自分は交通事故に遭ってしまうようなことはないから大丈夫と思っていると、いざというときに冷静な判断ができずに後悔してしまうかもしれません。車の事故の被害に遭ってしまったときにはどんな対応をしたら良いのでしょうか。交通事故の被害者が持っておくべき心得を紹介するので、いつ不測の事態があっても大丈夫なように覚えておきましょう。

目次

まずは警察に連絡を

まずは警察に連絡を

交通事故の被害者になってしまったときにまず大切なのが警察に連絡することです。交通事故にも程度の差がかなりあり、渋滞中に追突で軽く接触されただけの場合もあれば、停車中に後方や前方からノーブレーキで衝突されてしまうような場合もあるでしょう。前者の場合には大きな怪我をすることはほとんどないので、すぐに携帯電話で警察を呼ぶことができます。加害者の方が車から降りてきたなら警察への連絡を任せてしまっても構いません。一方、後者のような大きな事故の被害者になってしまったときには自分では警察に連絡するのが無理かもしれません。しかし、意識があって声を出せる状況なら、周囲にいる人たちに声をかけて警察と救急車を呼んで欲しいと伝えるのが大切です。

交通事故が起こったときには警察が現場検証と関係者への聴取を行います。その内容に基づいてどちらにどれだけの責任があったかが判断され、慰謝料の請求や修理費の負担などの協議に用いられることになるのが一般的です。事故があったら速やかに警察に連絡をするのは車を運転している人の義務なので、たとえ怪我もなく、車の損傷もないように見えたとしてもその場で連絡をしましょう。もしかすると追突により鞭打ち症になっているのにその場では気付かず、後になって事故が原因だったと気づくこともあります。そのような際に対応できるようにするためにも警察を呼んでおくのが肝心です。

加害者に関する情報を

加害者に関する情報を

交通事故が起こってから警察が到着するまでにはかなりの時間がかかります。その間にやっておきたいのが加害者に関する情報を集めておくことです。事故の加害者は必ずしもその場に残ってくれているとは限らず、当て逃げをしてしまうことも珍しくありません。一度は車から降りてきたものの、警察に電話しているのに気づいて恐れおののいて逃げてしまうこともあります。逃げられてしまったときに加害者についての情報が全くないと、慰謝料や車の修理費用などを請求する相手もいなくなってしまうでしょう。警察にも聞き込みなどの捜査をしてもらう負担がかかってしまうので、できる限り多くの情報を集めておくのが大切です。

加害者が出てきたなら運転免許証を見せてもらって名前と住所を控えておくのが良いでしょう。運転免許証を見せるのは断られたとしても名前と住所、電話番号くらいは聞いておくのが賢明です。携帯の電話番号を聞いて、その場でかかるかどうかを確認しておくのも良い方法です。連絡ができないと慰謝料などの交渉もできないので、連絡先を確保するのは重要と言えます。また、加害者が逃げていきそうな場合には車種と色、ナンバープレートに書いてある内容などをメモしておくのが賢明です。携帯電話などを使って写真を撮ってしまうのが簡単で、加害者を特定するための証拠としても使いやすいでしょう。

現場の状況を証拠に残す

現場の状況を証拠に残す

証拠として残した方が良いのは加害者の車の情報だけではありません。現場の状況をできるだけ保存しておくのが肝心で、周囲の人や車に荒らされてしまわないようにした方が良いでしょう。現場検証をしてもらうことさえできれば、それが証拠として公式の文書に残ります。ただ、状況によっては二次的な事故が起こりやすくなっていて、速やかに現場を片付けた方が良いと考えられることもあります。現場はそのままの状態にしておくのが原則なので、片付ける必要がありそうなときには警察に連絡したときに状況を説明して指示を仰ぎましょう。片付けることになった場合には現場の状況を証拠として確実に残しておかなければなりません。写真や動画で克明に状況を記録するのが基本なので、携帯電話などを使って撮影しておきましょう。

一方、警察が来る前に現場が荒らされてしまったり、加害者の方が何か手を加えたりしてしまうこともあるかもしれません。それが被害者にとって不利になるような結果につながってしまわないように、事故の現場の写真や動画を証拠として撮っておきましょう。もし加害者が怪しい行動をしているようなら、無理に止めようとするよりも様子を撮影しておいた方が無難です。それが加害者側の過失割合を小さくするための画策だったとしたら、その映像を根拠にして指摘すれば大丈夫だからです。写真や映像は強力な証拠になるので、事故に遭ったら撮影した方が良いと覚えておきましょう。

まとめ

  • まずは警察に連絡を!
  • 相手の車種や色とナンバープレートを記録
  • 現場の様子を写真や動画で記録して証拠として残す

交通事故の被害者になってしまったときにはまず警察に連絡しましょう。警察が到着するまでの間に加害者についての情報を集め、もし逃げてしまうようなら車種や色とナンバープレートを記録しておくのが大切です。また、現場の状況は保存するのが原則ですが、警察が現場検証をする前に荒らされてしまうこともあります。写真や動画で記録して証拠として使えるようにしておきましょう。

事故処理が落ち着いたら…壊れた車を事故車買取の専門店に見積もってもらおう!

入力はかんたん60秒!今すぐ買取価格をチェック

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
グレード
カラー
走行距離
次の車検

お客様情報の入力

お名前
フリガナ
電話番号
メール
郵便番号
ご住所

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。CarMe車買取もしくはCarMe事故車買取よりお申込みください。

CarMe事故車買取の流れ

「CarMe事故車買取」なら60秒程度の簡単な情報入力で、お住まいの地域の事故車を取り扱う車買取専門店が愛車の概算価格をご連絡します。あとは複数の見積もりを比較して最高額を選ぶだけ!気に入った買取業者に実際に車を見てもらって、愛車を最高額で売ることができます。

1.一括査定を依頼。2.買取店よりご連絡。3.最高額を選ぼう!