事故で車が破損した場合、どのように修理すれば良いのでしょうか。車の修理には時間がかかりますし、修理代をどうするかなどを決める必要があります。特に車の修理代は高額になるケースが多いため、できるだけ費用を減らしたいですよね。車の修理にかかる期間と、保険を使用すると修理代のコストを抑えることができるのか詳しく解説します。

目次

事故車の修理期間はどれくらい掛かる?

事故車の修理期間はどれくらい掛かる?

事故車の修理は事故の度合いや破損箇所によって修理期間が異なります。修理をする際の目安になるように、事故で良く破損する部分に注目して、それぞれの修理にかかる期間を紹介します。

ボディの傷や凹みの破損の場合

車の事故で最も多い破損がボディの傷や凹みです。傷や凹みの範囲が広ければ広いほど、修理には時間がかかります。事故でぶつける確率が一番高いのがフロントバンパーです。次に車後方のリアバンパーが衝突された際に破損しやすい場所です。バンパーは車本体を守る役割を持っているので、事故の際には衝撃を拡散し逃すために破損しやすく作られています。傷の範囲が片手の手のひら程度であれば、3時間程度で修理ができます。凹みの場合には3時間〜1日ほどです。凹み修理の際に塗装がはがれることがあり、その場合には塗装し直すため時間がかかります。バンパーが割れてしまった場合には、修理には1〜3日ほど時間がかかります。

  • 傷の範囲が片手の手のひら程度:3時間程度
  • 凹みの場合         :3時間〜1日ほど
  • バンパーが割れてしまった場合:1〜3日ほど

エンジンの修理の場合

エンジンの修理はボディよりも時間がかかります、エンジントラブルが起こる場合にはエンジンそのものを交換するからです。新しいエンジンや必要な部品が揃っていれば1週間程度ですが、部品の取り寄せなどがある場合には半月以上かかります。

  • 新しいエンジンや必要な部品が揃っている場合:1週間程度
  • 部品の取り寄せなどがある場合       :半月以上

ドアの修理の場合

ドアは傷や凹み具合が軽度であれば数時間〜1日ほどで修理が可能です。ドアが歪んだり、窓が割れたりするなど破損度合いが大きく修理が不可能な場合にはドア交換になります。新しいドアがあれば1週間程度、ドアの取り寄せが必要な場合には半月程度の時間がかかります。

  • 軽度のキズ・ヘコミの場合:数時間〜1日ほど
  • 重度でドア交換の場合:1週間程〜半月程度

事故車の修理代はどれくらい掛かる?

事故車の修理代はどれくらい掛かる?

事故車の修理にかかる費用の目安を紹介します。注意点としては特殊な素材や部品を使用している場合には、以下の目安の費用よりも修理代がかかることが多いという点です。

ボディの傷や凹み

ボディの傷や凹みは、片手の手のひらほどの範囲であればフロント部で2〜3万円程度、リア周りで5~10万円の修理代になります。傷の範囲が広い場合にはさらに修理代が高くなります。凹みが大きくボディの塗装色が特殊なカラーだった場合には、修理の際の再塗装料金が通常よりも高額になることがあります。

  • ボディの傷や凹み - フロント:2〜3万円
  • ボディの傷や凹み - リア周り:5~10万円

エンジン交換

エンジンの修理の多くはエンジン交換になるため、分解と組立作業をおこないます。そのため工賃だけでも10〜20万円かかります。工賃に加えて、新しく交換するエンジンの本体価格がプラスされ合計すると最低でも50万円はかかります。エンジンの故障している箇所だけ修理するオーバーホールと言う方法もありますが、細かい分解作業が伴うためエンジン交換よりも高額になります。一般的にオーバーホールは入手困難で特殊な車以外には用いられません。事故でエンジンに不具合が生じる場合には交換するのがポピュラーな修理方法です。

  • エンジン分解と組み立て作業:10〜20万円
  • エンジンの本体価格との合計:50万円〜

ドアの修理

ドアの修理は傷や凹みの軽度のものであれば、2〜5万円ほどで修理ができます。破損がひどくドア交換の場合には車種により上下しますが10万円程度です。ただしドアの修理と合わせてフレームの修理が必要なケースもあり、その場合にはさらに費用がかかります。

  • 軽度のキズ・ヘコミの場合:2〜5万円
  • 重度でドア交換の場合:10万円程度

等級によっては自己負担したほうが安上がりなことも

等級によっては自己負担したほうが安上がりなことも

事故車の修理には自動車保険を適用するべきでしょうか?自動車事故を起こした場合は、自動車保険の等級を考える必要があります。保険の等級とは、事故実態によるリスクの区分です。自動車保険の契約時には6等級からスタートし、その後1年間無事故(自動車保険を1年間不使用)の場合には等級が上がり7等級になります。等級が上がると保険料の割引率が上がります。

等級が下がると保険料が高くなる

もし事故を起こしてしまい自動車保険を使用した場合には、事故の度合いに応じて等級が下がります。等級が下がり事故有係数(低い割引率)になるため、保険料が高くなります。ここで自動車保険を使用せず自己負担で車を修理すると、翌年の等級は通常通り1等級上がることになります。等級は1〜20までの段階があり、等級数が大きくなればなるほど割引が適用されます。4~20等級には割引率が適用されますが、反対に1~3等級には割増率が適用されてしまいます。

3等級ダウンか1等級ダウン事故か

自動車事故にも3等級下がる「3等級ダウン事故」と1等級下がる「1等級ダウン事故」があります。3等級ダウン事故は死亡事故、他人の物を破損、自損事故などで、ほとんどの自動車事故がこの3等級ダウン事故に該当します。1等級ダウン事故は火災や盗難、いたずら、落下物による事故など偶然的に生じた事故に適応されます。自動車事故を起こした際には、その事故が3等級ダウン事故か1等級ダウン事故なのかが重要です。等級が下がって保険料が高くなる場合、自己負担で車の修理を行った方が安く済むことがありますのでよく検討してください。

まとめ

  • 事故車の修理は数時間で済むものから半月以上かかるものまである
  • 車の修理代と保険料を検討し自動車保険を使用するべきかを判断

事故車の修理は、修理の場所と損傷具合により数時間で済むものから、半月以上かかるものがあります。修理代も数万円から50万円以上かかる高額なものまで様々です。事故を起こしたことにより保険の等級が下がると保険料が上がり、さらに出費が増える場合があります。そのような事態を避けるため、車の修理代と保険料を検討し自動車保険を使用するべきかを判断してください。

事故処理が落ち着いたら…壊れた車を事故車買取の専門店に見積もってもらおう!

入力はかんたん60秒!今すぐ買取価格をチェック

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
グレード
カラー
走行距離
次の車検

お客様情報の入力

お名前
フリガナ
電話番号
メール
郵便番号
ご住所

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。CarMe車買取もしくはCarMe事故車買取よりお申込みください。

CarMe事故車買取の流れ

「CarMe事故車買取」なら60秒程度の簡単な情報入力で、お住まいの地域の事故車を取り扱う車買取専門店が愛車の概算価格をご連絡します。あとは複数の見積もりを比較して最高額を選ぶだけ!気に入った買取業者に実際に車を見てもらって、愛車を最高額で売ることができます。

1.一括査定を依頼。2.買取店よりご連絡。3.最高額を選ぼう!