どれだけ気をつけて車を運転していても、防ぎようのない事故というものがあります。そんなときに慌ててしまい、保険の手続きが疎かになるのは避けたいもの。いつか起こるかもしれない事故に備えて、保険の手続きについて知っておくことはとても大切なことです。この記事では、事故を起こした際どのように保険の手続きを進めていけば良いのかを説明します。

目次

まずは事故への対応を

まずは事故への対応を

事故が起きてしまったら、すぐに保険会社へ連絡する前にいくつかやっておかなければいけないことがあります。

ケガ人への対応

まずはケガ人への対応です。速やかにケガ人の有無を確認し、いるのならばケガ人の救護に当たらなければいけません。ケガ人がいるにもかかわらず救護のための努力を怠ると、法律で罰せられる可能性もあります。これは事故の加害者のみならず被害者も該当するため、自分が原因で引き起こした事故でなくとも、ケガ人の救護を行うようにしましょう。

ただし、自分も大きなケガを負っていて動くことが難しい場合や、素人が下手に動かすのが危険な場合はこの限りではありません。このような場合には速やかに救急車を要請して、救急隊員の指示に従いましょう。

二次被害の防止措置

次は二次被害が起きないよう防止措置を行います。まずは後続車が事故に巻き込まれないよう、ハザードランプ、停止表示板、発煙筒などを用いて事故が発生していることを周囲に知らせます。また、車の燃料漏れなどにより火災や爆発の恐れがあるので、事故現場から離れた場所で警察や救急車の到着を待つようにする必要があります。

速やかに警察へ連絡

ケガ人や周囲の人の安全が確保出来たら、速やかに警察へ連絡しましょう。どんなに小さな事故でも、当人同士で解決を図ることはトラブルのもとです。また、トラブルになってから警察を呼ぶと、報告の義務に違反したとみなされる恐れがありますし、警察に通報していないと保険会社に保険金を請求することができない可能性もあります。事故が起きたら、どんな事情があろうとも必ず警察に届け出るようにしましょう。

保険会社へ連絡しましょう

保険会社へ連絡しましょう

警察による実況見分が終わったら、加入している自動車保険会社へと連絡し、事故があった旨と事故の概要を連絡します。保険会社への連絡は、賠償金の支払いが必要な加害者はもちろんのこと、被害者であっても連絡しておきましょう。

事故が起こってすぐは自分が被害者だと思っていても、あとからこちらに非があったとわかる場合もあります。そのような場合は当然こちらが賠償金を支払うことになるので、スムーズな手続きのためにも早い段階で連絡をしておいた方が安心です。また、完全にこちらが被害者であったとしても、加害者側が保険に加入しておらず、自分で治療費や修理費用を工面しなければならないこともあります。

保険会社へ連絡をする際は、発生日時・場所・事故の概要・相手の連絡先を伝えることになります。そのため、事故が起こった場所の住所を把握することはもちろんのこと、相手方の連絡先も忘れずに控えておくことが大切です。

保険会社へ連絡をする際に伝えること

  • 発生日時
  • 事故が起こった場所
  • 事故の概要
  • 相手の連絡先

事故直後は気が動転していて、正しい対応がとれないこともあるので、とりあえず保険会社へ連絡して、どう対応すれば良いのかアドバイスをもらうのも一つの手でしょう。保険会社の担当者は日常的に交通事故を取り扱っているプロなので、何をしなければいけないのか、手続きのためにどのようなことをメモしておく必要があるのかを教えてくれます。事故発生から時間が経つと、事故の記憶があいまいになることもあります。保険会社への連絡は後回しにせず、速やかに行うようにしましょう。

保険書類を記入し提出します

保険書類を記入し提出します

保険金請求書

自動車保険を使用する際には、保険金請求書という書類に必要事項を記入し、提出しなければいけません。この保険金請求書は大抵の場合、保険会社へ事故の連絡をした際に保険会社から送られてきます。そのため、自分で用意する必要はありません。保険金請求書は保険会社ごと体裁は異なりますが、基本的には加入者の氏名・住所・連絡先・事故車ナンバーの他に、事故の発生状況なども記入する必要があります。

交通事故証明書

また、申請された事故が本当に正しいものかを確認するため、交通事故証明書という書類も必要です。交通事故証明書とは公的に交通事故を証明するための書類で、事故を警察に届け出た場合のみ、各都道府県の交通安全運転センターで発行してもらえます。この書類は保険会社の担当者が請求することがほとんどで、保険加入者本人が請求して提出するということはまずありません。

その他にも、加害者か被害者か、ケガ人または死亡者はいるか、過失の割合はどの程度かで提出する書類が増えます。どのような書類が必要になるかは、事故の概要を説明した際に担当者へ確認しておきましょう。

事故により車の修理が必要になった場合、修理工場へ入庫した段階で保険会社へ再び連絡します。そうすると、保険会社から修理工場へ車両保険使用の旨が連絡され、修理工場によって修理箇所が事故によってできたものかどうかの判断が行われます。その結果、修理箇所と事故との整合性が認められればそのまま修理開始となりますが、整合性が認められなければ、専門の調査員による立ち合いでの調査を受けなければなりません。この立ち合いで認定を受けることができなかった箇所は、車両保険での修理ができなくなります。

まとめ

  • 交通事故を起こしたらケガ人の救護・二次被害防止措置・警察への連絡を!
  • 保険会社へ事故が発生した旨と事故の概要を連絡し、書類に必要事項を記入して提出しましょう

交通事故を起こした場合は、速やかにケガ人の救護、二次被害防止措置、警察への連絡を行わなければなりません。これらが完了してから、保険会社へ事故が発生した旨と事故の概要を連絡します。保険会社に連絡し保険を使用することになった場合は、保険会社から送られてくる保険金請求書などの書類に必要事項を記入・提出すれば、保険の手続きは一先ず完了です。

事故処理が落ち着いたら…壊れた車を事故車買取の専門店に見積もってもらおう!

入力はかんたん60秒!今すぐ買取価格をチェック

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
グレード
カラー
走行距離
次の車検

お客様情報の入力

お名前
フリガナ
電話番号
メール
郵便番号
ご住所

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。CarMe車買取もしくはCarMe事故車買取よりお申込みください。

CarMe事故車買取の流れ

「CarMe事故車買取」なら60秒程度の簡単な情報入力で、お住まいの地域の事故車を取り扱う車買取専門店が愛車の概算価格をご連絡します。あとは複数の見積もりを比較して最高額を選ぶだけ!気に入った買取業者に実際に車を見てもらって、愛車を最高額で売ることができます。

1.一括査定を依頼。2.買取店よりご連絡。3.最高額を選ぼう!