事故発生状況報告書を作成することで、事故の詳細を保険会社へ説明できます。この書類がないと、正確な保険金の金額を判断できません。つまり、事故状況を詳しく説明し、どの車にどのような過失があったのかを記載した書類が必要でしょう。これから、事故発生状況報告書の概要と書き方・図での説明方法について解説しますので、参考にしてみてください。

目次

動かなくても大丈夫!事故車でも高く売るには

「事故で愛車が故障してしまった」「水没して車が動かなくなってしまった」「事故車ってそもそも売れるの?」
動かなくなってしまった車にも値段がつくことをご存知ですか?当サイトでは事故車に特化した買取専門店に一括見積ができるので、事故や災害で動かなくなった車でも高価買取が狙えます。複数社の査定額を比較して最高額を調べてみませんか。

今すぐ事故車の買取価格を調べる

事故発生状況報告書とは?

事故発生状況報告書とは?

事故発生状況報告書はどこで手に入るの?

事故発生状況報告書とは、事故が発生した時の状況を説明する書類です。保険会社へ保険金を請求する時に使用するもので、交通事故に遭った被害者自身が作成します。事故発生状況報告書を作成する時は、保険会社から書類のテンプレートをもらうことが可能です。また、保険会社のホームページにある書式をダウンロードして使っても構いません。

事故発生状況報告書は、「どのような事故に遭ったのか」を保険会社が理解できるように記入することが大切です。そのため、車の配置や信号・現場近くの道路状況なども記載するといいでしょう。特に信号の有無や色を覚えている時は、詳細に書く必要があります。

事故発生状況報告書は何に使われるの?

事故発生状況報告書の内容をもとに、保険会社は過失割合を判断します。過失割合とは、事故における被害者と加害者それぞれの落ち度のことです。そして、過失割合から保険金の金額を決めていきます。

事故発生状況報告書に似ている書類として「交通事故証明書」もありますが、これは交通事故が起きた事実を証明するだけのもので、詳しい状況は記載されていません。よって、交通事故証明書だけでは、過失割合の判断ができないでしょう。保険会社へ交通事故証明書を提出する際、その内容を補うために事故発生状況報告書も一緒に渡すのです。事故発生状況報告書の書き方は自由ですが、「事故の状況」「発生状況の図」「図の説明」の3つに分けて、詳細に書いていきます。

加害者、被害者、事故現場の状況などの書き方

加害者、被害者、事故現場の状況などの書き方

当事者の氏名

事故発生状況報告書を作成する際、前半に事故当時の状況を項目ごとに記載します。加害者の名前が「甲」、被害者の名前が「乙」と書くのが一般的です。事故発生状況報告書は被害者が作成するので、自分の名前は「乙」と表現します。

当時の状況

テンプレート式の書類を使っている時は、当時の状況を「運転・同乗・歩行・その他」から当てはまるものを選択しましょう。天候や交通状況、明暗についても記入する場合もあります。

事故発生状況

交通事故が発生した場所の住所や名称・当時の速度・信号についても説明します。交差点に名称がある時は、住所だけでなく名称も書くと分かりやすいです。速度は加害者と被害者それぞれが出していた速度、道路の制限速度を記載します。

道路の状況

道路の状況で必要な情報は「交通規制の有無」「見通し」「歩道の有無」「横断歩道の有無」「信号機の有無」などです。例えば、一方通行など交通規制の有無があった場合、その規制を守らなかった方が過失割合は高くなります。路線は直線やカーブ・曲がり角などあるので、加害者側と被害者側の路線状況も記載しているといいでしょう。

路面の状況

乾燥や凍結など、路面の状況を説明することも大切です。雪が降っている地域では、チェーンやスタッドレスタイヤなどの装備の有無も記載します。また、道路の幅員は加害者と被害者それぞれについて書くといいでしょう。広い方は「広路」、狭い方は「狭路」と表現して、事故状況の説明をします。広路を走る車を優先するのが一般的で、道路の幅員も過失割合を判断する重要な材料です。

この記事も読まれています

事故車の修理には保険を使わない方がお得な場合も!修理期間や修理代を解説

事故発生状況の図の書き方

事故発生状況の図の書き方

当時の状況を説明した後、事故発生状況報告書の中間部分に「発生状況の図」、後半部分に「図の説明」を書きます。図で示す時は、加害者側と被害者側の車を区別して描き、分かりやすい図にすることが大切です。片方の車は黒く塗るなど、見やすい工夫をするといいでしょう。

道路の幅員は実際に合わせた幅で描き、見ただけで道路の幅が分かるようにします。幅の数値が分かる時は、図に「道路幅○m」と記載しても構いません。車道幅だけでなく、歩道も関係している時は歩道幅についても説明しましょう。路面には進行方向を伝える矢印を記載し、事故が起きた場所に×印を入れます。歩行者を巻き込んでいる場合は、人を表現する絵もいれて、人数や状態を説明することが必要です。

信号の絵は、信号の種類や向きに合わせて描きます。コンビニやガソリンスタンドなど、目印になる施設を入れると分かりやすいです。東西南北を把握するため、方角の図も記載するといいでしょう。標識がある場合は、標識の図も入れます。特に、一時停止や駐車禁止など、過失割合と関係する標識は全て描いておきましょう。後半部分の「図の説明」では、状況を要約して約3行~5行で説明します。詳細をダラダラと書くよりは、要点だけをピックアップして文章にすることが大切です。相手に過失がある時は、「信号を無視した」「ブレーキをかけなかった」などの情報が重要になります。

まとめ

  • 事故発生状況報告書は「過失割合を決定するための重要資料」
  • 発生状況の詳細を文章と図で説明する
  • 図は実際の幅や標識・信号の向きや色を具体的な説明を入れて描く

事故発生状況報告書は「過失割合を決定するための重要資料」として保険会社へ提出します。その際、「発生状況の詳細を文章と図で説明する」ことが大切です。特に図では、「実際の幅や標識・信号の向きや色を具体的な説明を入れて描く」といいでしょう。状況が分かりにくいと被害者が不利になることもあるため、事故発生状況報告書をしっかり書くことが必要です。

事故車をより高く売るなら

動かなくなった車にも値段がつくことをご存知ですか?「CarMe事故車買取」は事故車の買取に特化した無料の一括査定サービスを提供しています。一括査定で複数社の査定額を見比べることで、より高く愛車を売却できる可能性があります。事故車の売却をご検討なら、ぜひ「CarMe事故車買取」の一括査定サービスをご利用ください!

無料一括査定依頼はこちらから!

入力はかんたん60秒!今すぐ買取価格をチェック

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
グレード
カラー
走行距離
次の車検

お客様情報の入力

お名前
フリガナ
電話番号
メール
郵便番号
ご住所

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

当社はYahoo! Japanグループ「株式会社カービュー」と業務提携を行っております

お客様の情報は当社から、株式会社カービューを通じて車買取業者へと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。CarMe車買取もしくはCarMe車処分よりお申込みください。

CarMe事故車買取の流れ

「CarMe事故車買取」なら60秒程度の簡単な情報入力で、お住まいの地域の事故車を取り扱う車買取専門店が愛車の概算価格をご連絡します。あとは複数の見積もりを比較して最高額を選ぶだけ!気に入った買取業者に実際に車を見てもらって、愛車を最高額で売ることができます。

1.一括査定を依頼。2.買取店よりご連絡。3.最高額を選ぼう!