事故によって車が損傷してしまったときに修理した方が良いか、廃車にして買い替えた方が良いかで悩むことがあるでしょう。どのような判断基準で決めたら良いのでしょうか。一般的に考えてどのような点に着目して修理か廃車かを決めるのが妥当かを確認し、事故にあってしまって困ったときに速やかに判断できるようになりましょう。

目次

修理をするか、廃車にするかの判断基準3つ

修理をするか、廃車にするかの判断基準3つ

事故に遭ってしまった車を修理するか廃車にするかの判断基準として重要なものが三つあります。一つ目に挙げられるのがその車に乗り続けたいという気持ちがあるかどうかです。新車で購入してからまだ半年しか経っていない車だとなると修理したいと考えるのはもっともだと言えます。逆にもう買ってから10年以上も経過しているという場合にはここで廃車にしてしまっても良いだろうと考えるでしょう。しかし、いかに古かったとしてもクラシックカーでもう手に入らないとなると修理できるならしたいと思う人もいます。また、走行距離がもう何十万キロにもなっているからそろそろ買い替え時だと思っていたという場合には廃車で良いという判断ができるでしょう。

車を購入してからの年数や走行距離、車種の希少性や車に対する愛着心などを加味して、主観的に修理したいかどうかをまず考えるのが大切です。また、その観点からもう一つ重要なのが損壊の程度で、あまりに大きな事故だった場合には新車でも修理するより買い替えた方が良いと思うこともあるでしょう。修理によって元どおりの姿に戻るとは限らず、塗装なども少し違った様子になってしまう傾向があります。修理後の姿を想像してあまり良いイメージを抱けないのであれば廃車にするのが無難です。また、事故車という扱いになるのが嫌だと感じる人も廃車にした方が失敗がないでしょう。

フレーム部分に損傷があるかどうか

フレーム部分に損傷があるかどうか

客観的な視点から修理するか廃車にするかを判断する基準としてまず確認しておきたいのが車のフレーム部分の損傷です。フレームは車の骨格に当たるもので、フレームが歪んでしまっていると運転するのにはかなりのリスクが生じます。フレームは車を支えて形を整えているものなので、人で言えば背骨と捉えることが可能です。背骨が曲がっている状態で走れと言われても正しい姿勢を取れず、走る方向すら定まらないかもしれません。同様に車の場合にも設計時に想定されていた通りの骨格を持っていることで正しく走行することができるように作られています。そのため、フレームが曲がってしまっていると安全に走行することは困難なのです。

事故によってフレーム部分に損傷ができても修理ができないわけではありません。ただ、曲がってしまったフレームを元に戻そうとしても、新車として製造されたときとは若干異なる形になってしまうのが通例です。街中を運転する程度ではあまり問題にならない場合もあるでしょう。しかし、高速道路を運転したり、山道を走ったりすると走行が不安定になってしまう危険があります。もう一度事故に遭ってしまったときにも安全面に問題が生じるリスクがあるだけでなく、フレームの歪みが原因で事故になったのではないかと疑われてしまう可能性もないわけではありません。フレームが無事ではないなら廃車にするのが賢明と言えます。

保険会社からどこまで修理費用が出るか

保険会社からどこまで修理費用が出るか

事故に遭ってしまった車を修理したいと考えたときには費用がかかります。修理するか廃車にするかのもう一つの判断基準が修理費用が保険会社からどのくらい出るかです。他人に車をぶつけられてしまったという場合にも、自分が車をぶつけてしまったときにも自動車保険に入っているかどうかがまず重要になります。車両保険に入っていて上限額も十分に高くなっているなら修理費用が高くても保険でカバーできる可能性があるでしょう。ただ、保険に入っていたとしても全額出るとは限らないので注意しなければなりません。

通常、保険で出してくれる修理費用は車の時価相当額以下となっています。例えば、修理費用が100万円で、時価が150万円であれば100万円まで支給してもらえるでしょう。しかし、時価が半分の75万円になっていたら、保険で出るのは75万円までになってしまいます。75万円を超える部分については自費でまかなわなければなりません。その金額があまり大きくないなら修理しようと思う人もいるでしょう。しかし、あまりに古い車の場合には時価がかなり低くなってしまい、事故による損傷も大きければ何百万円もの修理費を負担しなければならないこともあります。それほどの費用をかけるなら廃車にしてしまおうと判断する人もいるでしょう。修理の見積もりを取得し、車の時価も保険会社に計算してもらった上でどうするかを判断した方が良いのです。

まとめ

  • 修理するか廃車にするかはまず主観的に考えてみる
  • フレームに損傷がないかがポイント!
  • 保険で修理費用をどれだけカバーできるのかも確認しよう

事故に遭って車が損傷してしまったときに修理するか廃車にするかの判断は、まず主観的に考えてみましょう。ただ、それだけで決めてしまわずにフレームに損傷がないか、保険で修理費用をどれだけカバーできるのかを確認した上で最終決定をするのが大切です。このような三つの判断基準を持ち、選択を誤ってしまわないようにしましょう。

事故処理が落ち着いたら…壊れた車を事故車買取の専門店に見積もってもらおう!

入力はかんたん60秒!今すぐ買取価格をチェック

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
グレード
カラー
走行距離
次の車検

お客様情報の入力

お名前
フリガナ
電話番号
メール
郵便番号
ご住所

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。CarMe車買取もしくはCarMe事故車買取よりお申込みください。

CarMe事故車買取の流れ

「CarMe事故車買取」なら60秒程度の簡単な情報入力で、お住まいの地域の事故車を取り扱う車買取専門店が愛車の概算価格をご連絡します。あとは複数の見積もりを比較して最高額を選ぶだけ!気に入った買取業者に実際に車を見てもらって、愛車を最高額で売ることができます。

1.一括査定を依頼。2.買取店よりご連絡。3.最高額を選ぼう!