交通事故が発生した場合は基本的に加害者側の保険を使って損害賠償の支払いを行います。しかし、事故の加害者が無保険だった場合はどうなるのでしょうか。無保険の車との事故が起こってしまった場合について解説していきます。無保険車との事故は滅多にないことではありますが、万が一の際にどうすれば良いのかを知っておくと役立つ可能性があります。

目次

無保険の車の事故がもたらす影響

無保険の車の事故がもたらす影響

交通事故が起こると莫大な金額の損害賠償が発生することも少なくありません。怪我の治療費、自動車の修理代、仕事が出来なくなることへの補償、後遺症への賠償などをトータルすると数千万円にも及ぶケースがあります。そのようなお金をキャッシュでいきなり払えるという方は極めて稀であり、ほとんどの場合においては保険での支払いがなされます。しかし、加害者側が無保険だった場合には大変な事態になってしまいます。全てを加害者の実費で支払うことが求められます。無保険車との事故においては、結果的に全額を支払うことは不可能と判断され、被害者が損をしてしまう恐れがあります。相手方本人からの損害賠償金をどれくらい受け取れるのかは、相手の経済力によるところも大きいです。ただし、様々な手段を駆使することで一定の補償を確保できるケースもあります。

日本の自動車保険は自賠責保険と任意保険に大別されます。このうち、自賠責保険は法律で加入が義務付けられています。自賠責保険にすら入っていない自動車というのは法律違反の自動車ということになります。法律違反をしている自動車との事故である以上、そのやり取りがややこしいことになることも予想されます。無保険の自動車との事故というのは、あらゆる交通事故の中でも特に被害者にとって困った事態になりやすい事故といえるでしょう。

加害者が自賠責保険に入っている場合

加害者が自賠責保険に入っている場合

加害者が自賠責保険に入っている場合は、自賠責保険に被害者請求をすることが出来ます。自賠責保険の傷害部分は120万円という上限がついており、任意保険に比べると大きな補償をしてもらうことが出来ません。それでも完全な無保険に比べると補償してもらえる範囲がある分、いくらか良いといえるでしょう。怪我の程度が大きい場合は上限額の120万円をこえてしまうこともあります。その場合は健康保険で支払いを行い、治療費分を安く抑えることが有効です。治療費を大きくかけないようにすることで休業損害や慰謝料の部分を出来るだけ多くもらうことが出来ます。自賠責保険の上限の中でギリギリのところまで補償してもらうことが重要となります。

自賠責保険においても後遺症に対する賠償を行ってもらうことが出来ます。しかし、等級認定によって支払われる金額は任意保険よりもかなり低い点には注意しておきましょう。自分や家族の保険に無保険車障害特約が付いている場合は、自分側の保険を利用して保険金を受け取ることが出来ます。その場合は相手が無保険であることが分かるや否やすぐに自分の保険会社に連絡をするようにしましょう。事故の内容によっては自賠責保険だけでも補償を賄いきれるケースがあります。ただし、大きな事故があった場合は自賠責保険だけで十分な補償を受けられないこともあるので注意しておきましょう。

加害者が自賠責保険にも入っていない場合

加害者が自賠責保険にも入っていない場合

加害者が自賠責保険にすら入っていない場合は非常に難しい状態となります。自分側の保険特約でカバーできるかどうかをまず相談することが大切です。それでも難しい場合は政府保証事業を利用します。政府保障事業とは、本来ひき逃げなどで相手を特定できない場合に利用するものですが、相手方が無保険の場合でも保障を適用できるケースがあります。なお、その場合は自賠責保険の水準で補償がなされます。加害者が仕事中に事故を起こしたという場合は使用者の責任を問える可能性もあります。

どうしようもない状態になった場合は裁判を起こすという方法もあります。相手の過失が明白になっていれば、裁判で損害賠償を確定することが出来ます。相手の支払い能力が高くなかった場合はどうしても賠償額に制限がかかりますが、全く支払ってもらえないという可能性は低くなります。弁護士と相談して裁判を起こすメリットがあるかどうかを聞いておくことも大切です。自動車の運行供用者がいる場合はそちらに損害賠償請求が出来る可能性もあります。運転供用者とは保護者や自動車の所有者のことを指します。保護者や自動車の所有者は無保険と知りながら、自動車の運転を見過ごした可能性があります。そのことを立証できれば責任を問うことが可能です。いずれの場合でも厳しい状況が続きますが、専門家のアドバイスを聞くことで対処法が見つかることもあります。

まとめ

  • 無保険の自動車との事故は損害賠償が全額支払われる可能性が低い
  • 自賠責保険があればある程度の補償を受けることは出来る
  • 自分の保険特約などを使って少しでも補償を受けられるようにすることが重要

無保険の自動車との事故は損害賠償が全額支払われる可能性が低く、非常に厳しい状態になります。自賠責保険があればある程度の補償を受けることは出来ますが、上限がやや低いことに注意が必要です。相手が全く保険に入っていなかった場合は、自分の保険特約などを使って少しでも補償を受けられるようにすることが重要となります。

事故処理が落ち着いたら…壊れた車を事故車買取の専門店に見積もってもらおう!

入力はかんたん60秒!今すぐ買取価格をチェック

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
グレード
カラー
走行距離
次の車検

お客様情報の入力

お名前
フリガナ
電話番号
メール
郵便番号
ご住所

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。CarMe車買取もしくはCarMe車処分よりお申込みください。

CarMe事故車買取の流れ

「CarMe事故車買取」なら60秒程度の簡単な情報入力で、お住まいの地域の事故車を取り扱う車買取専門店が愛車の概算価格をご連絡します。あとは複数の見積もりを比較して最高額を選ぶだけ!気に入った買取業者に実際に車を見てもらって、愛車を最高額で売ることができます。

1.一括査定を依頼。2.買取店よりご連絡。3.最高額を選ぼう!