事故を起こすと車は無傷ではすみません。修理をしなくてはいけないケースや、場合によっては廃車にして売却しなくてはいけないケースもあります。では、修理するか売却するかをどうやって判断するとよいのでしょう。ここではそんな事故車を修理するか売却するかの判断するポイントと、事故車を修理すると、その後売却するときにどういった影響があるのかといったことを紹介しています。

目次

動かなくても大丈夫!事故車でも高く売るには

「事故で愛車が故障してしまった」「水没して車が動かなくなってしまった」「事故車ってそもそも売れるの?」
動かなくなってしまった車にも値段がつくことをご存知ですか?当サイトでは事故車に特化した買取専門店に一括見積ができるので、事故や災害で動かなくなった車でも高価買取が狙えます。複数社の査定額を比較して最高額を調べてみませんか。

今すぐ事故車の買取価格を調べる

修理か売却か判断する2大ポイント

修理か売却か判断する2大ポイント

事故車を修理するか売却するか判断する際は、「車体のフレームにダメージがない」「修理費用が高額にならない」という2つのポイントをおさえておきましょう。

車体のフレームにダメージがある場合

車体のフレームにダメージが有る場合は修理費もかさみがち。エアバックが開くような事故のケースは修理費が100万円を超えることもあります。

加えて、修理した後は修復歴車として取り扱われます。修復歴車とは一般財団法人 日本自動車査定協会(JAAI)が定めた定義で、修復歴車に認定されると車の価値が下がります。フレームにダメージがある場合は修理費が高額になる上にその後の価値も下がるため、修理をするのはあまりおすすめではありません。

フレームに異常がなくその他の部分の修理で済む場合

しかし、フレームに異常がない場合は修理を考えてもいいでしょう。

修理後も継続してその車を使い、その後に買取業者へ売却したり、ディーラーへ下取りに出してもそれほどマイナス評価にはなりません。ただし、修理費用との兼ね合いになります。

フレームに損傷のない修理の場合

フレームの損傷がない場合は比較的安く修理費用を抑えられます。そのため保険の補償内で修理費用を支払える場合も多いのですが、年式の古い車は受け取れる保険金が少なくなるため注意が必要です。

保険金は車の市場価値から算出して支払われることになるため、旧年式になるほど保険金も少なくなります。愛着のある車であれば修理して乗り続けたいと思う方も多いかもしれませんが、保険金と修理費用のバランスを含めて、修理か売却かを判断することが必要です。

事故車・修復歴車というリスクをどう捉えるか

事故車・修復歴車というリスクをどう捉えるか

上述した通り、車のフレーム部分にダメージがあって交換や修理をした車は、修復歴車として取り扱われます。この修復歴車は下取りや買取業者に売ろうとしたときに大幅に価値が目減りし、相場価格の5割から2割程度に買取価格は減額されることがあります。最悪の場合は下取りに出しても値段がつかなかったり、逆に処分費を請求されるケースもあります。このように、その後の動産としても価値が下がってしまうリスクを持っているのが事故車や修復歴車です。

また、修復歴車は運転する行為自体にもリスクをもたらします。修復歴車はダメージを負ったフレーム部分の修理はしていますが、事故前の状態と同じではありません。運転中、以前とは違った感覚やどこか癖のある感覚がある場合もあり、乗り続けていると再び同じ箇所が故障する可能性も否定できません。

加えて、事故の影響で劣化が進みやすくなる可能性も。見えていない部分にダメージが残っていたり、そのダメージが他の箇所へ悪影響を及ぼす可能性も考えられます。そのため、事故を起こしてフレーム部分を損傷してしまった場合は、新しい車への乗り換えの検討もおすすめします。修復歴車に乗り続けるリスクと将来売却するときの減額をあわせて考えてみましょう。

事故車でも高く売るには

近くにある事故車専門の買取店へ一括で愛車の見積もりができる!見積もり価格を比較して、一番高いところへ売却しよう!

事故車専門の一括見積もり依頼はこちら

修理代、保険金を考えるとどちらお得になるか?

修理代、保険金を考えるとどちらお得になるか?

事故を起こした時に修理と乗り換えではどちらがお得になるのか、というのは多くの方が気になる部分ではないでしょうか?

結論を述べると、これはケースバイケースです。事故を起こした車の損傷具合にもよりますし、受け取れる保険金にも関係してきます。保険金で修理費用を賄えるなら修理する方がお得。反対に、保険金が修理費用よりも少ないなら足りない部分は自己負担することになるため、修理の方がお得とは言えません。

上述したように、自動車保険の補償は車の市場価値で決まります。これは自損事故、貰い事故ともに同じです。仮に修理費用が40万円で時価が30万円しかない車を修理する場合、足りない差額分の10万円は自費での用意が必要。自費で支払うのが難しいという方は売却も候補に上がるかと思いますが、その場合は事故車の一括査定がおすすめです。

事故車専門の買取業者では、修理できるものは直して国内外で販売し、修理ができなくても使えるパーツは再利用しています。そのため、値段がつかないと思っていた車を買い取ってもらえる場合もあるのが特徴です。

しかし、近くの買取店を探して各社に連絡するのはとても手間と時間がかかります。そこで便利なのが事故車の一括査定。一度の情報入力で、愛車の見積もりを家の近くにある複数の買取店へ一括で依頼できます。また買取業者によって査定額は違いますが、一括査定なら見積もり価格を比較して一番高く値段をつけてくれるところに売却できるのもメリットです。

まとめ

  • 「フレームに損傷があるかどうか」と「修理費が高くつかないか」
  • 修理代が保険金でまかなえるなら、修理したほうがお得!
  • 修復歴車の場合は売却するときには車の価値は大きく下がってしまう

事故車を修理するかどうかのポイントはフレームに損傷があるかどうか、修理費が高くつかないかの2点です。保険金だけで修理費用が支払えるのであれば修理したほうがお得でしょう。ただしフレーム部分に損傷があって修理をした場合は、修復歴車として扱われることになります。その場合、売却するときには車の価値は大きく下がってしまうため、事故車専門の買取店へ一括で見積もり依頼をするのがおすすめです。

事故処理が落ち着いたら…壊れた車を事故車買取の専門店に見積もってもらおう!

入力はかんたん60秒!今すぐ買取価格をチェック

車両情報の入力

メーカー
車種
年式
グレード
カラー
走行距離
次の車検

お客様情報の入力

お名前
フリガナ
電話番号
メール
郵便番号
ご住所

プライバシーポリシー・個人情報の利用目的及び利用規約にご同意のうえ確認画面へお進みください。

当社はYahoo! Japanグループ「株式会社カービュー」と業務提携を行っております

お客様の情報は当社から、株式会社カービューを通じて車買取業者へと配信され、それぞれ安全に管理されます。
お客様の情報が許可なく公開されることは一切ございません。

※軽度の修理により自走可能な車両は、事故車には該当しません。CarMe車買取もしくはCarMe車処分よりお申込みください。

CarMe事故車買取の流れ

「CarMe事故車買取」なら60秒程度の簡単な情報入力で、お住まいの地域の事故車を取り扱う車買取専門店が愛車の概算価格をご連絡します。あとは複数の見積もりを比較して最高額を選ぶだけ!気に入った買取業者に実際に車を見てもらって、愛車を最高額で売ることができます。

1.一括査定を依頼。2.買取店よりご連絡。3.最高額を選ぼう!