どんなに注意して車を運転していても、起こしてしまう可能性があるのが交通事故です。万が一交通事故を起こしてしまった時にパニックになってしまわないように、どういった行動を取るべきなのかを事前によく把握しておくことが大切です。ここでは、交通事故を起こしてしまった場合のやるべき処理と手順について紹介していきます。

目次

まずは怪我人の救護と安全確保が第一

まずは怪我人の救護と安全確保が第一

車に乗っている時に交通事故を起こしてしまった場合の対応についてですが、まず最優先で行わなければならないのが「怪我人の救護」と「安全確保」です。

怪我人の救護

もし怪我人がいる場合にはすぐに119番をして救急車を呼ばなければなりません。交通事故の場合、その場では何ともなくても後になって痛みが生じたりするケースも多いので、自分だけでなく相手、周囲の人に怪我があった場合には我慢したりせず救急車を呼ぶようにしましょう。後々の保険の処理をする時や、賠償時などにも診断書が必要になったりしますので大切です。

安全確保

次に安全確保についてですが、交通事故において怖いのは最初の事故だけではなく、その事故を原因とした二次被害です。道路に事故を起こした車がそのままになっていると、後続の車などが気付かずに二次被害を起こしてしまう可能性が高いです。車を動かすことが出来るのであれば、車を安全な場所まで移動することで二次被害のリスクを下げることが出来ます。

車を動かすことが出来ない場合は

車を動かすことが出来ない場合であっても、後続の車の運転手に早めに気付いてもらえるように三角表示板(三角停止板)を表示したり、三角表示板がトランクの上にあるのであればトランクを開けておくことが大切です。特に夜間の交通事故で街灯などがなく暗い場所で事故が起きてしまった場合には二次被害の可能性が高まるので安全確保を心がけましょう。

相手の情報を確認して警察と保険会社へ連絡を

相手の情報を確認して警察と保険会社へ連絡を

車の交通事故の対応として、怪我人の救護と安全確保を行った後は相手の情報を確認して警察と保険会社へ連絡するという流れになります。警察などに事故当時の説明などをしなければいけませんので、相手の名前や住所、電話番号などの連絡先を聞いておきましょう。また、警察に説明する際に何をどう説明したら良いのかわからなくなってしまう人も多いので、事故当時の状況について携帯電話やスマートフォンでメモしておくとスムーズです。また、写真などで記録しておくのも証拠になりますので有効な方法と言えるでしょう。

事故を起こしたときは必ず道交法でも定められている運転者の義務なので警察を呼ばなければなりません。警察が現場まで来たら警察の指示に従って、交通事故の届け出を行っていきます。この交通事故の届け出は運転者の法律上の義務ですが、それだけではありません。保険金を請求する際に「交通事故証明書」という書類が必要なのですが、届け出をしないとその書類の交付が受けられないのです。

交通事故は相手のあることが多いですが、何らかの事情によって届け出をしないでくれと交渉されることがあります。しかし、当事者同士で交渉を行うと後になってトラブルになることが非常に多いです。交通事故の場合、お金の問題も大きく関わってきますので、交渉を持ちかけられても「法律で決まっている」と断るようにしましょう。

逆に事故直後にやらないほうがいい、やってはいけないことは?

逆に事故直後にやらないほうがいい、やってはいけないことは?

交通事故直後にはやったほうが良いこと、やらなくてはいけないことがありますが、同時にやらないほうがいい、やってはいけないことというのも存在しています。

過度な謝罪は避けましょう

まず、交通事故直後にやってはいけないのが「過度な謝罪」です。交通事故を起こしてしまった場合、特に加害者の立場であれば謝罪をするのは当然です。謝罪をすること自体に問題はないのですが、過度に謝罪をしてしまうのはよくありません。というのも、過剰に自分の落ち度を認めることで不当な約束をさせられたり、問題を悪化させることにもつながるからです。事故によって不安・不快な思いをさせたことに謝罪するのは良いですが、事故原因などについては触れない方が無難です。

金銭交渉は保険会社に任せて

次に金銭交渉もやってはいけません。加害者側からも被害者側からも金銭交渉を持ちかけられることはあります。しかし、この金銭交渉に乗ってしまうと、適正な示談金を請求できなくなったり際限なくお金を請求される可能性が出てきます。通常、車で交通事故を起こした時に相手方がどういう人間なのかはわかりません。下手に付け込まれる原因にもなるので、金銭交渉は保険会社にすべて任せるようにしましょう。

病院には行くこと

次に病院に行かないのも避けなければなりません。人身損害の補償には軽い怪我であっても診断書が必要です。事故直後に負傷の診断を受けていないと事故との因果関係が証明出来なくなってしまいます。場合によっては保険対応にならないこともあるので出来るだけ早く病院に行くことが大切です。

まとめ

  • 最も優先するべきなのは事故直後の怪我人救護と安全確保
  • 交渉などは当人同士ではなくプロに任せること

交通事故は自分が注意していても巻き込まれる可能性もありますので、車を運転する以上は誰もが取るべき対応を理解しておかなければなりません。事故処理において最も優先するべきなのは事故直後の怪我人救護と安全確保です。それらが確認できたら警察や保険会社へ連絡するようにしましょう。交渉などは当人同士ではなくプロに任せることがトラブルを避ける意味でも大切です。

事故処理が落ち着いたら…壊れた車を事故車買取の専門店に見積もってもらおう!

入力はかんたん60秒!今すぐ買取価格をチェック

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
グレード
カラー
走行距離
次の車検

お客様情報の入力

お名前
フリガナ
電話番号
メール
郵便番号
ご住所

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。CarMe車買取もしくはCarMe事故車買取よりお申込みください。

CarMe事故車買取の流れ

「CarMe事故車買取」なら60秒程度の簡単な情報入力で、お住まいの地域の事故車を取り扱う車買取専門店が愛車の概算価格をご連絡します。あとは複数の見積もりを比較して最高額を選ぶだけ!気に入った買取業者に実際に車を見てもらって、愛車を最高額で売ることができます。

1.一括査定を依頼。2.買取店よりご連絡。3.最高額を選ぼう!