が交通事故を引き起こしてしまうというケースもあります。警察に通報することはその点からも重要となっています。

物損事故では慰謝料は発生しない

物損事故では慰謝料は発生しない

交通事故の被害に遭った場合は損害賠償を請求することが出来ます。その損害賠償の中には慰謝料も含まれます。しかしながら、物損事故の場合は慰謝料を請求することが出来ません。慰謝料とは心の傷に対する賠償金であり、物しか壊れていない状態で請求することは原則として認められていないからです。このことは損害賠償に大きな影響を及ぼしており、物損事故は人身事故に比べて損害賠償金額が大幅に少なくなっています。

慰謝料は請求できませんが、自動車の修理代やレッカー費用などを請求することは出来ます。自動車が故障したことで代車が必要になった場合は、代車の代金についても請求可能となっています。被害者がタクシーやバス会社であった場合は営業補償を請求することも出来ます。慰謝料を請求するには人身事故に切り替える必要がありますが、死傷者が一切いなかった場合は切り替えることが出来ません。例えば、この事故以降身体の不調を抱えるようになった方がいた場合は、その身体の不調が交通事故によるものであることを証明しなければならなくなります。証明できた場合は人身事故に切り替わるため、慰謝料を請求することが出来ます。その結果次第で損害賠償の金額が大きく変わるので、怪我の原因が交通事故であることを証明することは非常に重要なこととなります。事故後に身体に違和感があった場合は病院で診断を受けましょう。

例外的に慰謝料が発生するケースもある

例外的に慰謝料が発生するケースもある

物損事故でもまれに慰謝料が発生することがあります。それは物の損傷が被害者に重大な精神的ダメージを与えた場合です。しかし、大事にしていた自動車が壊れたという場合でも慰謝料が発生することはほとんどありません。この例外が適用されるのはペットが事故に巻き込まれたケースなどです。法律上ペットは物として扱われるため、交通事故によってペットが怪我をしたり、死んでしまったりしても物損事故となります。ペットを家族の一員として認識している方は多く、ペットが被害にあうと重大な精神的ダメージを負うことも想定されます。そのような事故に関して、被害者側が加害者に対して慰謝料を請求し裁判を起こしたケースがあります。その結果、慰謝料請求が認められたことも何度もあり、ペットが巻き込まれた事故に関しては物損事故であっても慰謝料が発生すると見なされることが多いといえるでしょう。

他にも世界に1つしかない歴史的価値を持つ品物や文化財が壊れてしまった場合にも慰謝料請求が認められるケースがあります。しかしながら、これは稀なケースとなっており、物損事故においては慰謝料請求が認められないケースの方が非常に多いです。軽微な怪我であっても怪我を負ったことを証明し、人身事故に切り替えて慰謝料を請求する方が現実的といえるでしょう。その際には弁護士などの法律の専門家と相談をすることも有効となっています。

まとめ

  • 物損事故とは死傷者が一切発生しなかった交通事故のこと
  • 慰謝料とは精神的ダメージに対して支払われるもので、物損事故では原則として請求できないが例外もある

物損事故とは死傷者が一切発生しなかった交通事故のことを言います。慰謝料とは精神的ダメージに対して支払われるものであり、物損事故では原則として請求できません。物損事故によって損傷を受けたものが、被害者の精神において極めて重要性が高いと裁判などで認められることがあれば、例外的に慰謝料請求を行うことが出来ます。

事故処理が落ち着いたら…壊れた車を事故車買取の専門店に見積もってもらおう!

入力はかんたん60秒!今すぐ買取価格をチェック

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
グレード
カラー
走行距離
次の車検

お客様情報の入力

お名前
フリガナ
電話番号
メール
郵便番号
ご住所

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。CarMe車買取もしくはCarMe車処分よりお申込みください。

CarMe事故車買取の流れ

「CarMe事故車買取」なら60秒程度の簡単な情報入力で、お住まいの地域の事故車を取り扱う車買取専門店が愛車の概算価格をご連絡します。あとは複数の見積もりを比較して最高額を選ぶだけ!気に入った買取業者に実際に車を見てもらって、愛車を最高額で売ることができます。

1.一括査定を依頼。2.買取店よりご連絡。3.最高額を選ぼう!