自動車保険に入っていれば、もしもの事故が生じた際にも保険金によって車の修理費用を回収することができます。しかし、保険金が出るための条件は規定があり、自分で全損だと思っていてもそう評価されず、車の修理や買い替えがままならない場合もあるなど難しいものです。車の全損時の基準や保険の適用について確認してみましょう。

目次

どこまで壊れていたら全損になるの?

どこまで壊れていたら全損になるの?

まず知っておかなかければならないのは、車がどの程度壊れている場合に全損と判断されるかです。全損は「修理ができない状態」が基本的な定義です。文字通り、「全て損なわれている」状態になっており、修理によって自動車としての機能回復が期待できない場合をいいます。しかし、保険では全損の定義はこれだけではありません。場合によっては、修理が可能な場合だとしても全損扱いになる場合があります。この点が誤解されやすいですが、ポイントは自動車の機能に注目して考えることです。

自動車の機能を回復するための修理に要する費用が、その損害した車両の時価額を上回る場合も全損扱いになります。これは、事実上の機能の回復が車の修理ではなく買い替えによって達成することができるからです。そのため、修理費用が高くなることを理由にして、多額の保険金を請求し、より新しい、よりグレードの高い車に買い換えるということはできません。また、全損というと事故による故障や破壊された状態をイメージしがちですが、実は自動車が盗難に遭ってしまい、車を発見できない場合も全損として扱います。地震や津波などによって車が行方不明になってしまうケースも同様です。全損は車の修理の可否や程度で判断することもできますが、保険では自動車としての機能に注目して考えるということを覚えておきましょう。

全損だと保険料はどれくらい貰えるの?

全損だと保険料はどれくらい貰えるの?

もしも事故やトラブルがあって自分の愛車が全損になってしまった場合、保険料はいくらほどもらえるか考えてみます。

車両保険では、契約時に車両価格を決めておくことになります。この時の車両価格は、「協定保険価額」で決められた金額で、市場で販売されている価格に相当する金額が基準です。そのため、実際に購入した際の車両の価格とは異なることに注意しなくてはなりません。限定モデルで価値が高い場合や、セールで安く購入できた場合でも、車両価格は基準に基づいて一律に処理されるということです。また、車両保険は毎年更新され、その際に保険価額も変わります。10年ほど経過するとほぼ価値がゼロになりますので、いつまで保険をかけるかは慎重な判断が必要です。

基本的に全損の場合は、この保険契約時の車両価格上限までは保険金を受けとることが可能です。保険会社側では、全損と思われる事故やトラブルの連絡を受けると、その状況を確認して全損扱いの可否を判断して支払う保険金を決定します。全損で修理を行う場合、保険契約時の車両価格の範囲内で修理費用が支給されます。ただし、修理に必要な費用が車両価格を上回ってしまう場合は、車両価格までの金額が支給され、残りの費用は自己負担です。たとえば、修理見積もりが40万円で、契約時の車両価格が30万円の場合なら10万円は自分で負担することになります。

全損によって買い替えが必要な場合、車両価格の上限までの保険金が出ます。そのため、買い替えに要した費用ではありませんので誤解ないよう注意が必要です。全損扱いの盗難や車両の紛失についても同様です。保険契約時の車両価格の上限までの保険金は支給されますが、それ以上の金額については自己負担です。

相手に買替え費用を請求できる?

相手に買替え費用を請求できる?

相手のある事故では、保険での処理は保険会社とのやり取りになりますが、事故の相手本人に費用請求を行うことも可能です。この場合は、基本的に当事者どうしの示談交渉になります。かかった修理費用や買替え費用を提示して請求し、相手側が納得して支払ってくれるのであれば特に問題はありません。

しかし、全損となると多くの場合は相手が示談交渉も含めて保険会社に任せるため、相手に直接費用を請求できるのはかなり稀なケースです。保険の等級を上げたくない、仕事などの都合上事故を大ごとにしたくないような事情がある場合には示談交渉に応じてくれますが、そうでなければ相手側の保険会社にすぐに連絡がいくことになるでしょう。

示談に持ち込んで請求ができたとしても、不当に高い修理費を請求したり、過失の割合が正しくなければ、逆に訴えられて裁判に発展する場合もあります。相手が納得して支払ってくれない限りは示談金の支払いも遅れることになりますし、もし裁判になれば事故処理とは別に費用や時間が必要です。

判例では車本体の費用だけでなく買替えに伴って発生した諸費用や、車の市場価値を鑑みて時価評価として適当と考えられる水準の金額を支払うような判決も出ています。ただし、基本的には各裁判での判断になりますので、請求した金額が全額確実に戻ってくるわけではありません。

保険会社からの保険金の支給後、金額に納得ができず、事故の相手に直接買換え費用を請求するケースも同様です。保険金が既に支給されている場合は、保険会社も一緒に相手取って示談交渉や裁判をすることになり、希望する金額の回収はより難しくなります。

まとめ

  • 全損の場合、修理や買替えに必要な保険金が支給される
  • 全損は盗難や紛失にも適用される
  • 実際にかかった修理費や買替え費用とは限らない

自分の車が全損に陥るような事態になった場合、修理や買替えに必要な保険金が支給されます。全損は故障や大破といった状況だけでなく、盗難や紛失にも適用される概念です。保険会社における全損時の保険金の算出は、実際にかかった修理費や買替え費用とは限らず、一定の基準で算出された金額や保険の契約内容で決定されることに注意しましょう。

事故処理が落ち着いたら…壊れた車を事故車買取の専門店に見積もってもらおう!

入力はかんたん60秒!今すぐ買取価格をチェック

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
グレード
カラー
走行距離
次の車検

お客様情報の入力

お名前
フリガナ
電話番号
メール
郵便番号
ご住所

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。CarMe車買取もしくはCarMe車処分よりお申込みください。

CarMe事故車買取の流れ

「CarMe事故車買取」なら60秒程度の簡単な情報入力で、お住まいの地域の事故車を取り扱う車買取専門店が愛車の概算価格をご連絡します。あとは複数の見積もりを比較して最高額を選ぶだけ!気に入った買取業者に実際に車を見てもらって、愛車を最高額で売ることができます。

1.一括査定を依頼。2.買取店よりご連絡。3.最高額を選ぼう!