車を運転中に不注意で交通事故を起こしてしまった場合に、必要不可欠となるのが冷静かつ迅速な対応です。しかし、当事者の中には突然の出来事に動揺して頭が真っ白になってしまって何をすればいいのかわからなくなってしまう人も少なくありません。そこで今回は、事故が起こしてしまった時の正しい手順や注意点について詳しく紹介していきます。

目次

発生時:発生したらまずはケガ人の救護と安全の確保を

発生時:発生したらまずはケガ人の救護と安全の確保を

交通事故が起こした人の中には、真っ先に自分の車の破損状況などを心配する人もいますが、事故において何よりも優先すべきことは人の命です。まず最初に自分自身も含めて事故で怪我をした人はいないかを確認することが大切になります。特に交通量が多い交差点や高速道路などが現場の時は、事故とは無関係の後から来た車による二次災害で被害が大きくなるケースは少なくありません。怪我をした人がいた場合は、ひとまず安全な場所に移動をさせてから119番に連絡をするのが基本です。

119番では救急と伝える

119番は大きく分けて火災と救急の2種類に分かれていて、通話と同時にどちらの用件か聞かれるのでハッキリと救急であることを告げます。この救急の通報をした時に慌ててしまって現住所を伝え忘れてしまう人も少なくありません。しかし、緊急の場合は携帯電話や公衆電話の基地局を利用して現場を特定する対応がされるので仮に場所を伝え忘れてしまっても救急が到着しないということはないので安心です。

できる限り正確な位置を伝える

とはいえ、場所を特定する作業によって若干のタイムロスが発生してしまうのは否めません。1分1秒でも早く来てもらうためにも、周辺の目印になりそうな物などを利用して、できる限り正確な位置を伝えることが重要です。車の事故で起きた怪我は外傷がなくても体の内側にダメージを負っていることもあるので、見た目に問題がなさそうでも自己判断をせずに呼ばなくてはいけません。

直後:警察と保険会社へ連絡

直後:警察と保険会社へ連絡

規模の大きさや人身・物損に関わらず110番を

怪我人の有無と安全確保、及び救急への連絡が完了したら、次に行うのが警察への通報になります。中には、事故の規模が小さいことでこの程度ならいちいち警察を呼ぶまでもないと勝手な判断をしてしまう人もいますが、これは大きな間違いです。事故が起きた場合には速やかに警察に通報することが道路交通法によって定められています。万が一怠ると罰金や懲役などの罰が科せられるので、規模の大きさや人身、物損などの種類に関わらず110番をしなくてはいけません。

警察への通報は事故を起こした当事者が行う

110番も119番と同様に、対応が事件と事故の2種類に分けられていて、通話と同時に尋ねられます。車によるトラブルは事件として捉えることもできますが、より正確に状況を知らせるために事故として告げなくてはいけません。法律上、警察への通報は事故を起こした当事者が行うことが基本となります。しかし、事故の度合いによっては怪我の影響で当事者が電話をするのが困難なことも多く、その場合は周囲の人に代わりにしてもらっても問題ありません。

警察への通報は事故を起こした当事者が行う

道路の混雑状況によって若干の違いはありますが、通報から平均10分前後の時間で警察が到着すると言われています。この間に行っておくと良いのが携帯電話のカメラ機能で撮影です。これは後々の示談交渉や保険の支払いの時に活用する物で、通常は警察が行った現場検証の資料を利用します。しかし、軽い物損などでは資料を提供してもらえないケースも多いのが実情です。そのため、余裕があれば到着するまでに簡単な撮影を行っておくことが大切になります。

その後:相手に誠意を見せることも大切

その後:相手に誠意を見せることも大切

車による事故を起こした時に、忘れてはいけないのが相手への誠意ある対応です。救急や警察の連絡のように法律で定められていることではないので行わないことで罪に問われることはありません。しかし、自分のミスで物を壊してしまったり、他人に怪我をさせてしまった以上、しっかりと誠意を見せることが人として正しい行動と言えます。ガードレールや標識の破壊などの物損であれば弁償という形で済みますが、難しいのは人を巻き込んでしまった人身事故です。

基本的な対応として挙げられるのが、怪我の有無の確認や必要に応じた応急手当と謝罪になります。謝罪はタイミングによって相手が抱く印象が変わってくるため、できる限り早くすることが基本となりますが、過剰すぎる謝罪は逆効果です。

事故に遭った被害者全てが善人というわけではなく、中には事故を利用してお金を巻き上げようとする悪意を持った人も少なくありません。必要以上の謝罪は全面的に非を認めることになり、その後の交渉を不利にさせてしまいます。警察の現場検証によって当事者の認識とは違う結論が出ることは珍しくないので、謝罪は最小限に留めるのはもちろん、専門家が到着する前の先走った交渉も行ってはいけません。

この時に相手の怪我の度合いを確かめておくことも重要です。先ほど述べたように、被害者が悪意を持っている場合、次から次へと体の不調を訴えて慰謝料を請求することがあります。こうしたトラブルを避けるためにも、相手の体を気遣う誠意を見せながら状況確認をしておくことが必要となるのです。

まとめ

  • 発生時:発生したらまずはケガ人の救護と安全の確保を
  • 直後:警察と保険会社へ連絡
  • その後:相手に誠意を見せることも大切

事故が発生した時の最優先事項は人命の安全確保です。意識や怪我の有無についての確認を行った後、二次被害を起こさないために安全な場所への移動や周囲への注意喚起を行うと同時に救急へ連絡をします。救急車の手配が済んだら次に行うのが事故の報告も兼ねた警察への通報です。この時に、被害者に誠意を見せるための謝罪を早いタイミングで行うことも忘れてはいけません。

事故処理が落ち着いたら…壊れた車を事故車買取の専門店に見積もってもらおう!

入力はかんたん60秒!今すぐ買取価格をチェック

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
グレード
カラー
走行距離
次の車検

お客様情報の入力

お名前
フリガナ
電話番号
メール
郵便番号
ご住所

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。CarMe車買取もしくはCarMe事故車買取よりお申込みください。

CarMe事故車買取の流れ

「CarMe事故車買取」なら60秒程度の簡単な情報入力で、お住まいの地域の事故車を取り扱う車買取専門店が愛車の概算価格をご連絡します。あとは複数の見積もりを比較して最高額を選ぶだけ!気に入った買取業者に実際に車を見てもらって、愛車を最高額で売ることができます。

1.一括査定を依頼。2.買取店よりご連絡。3.最高額を選ぼう!